(写真=DAILY ANDS編集部)

空っぽのYahoo!に夢を描ける?「長く投資できる企業」の選び方

「3タップで米国株が買える」スマホ証券にインタビュー

2017年6月9日、スマホ証券「One Tap BUY(ワン・タップ・バイ)」のホームページにこんなタイトルの案内が掲載されました。

「【重要】Yahoo!株の買付け停止のご案内」

One Tap BUYといえば、「わずか3タップで米国株が買える」という、いま注目のフィンテックサービスの一つ。DAILY ANDSではこのアプリを使った女子大の授業を取材したこともあります。

なぜ今、米国Yahoo! 株を販売停止するのでしょう?

「Yahoo!は6月8日の臨時株主総会において、主要業務であるWebサービスを売却し、社名を『Altaba(アルタバ)』に変更することを可決しました。(中略)この動きは、今後の成長性が期待できる銘柄をご提供するOne Tap BUYの銘柄選定趣旨から外れることとなるため、Yahoo!株の買付を停止させていただくことといたしました。」(One Tap BUYホームページより引用)

と紹介されていますが、そもそも一体どのような基準で「成長性が期待できる銘柄」を選んでいるのでしょうか?

初心者にもわかるように教えてほしい!と思い、同社が入居する六本木ヒルズ森タワーを訪れました。

Yahoo!はもう、自力で成長できない

今回、取材に協力してくれたのは、取締役の三好美佐子さんです。

ーーYahoo!株販売停止のきっかけとなったのは、Yahoo!が主力のインターネット事業を売却したことだと発表されていましたが、ここについてもう少し詳しく教えてください!

ウェブ事業はYahoo!にとって主力の事業です。それは日本で例えるならば、トヨタが自動車事業を他社に売るというようなもの。もしそうなったら、「え、これからどうやって儲けるの?」って思いますよね。

ーーYahoo!の事業売却については、いつごろから気づいていたんですか?

私たちは、One Tap BUYで取り扱っている米国企業30社のニュースを毎日チェックしています。Yahoo!のウェブ事業売却については、数カ月前からちょこちょこと情報が出ていました。その後、値段交渉に結構、時間かかっていたみたいですが。

ーー今後のYahoo!に成長性が描けないと判断された部分、もう少し詳しく教えていただけませんか?

本業を売っちゃったYahoo!は今後、どうなるか?というと、「アリババ・グループ」と「ヤフー・ジャパン」の株を持っているだけの会社になってしまいます。CEOだったマリッサ・メイヤー氏ら取締役も辞職してしまいます。

今後アルタバは、アリババ株が上がれば株価は上がるかもしれないし、ヤフー・ジャパン株が上がれば上がるかもしれませんが、自力で成長する会社ではなくなってしまいます。自分の力で成長を期待できないということはつまり、投資家はこの企業にどういう「夢」を描いたらいいでしょうか。

One Tap BUYのポリシーは、「生活に身近で、成長性ある、いいサービスを提供し続ける会社の株を買いましょう」ということなので、いわば中身が「空」になった会社の株を扱うのは、違うんじゃないか、と思ったわけです。

「生活に身近で、成長性のある企業」を選ぶ理由

ーーOne Tap BUYではたくさんあるアメリカの企業のなかから、30銘柄を選んで販売しています。「生活に身近で、成長性のある企業」を銘柄選定の基準にしている理由を教えてください。

まず、株を買うということはその企業に成長性があることは絶対に必要ですよね。

問題は、その成長性をどうやって見るか、ということです。プロは企業を訪問し、説明会に行って、根掘り葉掘り聞いて、その企業のことを知っていくんですよね。メーカーに行けば、新商品のサンプルをもらって、それが売れるかどうかを考える。

でも、一般の人に同じことはできません。となると、自分の使っている商品で判断するしかないし、それは一番正しいんですよね。

例えば、スターバックスに毎日行っている人が「最近、客足が悪いな」「味が落ちたな」とか逆に「フレンドリーなサービスがいいな」って思うのは、毎日使っているから。

「判断」ができるためには、自分にとって身近でなければいけません。

ーーということは、ユーザーが自分で銘柄を選ぶことを前提にアプリを作っているんですね。

自分で選んだ銘柄じゃないと後悔しますから。人から「これ儲かりますよ」と言われて理由もわからずに買って、下がって、「なんかあの人の言うことを聞いて失敗しちゃった」となると、当てどころのない不満になってしまいます。

自分が選んで失敗しても、気持ちよくはないんだけど、自分で選んだっていう、まさに自己責任が全うできる。株価が上下したときに、売るべきか、そのまま持っておくべきか、次の判断も自分でできると思います。

ーーOne Tap BUYには、三好さん含め大手証券会社出身の方がたくさんいらっしゃいます。そのように考えるようになったきっかけは、大手証券会社での体験も関係しているのでしょうか。

One Tap BUYも含め、証券会社というのは、お客様が金融商品を売買したときの手数料が売り上げに直結するので、お客様に売買をたくさんしてもらった方が売り上げは高くなります。

ただ、そうした「回転売買」(ある銘柄を売った代金でその日のうちに他の銘柄を買うなど、売買を繰り返すこと)を続けると、お客様は手数料の分、損をする可能性が高くなってしまいます。そうすると、長期的にはお客様が離れていってしまうことにもつながります。

当社には、投資家に長期的に勝ってほしいという思いがやはりあるんですよね。そのためには成長すると思う株を長期的に持つこと、株価が下がったときにも頑張って持ちきることが大切です。それができるのは、自分で選んだ成長銘柄だからです。

当社にしてみると、手数料収入は少なくなるかもしれないけれど、長いスパンで見たときに、お客さんが少しずつでも増えていっていただければと思っています。

「身近な株」はアンケートで選定

ーー「身近な株を選ぶ」ことの大切さをあらためて知ることができました。とはいえ、アメリカにはたくさんの企業があります。One Tap BUYはどのようにして「身近な30銘柄」を選んだのでしょうか?

当社がOne Tap BUYをリリースしたのは2016年6月ですが、初期の30銘柄はアンケートを元に選びました。

One Tap BUYは投資初心者に使っていただきたかったので、株に詳しい人ではなくて、当社の人事などの管理部門の人や、社外の人など、株にあまり詳しくない人にアンケートとりました。米国のおよそ100銘柄について、「よく知っている」「知っている」「知らない」のどれかを答えてもらったんです。そうすると、知名度のある50銘柄くらいに絞れました。

例えば、ファッションブランドの「トミーヒルフィガー」については、社名は知られていましたが、実際にどんなデザインのものかを知っている人は少なかった。そうすると、選定から外れていきます。

また、銀行株はあえて入れませんでした。銀行ってどうやって儲かっているのか、わかりますか?

ーーうーん、そう言われると……たくさんお金を貸したら儲かるんだろうな、というぐらいしかわかりません。

金利の差がポイントになるんですが、これは初心者にはわかりにくいですよね。何が流行ったら成長する、というわけでもありませんから。

ーー50銘柄から30銘柄にはどうやって絞ったんですか?

次に、私たちは「流動性」を見ました。

ーー「流動性」って何ですか?

その株がたくさん売買されているかどうか、ということですね。たくさん売買されていれば「流動性が高い」、あまり売買されていなければ「流動性が低い」と言います。

流動性が低いと、投資家がその株を売りたいときに売れなかったり、買いたいときに買えなかったり、あるいはやたらと高い値段で買わされたりするリスクになってしまいます。それは、株を始めたばかりのユーザーのためにならないことなので、流動性の低い銘柄を省いていったんです。

例えば、私はティファニーをどうしても入れたかったんですが、全然、市場で売買されていなかったんです。ブランドは有名だけど、株としてはあまり売買されていなかったんですね。それはダメだねと、選定から外れました。

ーー流動性っていうのは取引の出来高という理解でよいですか?

そういうことです。

One Tap BUY (写真=DAILY ANDS編集部)

「知名度」「流動性」の次の選定基準は…

ーー「知名度」「流動性」のほかに、選定基準はありますか?

その次に落としたのはフィリップモリスとかだったでしょうか。タバコ産業はシナリオを描きにくいですよね。

ーー健康志向が高まっていて、タバコを吸う人は減っていますもんね。「知名度」「流動性」に続いて「成長性」も関係あると。

そうです。

あとは、コカ・コーラとペプシコーラ、P&Gとジョンソン・エンド・ジョンソンのような競合ですね。初めて株をやる人にとって、2社のどちらが良いかって判断しづらいじゃないですか。そこで、どちらも知名度が高いけれども、事業がバッティングしているところは、流動性の高い方を残すようにしました。

ーーそれで、コカ・コーラとペプシコーラだったらコカ・コーラを選んだわけですね。

そうです。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)とVISA、というパターンもありましたね。

私の周囲にいる金融業界の人間は「アメックスの方がいいのでは?」と言ったのですが、それは金融業界にはアメックスを利用されている方が多いかもしれませんが、発行部数などを見れば圧倒的にVISAだったんです。

ーー確かに、アメックスは収入が高い人が使っているイメージで、一般的にはVISAを使っている人の方が多いように思います。

とはいえ、知名度だけで選ぶと小売やITなどに業界が偏ってしまうので、業界が偏らないようにも気をつけました。

例えば、アメリカのトランプ大統領が設備投資を積極的にやります、となって、建設業界に投資したいなと思ったときに、該当企業がないのはよくないと思ったので、知名度は他の企業に比べるとあまり高くはないかもしれませんが、キャタピラーやファイザーなども入れました。

このように、全体のバランスも見つつ、50銘柄から30銘柄に絞り込んでいったわけです。

銘柄を選ぶとき、業績は見なかった理由

ーー「知名度」「流動性」「成長性」を見た上で、あとは他の銘柄とのバランスということですね。売り上げなどの業績は見なかったんですか?

私たちはその企業が赤字か黒字かはあえて判断材料にしませんでした。たとえ、その年が赤字であったとしても、将来黒字になる可能性あるじゃないですか。

例えば、アマゾンは赤字、黒字が繰り返されるんです。それなのにアマゾンの株が上がっているのは、ジェフ・ベゾスCEOが魅力的なサービスをどんどん出していて、それが評価されているからです。その年、大きな設備投資をして赤字になったとしてもそれが将来につながればいい。投資家はそれを期待するんですよね。配当も出していないんだけど、信じられるんですよね。「何かをやってくれる」って。

ーーなるほど。売り上げよりも、「知名度」、「流動性」、「成長性」を大切にした、ということですね。銘柄の選定は何人ぐらいで行ったんですか?

当時は社長の林和人と私、それから外国株式を専門にやってきたベテラン3人ほどでやりました。

ーー今は「銘柄ウオッチャー」みたいな人が社内にいるんですか?

うーん、商品分析はしていますね。今回のように、イベントがあったり、株式分割があったり、合併があったりとか、一番にキャッチしてシェアする部署があります。

ーー担当部署の方は、30銘柄にそれぞれ担当がついている感じですか?

30銘柄だとプロフェッショナル数人でちゃんと見られる感じですね(笑)。ニュースに気付いたら、アプリで配信していています。ここはいいことも、悪いことも載せるようにしていますね。

ーー意外と、1人でたくさんの企業を見られてしまうものなのですね。

Yahoo!に代わる銘柄を「選挙」で決める

ーーそして、One Tap BUYではYahoo! に代わる銘柄を「選挙」で決めるそうですね。

はい。「知名度」ってどうしても主観が入ってしまいますよね。自分が知っているかどうか。

前回は開業前でもあったので当社の中や周囲の人にアンケートを依頼しましたが、いまはユーザーさんがたくさんいるので、ユーザーさんの声を聞いたらいいんじゃないかと。

一度、ユーザーさんに「どんな銘柄を取り扱ってほしいか」の希望を聞く「予備投票」を実施しまして、そこから特に得票数が多かった上位9銘柄と、当社で選んだETF3銘柄(上場している投資信託、株式と同じように売買できる)を合わせて12銘柄で決選投票を行います。(投票期間は6月27〜7月3日)

決選投票を行う12銘柄は次の通りです

  • テスラ・モーターズ(電気自動車のベンチャー)
  • エヌビディア(世界有数のグラフィック・プロセッシング・ユニット、GPUメーカー)
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(総合ヘルスケア企業)
  • バークシャー・ハサウェイ(世界最大の投資会社)
  • アリババ・グループ・ホールディング(中国のEコマース最大手)
  • ネットフリックス(ネット配信サービスで世界最大)
  • JPモルガン・チェース(世界60カ国以上に営業拠点を持つ世界有数の金融グループ)
  • ゴールドマン・サックス・グループ(世界有数の投資銀行)
  • アドビ・システムズ(画像処理、文書編集システムの世界最大手)
  • SPDR S&P 500 ETF(代表的な米国株500銘柄で構成されるS&P指数に連動)
  • PowerShares QQQ ETF(アップル、マイクロソフトなどナスダックの大型100銘柄で構成される指数に連動)
  • Direxion Daily S&P 500 Bear 3X Share (値動きがS&P500指数の値動きの逆方向に300%となる投資成果を目指す)

ーーふむふむ、最後の英語が並んでいるのがETFですね。ぶっちゃけ、ETFって「生活に身近」ではないような気もしますが……。

成長シナリオという意味ではほかの銘柄とは違いますが、「リスクヘッジ」に使える手段があってもいいかな……と。ETFはたくさんの銘柄を買っているのと同じような効果がありますので、個別銘柄に比べると値動きが比較的緩やかです。「この1銘柄を買っておけば、お客様が他の銘柄を勇気を持って買える」というETFを取り扱うことも、それはそれでユーザーさんにとって意味があるかなと思っています。

ーー決選投票のラインナップを見ると、ユーザーさんってもしかして男性の方が多いんじゃないかなって思いましたが、その辺はいかがでしょうか。

そうですね、One Tap BUYのユーザーさんのうち女性は15%ほどです。女性は「積み株」(毎月1000円から株の積み立てができるアプリ)の方が人気があります。

ただ、One Tap BUYの広告を出したときに反応が良いのは意外と女性向けのメディアだったりします。男性向けメディアは広告を見る人の数は多いのですが、実際に口座開設する人の割合は女性向けのメディアの方だったりします。「なぜ資産運用するのか?」の理由がわかれば、行動に移しやすいのは女性なのかもしれません。

ーーよくわかりました。ありがとうございました!

One Tap BUY (写真=DAILY ANDS編集部)

身近な企業を選ぶと良い理由がよくわかった

株式投資をするときに、自分にとって身近な企業を選ぶとよい、とされている理由がよくわかりました。

その企業に対する愛を持つことが投資を長く続けるコツであり、投資を長く続けることが個人が投資で勝つために大切なことである、という論理は以前取材した、元衆院議員の杉村太蔵さんの主張にも通じると思いました。

テクノロジーが発達し、カンタンに利用できる金融サービスが次々と登場する今、「愛」と「時間」があれば、立派な投資家になれるチャンスは誰にでもある、と言えそうです。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集