(写真=mangostock/Shutterstock.com)

増えるシェアリングサービス!注目サービスからおすすめの探し方まで

「共有する」メリットはいろいろ!

モノを持つことに対するこだわりが薄れている現代に、人気があるのが「シェアリングサービス」。

「使いたい時だけお得に借りる」「自分が持っているモノ・スキルを他の人に共有する」という考え方は、珍しいものではなくなりつつあります。

今回は、話題のシェアリングサービスについてご紹介します。

シェアリングサービスの定義

シェアリングサービスとは、モノ・場所・スキルなどを多くの人々と有料でシェアするための仲介サービスのことを指します。ユーザーは、インターネット上のプラットフォームを介してサービスを利用するのが一般的です。「シェアリングエコノミー」「シェア型サービス」などとも呼ばれます。

シェアリングサービスの事例としては、

  • 車や衣類などのモノを共有する
  • 住宅やスペースを期限付きで貸す・借りる
  • 個人が持つスキルを提供・利用する

などがあります。

家やクルマも!シェアリングサービスの具体例

現在一般的に知られている、代表的なシェアリングサービスをご紹介します。

■タイムズカープラス

駐車場料金や保険代など、維持費が意外とかかる車。その一方で、「自家用車は持ちたくないけれど、買い物や日帰り旅行など、必要な時だけ車を使いたい」という人も多いでしょう。

タイムズ24株式会社が運営する「タイムズカープラス」は、全国トップのカーシェアリングサービス。1万5000カ所以上に拠点を持ち、サイト上から予約をすることで、最寄りの場所で車を借りることができます。

初期費用は、カード発行手数料1550円のみ。個人プランの月額利用料は1030円ですが、サービスの利用料金に全額充てることができるため、月に1030円分以上利用する人は実質無料となります。

利用料金は15分あたりで計算され、アクアやプリウスなどのベーシックカーが206円、セレナやVOXYなどのプレミアムカーが412円と、車種によって異なります。長時間車を使いたい場合には、12時間6690円など、パック料金でよりお得に利用できます。

■Airbnb

旅行へ行く時、ホテルや旅館などが満室だったり、意外と料金が高いこともありますよね。また、「旅行先でも自分たちのペースで生活したい」「現地の暮らしを体感したい」という人もいるでしょう。

サンフランシスコ発祥のAirbnbは、世界最大規模の民泊プラットフォームサイト。現在は、世界約190カ国以上に、Airbnbの物件があります。

Airbnbは、マンションやアパート・戸建てなどを所有するホストが、ゲストに有料で物件を貸し出すサービスです。登録は無料で、ゲストは「リスティング」と呼ばれる物件の詳細をチェックし、希望する日時で申し込みをします。

部屋のタイプは、他の旅行者と一緒の「シェアルーム」、専用の寝室がある「個室」、部屋を自分たちだけで利用できる「まるまる貸切」の3種類で、目的や予算によって選ぶことができます。

場合によってはホテル・旅館よりお得に宿泊できたり、タワーマンションや広い一戸建てなど、設備の整った場所に泊まることもできます。

増えるシェアリングサービス!2 (写真=Moustache Girl/Shutterstock.com)

■TimeTicket(タイムチケット)

TimeTicketは、株式会社レレレが2014年からスタートした「ヒトの時間をシェアする」というサービス。Facebookアカウントがあれば登録は無料で、会員数は現在6万人を突破しています。

ゲスト(購入者)は、自分が希望するホスト(販売者)にチケットの購入申込を行い、ホストが承認することで利用できます。チケットの価格はホストが設定することができ、1時間あたり最低2000円~となっています。

こちらのサービスで特徴的なのが、「個人のスキルを時間で売る・買う」ことができること。

  • 占い師による占い
  • フォトグラファーによる写真撮影
  • カウンセラーによる悩み相談

などのほかに、インテリアコーディネートのアドバイスやデリバリーシェフ、起業の相談やプログラミングを教えるホストもいます。中には、「話し相手になる」「一緒にお茶をする」などのユニークなものもあります。

こちらのサービスを活用すれば、ホストは自分の得意なことをお金に換えることができ、ゲストは、自分が希望するサービスをリーズナブルに受けることができます。

■Laxus(ラクサス)

ラクサス・テクノロジーズ株式会社が運営するLaxusは、月額6800円(税別)でブランドバッグをレンタルできるスマホアプリサービスです。現在は、1万8000個もの豊富な商品ラインナップが揃っています(2017年7月19日現在)。

アプリをダウンロードして住所などの登録を行えば、ルイ・ヴィトンやシャネル、バレンシアガやジミーチュウなどの計52ブランドのバッグを、無制限・送料無料・返却期限なしでレンタルすることが可能。希望する商品をアプリから選ぶだけで、翌日発送で自宅に届きます。新しいバッグを借りる時は交換となり、利用したバッグは配送業者が引き取りに来てくれます。

高級ブランドのバッグはひとつ数十万円するものもあるなど、自分でいくつも持つことはなかなか難しいもの。せっかく購入しても、同じバッグをずっと持つと飽きてしまうこともあります。こちらのサービスを利用すれば、リーズナブルにいろいろなバッグを使うことができますね。

結婚式やパーティへの参加など、必要な時だけバッグを使いたいという場合にも便利です。

■スペースマーケット

株式会社スペースマーケットが2014年から運営しているスペースマーケット は、全47都道府県・約7000件以上ものレンタルスペースから、目的に合った場所を借りることができます。登録は無料で、誰でも利用が可能。「場所」を借りたい時におすすめのサービスです。

利用方法は、1時間からOKの「時間レンタル」、終日利用可能な「1日レンタル」、泊まることができる「宿泊」の3種類。1時間あたり数百円~数千円程度からレンタルできるため、大人数で利用する場合でも安心です。

キッチン付きやプロジェクターが投影できるスペース、最上階のテラスや一軒家の貸切など幅広いレンタルスペースが揃っているため、「少人数の会議で利用したい」「料理をしながら友人たちと過ごしたい」「趣味の集まりに使いたい」など、さまざまなニーズに対応できるでしょう。

シェアリングサービス検索サイトについて

「目的に合ったシェアリングサービスを探したい」という人におすすめなのが、シェアリングサービス検索サイト。

シェアリングナビ.comは、日本初のシェアリングサービス検索サイトです。都道府県別や、「モノ」「ファッション」「空間」「学び」などの複数のカテゴリから検索できるため、自分の希望するシェアサービスがあるかどうか探しやすいですね。

いろいろなシェアリングサービスを試してみたい人や、どのようなシェアリングサービスがあるのか知りたい人も、活用してみてはいかがでしょうか。

農地、観光ガイドのシェアも

「モノ・場所・ヒト」を都合の良いタイミングでお得に共有できるシェアリングサービスは、サービスの提供者・利用者の双方にとって、メリットのあるビジネスであるといえます。

最近では、農地シェアリングや観光ガイドシェアリングなど、新たなシェアリングサービスも続々と登場しています。

シェアリングサービスの登録方法は簡単なものも多いため、初心者でも利用しやすいでしょう。興味のあるシェアリングサービスがある人は、ぜひ一度利用してみることをおすすめします。

Y子
大学卒業後、出版社勤務等を経てフリーライターに。インタビューや取材、記事制作などを行う。20代の終わりが近づき、ただ漠然と貯金をすることに疑問を感じ「投資」に関心が出てきた。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集