(写真=liza54500/Shutterstock.com)

1万円から株式投資はできる!始め方から10年後のシミュレーションまで

自分の投資スタイルを見つけてみませんか?

投資は、まとまった資金が必要だと思っていませんか?

でも、実はそんなことはありません。今回は1万円から始められる投資、中でも特に株式投資についてご紹介します。

1万円から株式投資はできるのか

投資信託(☆)の積立なら、身近な銀行でもよく宣伝しているので、窓口で声をかけられたり、パンフレットをもらったりしたことがある人も多いでしょう。

投資信託の場合、金額は1000円や5000円からというところが多く、なかには、なんと月100円から積立ができるネット証券もあります。

では、株式投資の場合は、いくらくらい必要かご存知でしょうか。通常は、株式投資は「単元(たんげん)」という売買単位が決まっています。1単元の株数は銘柄によって異なりますが、1株、100株、1000株が一般的です。

例えば1株1500円、1単元が100株だとすると、1500円×100株=15万円となり、最低でも15万円の資金が必要なります。

でも、1単元に満たなくても売買できる方法が3つあります。

1つ目は「株式ミニ投資(ミニ株)」といって、株を最低単元の10分の1単位で買える方法です。実施しているのは大和証券などの大手証券会社が多いです。先述の1株1500円、1単元が100株の例では、10分の1の1万5000円で買えることになります。証券会社が決めた企業の株のみが対象です。

2つ目に、「単元未満株取引」といって、1株から取引できる方法があります。行っているのはネット証券会社が多く、マネックス証券の「ワン株」、SBI証券の「S株」、カブドットコムの「プチ株」などというサービス名称で提供されています。1株1500円の例でいえば、1万円で6株買えることになります。

3つ目に、「るいとう(株式累積投資)」という、1社の株を月々1万円以上1000円単位の一定額で積立のように買い付けていく方法もあります。るいとうはどの証券会社でも取り扱っています。

いきなり大きな資金を用意しなくても、これなら1万円から気軽に始められますね。

1万円から株式投資はできる!2 (写真=Africa Studio/Shutterstock.com)

1万円から株式投資をするメリット・デメリット

株を1株でも持っていれば株主ですが、株主総会での議決権や株主優待など、株主としての権利を得るには1単元以上保有している必要があります。そのため、1単元未満の株主では受け取れないことがデメリットです。ただし、配当金は、ミニ株や単元未満株取引では、株数に応じて按分してもらえます。

1万円から株式投資をするメリットは、投資はやってみて分かることも多いため、慣れるまでは少額で経験を積んで、将来、投資金額を増やしていくときの練習ができるということです。

また、株価が時に大きく変動しても、少しづつ買い続けることで平均購入単価を下げる効果もあります。

株式投資の始め方

投資は、証券口座を開くことからスタートです。

投資ビギナーの方は、まずは手数料の安いネット証券会社から選ぶとよいでしょう。口座開設の申込書の請求はPCやスマホで簡単にできます。その後、申込書類が郵送で届きますので、記入、押印して返送します。口座が開設されてログイン用のパスワードなどが送られてきたら、さっそく入金して準備完了です。

1万円から株式投資を始める場合は、先程述べた「るいとう(株式累積投資)」で積み立てるか、「ミニ株」や「単元未満株取引」が可能な証券会社で売買をしてみましょう。

10年投資したらいくらになるのか

毎月1万円を10年間積み立てたら、元本は120万円になります。

ちなみに、世界銀行が発表している、2017年の世界経済の成長率は2.7%です。株価は、基本的には経済成長に合わせて動いているといわれます。仮にこの成長率に近い3%で10年間、複利運用できたとしたら、元本の120万円はいくらになるでしょうか。

答えは、1397414円です。差額は197414円と、10年で20万円弱、約16.6%も増えた計算になります。ただし、実際には毎年同じ利回りで運用することは難しいので、あくまでも目安として見る必要があります。

参考:金融庁 資産運用シュミレーション

宝くじより楽しいかも!?

捕らぬ狸の皮算用などと言われてしまいそうですが、投資が成功したらどのくらいになるのか試算してみるのは楽しいものです。

株式投資を一攫千金のギャンブルのように思っている方も、一度、金融庁のサイトなどで冷静にシミュレーションしてみると見方が変わるかもしれません。

投資は、ひと山当てるというタイプのものばかりではありません。コツコツと続けることで、20年、30年後には大きな差が開いているかもしれません。最初から大きく儲けようとせず、まずは毎月1万円で、自分の投資スタイルを見つけていってはいかがでしょう。

深川美幸
大手証券会社、外資系投資信託運用会社などに勤務後、出産・育児に専念するため退職。2016年より、株と投資信託を中心にした女性限定の資産運用セミナーを主宰。ファイナンシャルプランナー(CFP)

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集