(写真=Mocha)

得するシーンで比較!「デビットカード」「プリペイドカード」の違い

使い方によっては、お得に活用することができるカード

デビットカード・プリペイドカードのお得技

デビットカードやプリペイドカードは、電子マネーやクレジットカードに比べて、何となくなじみが薄い方も多いかもしれません。しかし、使い方によっては、お得に活用することができるカードです。

今回は、そんなデビットカードやプリペイドカードのお得な使い方についてご紹介します。

デビットカードはどんなもの?

デビットカードは、利用すると銀行口座から支払いに充てた分が即座に引き落としされるのが特徴です。使用するときにも、銀行口座から現金などを引き出すときに使う暗証を利用します。銀行のキャッシュカードにデビットカードの機能が付帯しているのが通常です。そのため、ご自分の銀行口座の「キャッシュカード=デビットカード」になります。

新たにデビットカードを作ろうとして作ることはできません。このようなことから、ご自身が銀行口座に預金している範囲でのみ使用することができるものになります。お財布から出てくる・銀行口座から出ていくという違いだけですので、現金と同じような感じでしょうか。

プリペイドカードはどんなもの?

デビットカードに対して、プリペイドカードはご自身で新たに作る必要があるカードです。予めお金をチャージしておき、その範囲でのみ利用することができるというものです。電子マネーと似た機能を有するものですが、クレジットカード加盟店で利用することができます。

電子マネーに比べて多くのお店などで利用することができるのが特徴です。チャージしてから利用するものなので、チャージの手間やチャージし忘れていると利用することができないという弱点があります。

デビットカードのお得技

デビットカードのお得技をご紹介します。

(1) ATM利用手数料を節約できる

デビットカードは、ATMで現金を引き出しせずに直で使うことができますので、休日などでATMの手数料がかかる場合に、大きな買い物をしたい場合には、ATM利用手数料の節約になります。

(2) ポイント還元率の低下を防ぐ

現金とクレジットカードでポイント還元率が異なっているお店があります。このようなお店の場合、クレジットカードで支払うとポイント還元率が数%低く設定されていることがあります。

こういったお店で利用する場合、デビットカードならば現金支払いと同じ扱いになることがほとんどであるため、こういったときにデビットカードを利用することでポイント還元率の低下を防ぐことができます。

(3) 使いすぎを防止できる

利用できる範囲が、ご自身の銀行口座に預金している額までになっているため、使いすぎを防止することができます。

(4) 外貨として引き出せるものもある

「ソニーバンクウォレット」のように、他国通貨対応のものもあります。外貨預金などによって、外貨で預金している場合、その現地通貨をそのまま引き出すことが可能です。

アメリカドルを預金している場合、アメリカ旅行の際にこのデビットカードを利用することで、そのまま支払うことが可能ですので、円安などレートがよいときに預金しておけば、レートに一喜一憂することなく海外旅行を楽しむことができます。

(5) ポイントを効率良く貯められる

「セブン銀行」のデビットカードの場合、「nanaco」一体型でも紐付型でも選ぶことができ、どちらを利用しても利用金額によって「nanacoポイント」が貯まるようになっています。

通常の現金で支払えばたまらないポイントも、このデビットカードを利用するだけでポイントが貯まります。セブンイレブンやイトーヨーカドーなどを日常的に利用しているけれども現金派という方にはお得なカードではないでしょうか。

プリペイドカードのお得技

プリペイドカードのお得技をご紹介します。

(1) ポイント還元の優遇がある

プリペイドカードの場合は、利用金額によって還元されることもあります。例えば、「LINE Pay」カードの場合、利用金額の2%がポイント還元されるというお得なカードになっています。クレジットカードでもチャージすることができ、このクレジットカードの還元率と比べて、「LINE Pay」カードの2%還元の方が有利ならば、クレジットカードからチャージしてこのプリペイドカードで支払えばいいわけです。

「au Walletプリペイドカード」は、au利用者などにうれしいサービスで、200円ごとに1ポイント貯まりますが、このポイントをau利用料金の割引に利用することができます。

(2) 使いすぎを防止できる

チャージした分だけ利用することができるため、デビトッカードや電子マネーに近い感覚で利用できることも使い過ぎを防止することができます。

(3) プリペイドカード限定の特典を受けられる

プリペイドカードには、ミスタードーナツしか使えない「ミスタードーナツカード」やスターバックスコーヒーのみで利用することができる「スターバックスカード」などがあります。

ミスタードーナツでは、0の付く日にチャージをするとそのチャージ金額の2%のボーナスポイント付与や、半年ごとの利用金額に応じてプレゼントがあります。また、スターバックスでは、オートチャージ機能や紛失しても残高が補償されるサービスなどを提供しています。このような利用範囲が限定されているカードは通常のプリペイドカードに比べてお得な特典が付いてきますので、愛好者には欠かせないプリペイドカードになっています。

このように、クレジットカードは利用したくない現金派だけれども、お得に利用したい、少しでもお得が欲しいという方にはデビットカードやプリペイドカードがおすすめです。また、ぜひチェックしてみてくださいね。

高橋 麻美
金融系フリーライター
行政書士、証券外務員1種、FP2級保有。お茶の水女子大学卒業後クレジットカード会社に入社、リスク管理部等に所属して法的折衝などに従事。CSRプロジェクト参加から社会貢献に目覚め国民生活センターに転職、消費者保護制度であるADR立ち上げに尽力。現在は金融系ライターとして役立つ情報を提供している。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集