(写真=筆者撮影)

プチ贅沢な時間を「100円」で?有名ベーカリー「ジャン・フランソワ」の優待

優待で使える、うれしいお店♪

株主優待券を使ってお食事を、と聞くと居酒屋、牛丼、ハンバーガーなどを思い浮かべる方が多いかもしれません。実は、株主優待券が利用できる店舗の中にも、女性が利用しやすいお店や、女性にうれしいメニューもあるのです。

そこで、DAILYANDS読者の皆さんに株主優待生活を身近に感じていただけるよう、“女子的好感度”の高そうなお店を不定期連載でピックアップしていきます。

優待でベーカリーカフェに行く!

今回紹介するのは、クリエイト・レストランツ・ホールディングス(クリレスHD) <3387> が運営するベーカリーカフェ「ジャン・フランソワ」。

こちらはMOF(フランス最優秀料理人賞)を受賞したフランス人シェフ、ジャン・フランソワ ルメルシエ氏がプロデュースする人気のベーカリーで、Googleクチコミなどユーザーのグルメ評価サイトでも概ね★4となかなかの高評価です。

今回、筆者は渋谷マークシティ店にお邪魔して来ました。見るからにおいしそうなパンがズラリ。

(写真=筆者撮影)

まず目に留まったのが、店内に掲げられていたシェフの肖像画。なんと書いてあるのかさっぱり分かりません。状況から判断するに、十中八九この方がジャン・フランソワ ルメルシエ氏と見て間違いないでしょう。

(写真=筆者撮影)

私たちがおいしいパンを食べられるのは、このムッシューの功績によると言っても過言ではありません。ジュテーム。

パンの品ぞろえは、お惣菜系からスイーツ系までバラエティー豊かで、通りに面した目立つ位置には、全国的に人気の博多明太子専門店「やまや」とコラボした明太フランスパンが陳列されていました。焼き上がり時間も書いてあるので、かなりの人気商品とお見受けします。

(写真=筆者撮影)

パン3点、ドリンク1杯でお会計は合計1102円。クリレスHDの株主優待券を2枚使用したので、現金102円のお支払いで済みました。

(写真=筆者撮影)

店内にはイートインスペースが26席用意されています。さっと食べたいとき、ちょっと休憩したいときに便利ですね。シェフに感謝しつつ、イートインします。

(写真=筆者撮影)

一口かじると、小麦の芳醇さが豊かな味わい深いパンでした。お値段がちょっと高いだけのことはあります。筆者が普段食べている○○パンとの格の違いを見せつけられた格好でした。

GINZA SIXにも菓子パン専門店をオープン

2017年4月にオープンした話題の複合商業施設「ギンザ シックス」にも、ヴィエノワズリー(菓子パン)に特化した新業態を出店した「ジャン・フランソワ」。

がんばった自分へのご褒美的なシチュエーションで、プチ贅沢なパンでブランチしたくなったとき、クリレスHDの株主優待券を利用してみてはいかがでしょうか。なお、クリレスHDの権利確定月は2月と8月です。

(写真=筆者撮影)

ジャン・フランソワ 渋谷マークシティ(JEAN FRANCOIS)

  • 電話:03-5457-7031
  • 営業時間 8:00~23:00
  • 定休日:不定(渋谷マークシティに準ずる)
  • 席数:26席、完全禁煙
  • 所在地:東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ4F レストランアベニュー
  • 交通手段:京王井の頭線【渋谷駅】アベニュー口より4Fに直結

クリエイト・レストランツ・ホールディングス <3387>

  • 株価(2017年7月26日現在):1121円
  • 単元:100株
  • 配当利回り:0.89%
  • 1株配当(会社予想):10円
  • 株主優待の条件:2月末、8月末に100株以上保有
  • 株主優待:お食事券(100株以上=3000円、500株以上=6000円など)

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集