(イラスト=夜街マリィ )

なぜ、◯◯◯君は「キープ」に最適なのか?【投資信託メンズ化計画③】

先進国、新興国に投資するってこういうこと!

投資家から集めたお金を大きな資金としてまとめ、プロフェッショナルが運用する「投資信託」(ファンド)。

種類が多すぎて何を選べばよいのかわからないこの投資信託を、男性に例えて品定めする「投資信託メンズ化計画」が現在、働く女性のための投資メディア「DAILY ANDS」で進行中です。

全5話のうち第3話となる今回は、海外に投資する投資信託を男性に例えてみます。

「海外って……広すぎる」と思ったみなさん、その通りです。でもその広すぎる世界の経済の動きを数値化した「指数」に連動するように作られた投資信託は、長期投資の基本である「分散投資」がばっちりできるのです。

今回も、お金についての情報を発信するFPさん、インデックス投資を実践する投資ブロガーさん、そして編集メンバーが放言します!

あなたをリッチにしてくれる、好みの「メンズ」は見つかりそうでしょうか?

▽座談会の参加者(敬称略)
横川楓さん…お金の専門家タレントとして税理士事務所に在籍しながら、経営学修士(MBA)、ファイナンシャル・プランナー(AFP)を生かして活動中
opal(おぱる)さん…インデックス投資家、投資ブロガー。「インデックス投資女子 Around40 Happy Life」を執筆中
夜街マリィ…イラストレーター。DAILY ANDSのゆるキャラあんずちゃんのデザイナーであり、現在DAILY ANDSにて漫画『あんずちゃんの「ゆる投資」ライフ』を連載中
くすいともこ…DAILY ANDS編集長
阿部祐子…筆者。FP資格を持つフリーライター

【投資信託メンズ化計画(全5回)の記事はこちら】

中身はアメリカン。「先進国インデックス」くん

くすい:投資信託のブログなどを拝見すると、株価指数(インデックス)に連動した「パッシブ型」の投資を行っている方は非常に多いと感じます。

ただ、「日経平均株価」「TOPIX(東証株価指数)」なら何となくイメージができるのですが、海外は大きな括りなので、なかなか中身が見えないです。

ざっくり分けると「先進国」「新興国」があると思いますが、まずは先進国についてご意見をお聞かせください。

おぱる:(スマホ画面を見ながら)例えば今見ている、ある代表的な指数に連動する先進国株式インデックス投資信託の、国別の割合は、65%がアメリカ、7%がイギリス、4%がフランスです。

組み入れている株式の上位銘柄は、この投資信託の場合、アップル、マイクロソフト、アマゾン、エクソン・モービル、ジョンソン&ジョンソン……。

くすい:なるほど、上位はアメリカ企業ばかりですね。

おぱる:投資信託を買う際には「目論見書(もくろみしょ)」を必ず読まなければなりませんが、そこにも、どんな銘柄が組み入れてあるかが書いてあります。

ただ、中身は変わってくることもあるので、投資を始めたら、定期的に届く「運用報告書」で再確認したほうがいいです。

くすい:それによって、どんな企業に投資をしているのかという、投資信託の「顔」が見えてくるんですね。

おぱる:日本のTOPIXでは、トヨタ自動車のような歴史のある企業が中心ですが、先進国インデックスでは、アップルとか、若い企業も多いですよね。

夜街マリィ:擬人化キャラクターとしては、比較的若めのアメリカ人、シリコンバレーっぽい感じでしょうか。

おぱる:そうですね、リーマンショックのときにはアメリカ株の指数が下がって、しかも全世界を巻き込んだわけですから、ちょっとお騒がせというか、やんちゃな一面もあるかな。

これから化けるかも!「新興国インデックス」くん

くすい:では、新興国株の投資信託はどうですか?

おぱる:(スマホで)今見ているある新興国株式インデックス投資信託の、組み入れ上位銘柄は、韓国のサムスン、香港のテンセント、台湾の台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー。

くすい:イメージは、香港からやってきた留学生、でしょうか(偏見)。ひそかにスティーブ・ジョブズを目指している、みたいな。新興国を投資対象にした投資信託を持つ理由って何なのでしょうか?

横川:今現在どうか、というよりも今後の成長に期待する、という部分じゃないでしょうか。

おぱる:投資対象から省いてしまう勇気はないので、チェックしておく、みたいな。デート相手に例えるならば、食事はまだ行かないけど、とりあえずお茶くらいはポケットマネーでご馳走しておこうかな、みたいな(笑)。

くすい:キープ君、あるいはサブ彼氏、みたいな存在でしょうか(笑)。

おぱる:そうかもしれません(笑)。分散投資を考えたとき、日本と先進国だけでは(投資先を)分散しきれていないんじゃないか、という迷いがあります。

「先進国君」「新興国君」はこちら

というわけで、今回の座談会の結果生まれた「先進国君」「新興国君」はこちら!

画像縮小,投資信託メンズ化計画#01 (イラスト=夜街マリィ )

画像縮小,投資信託メンズ化計画 (イラスト=夜街マリィ )

海外に投資するってなんだか分かりにくい……と思われがちですが、男性に例えると分かりやすい!

実際の恋愛において「キープ君」「サブ彼氏」をつくることには賛否両論ありますが、資産運用で「分散」は大切なことの一つですから、迷いなく「キープ」していきましょう。

次回は、少しマニアックですが「バランス型」の投資信託を擬人化していきます。なんでも、投資家の中でも玄人が行き着く先の一つに「バランス型」があるんだとか。それって、どういう「メンズ」なのでしょう?(④に続く)

【投資信託メンズ化計画(全5回)の記事はこちら】

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集