(写真=筆者撮影)

資産10億円からの散財…紫原明子さん「日本一炎上しがちな夫」と離婚するまで

公開インタビュー 『家族無計画』著者・紫原明子さん(上) 

キャバクラで豪遊したり、都知事選に出馬したりと、「日本一炎上しがちな夫」こと起業家の家入一真(いえいり・かずま)氏と31歳で離婚し、現在はエッセイストとして活躍中の紫原(しはら)明子さん。

紫原さんは、サラリーマンだった夫が起業し、駆け上るように資産10億円を超える華やかな生活を送った経験がありますが、「どんなに夫の稼ぎが良くても自分に経済力があったほうがいい」と語ります。

紫原さんにとってお金とは?そして今、自分の人生を生きやすくするために私たちにとって大切なこととは?

新しい家族論をつづったエッセイ『家族無計画』の著者でもある紫原さんに、DAILY ANDS編集長のくすいともこが公開インタビューを行いました。その様子を全3回にわたってお届けします。

「上」となる今回は、紫原さんの講演をご紹介。家入氏との出会いから結婚、現在に至るまでを語っていただきました。

この公開インタビューは2017年6月6日、スルガ銀行とDAILY ANDSが、東京・六本木ミッドタウン「d-labo」(同行が運営)にて共催しました。

出会い系サイトで知り合い、18歳で結婚

※以下、紫原さん談

私は今年35歳になるのですが、結婚をしたのは18歳でした。私は福岡の出身で、当時は私立高校の生徒でした。私自身もまわりも、すごく恵まれていました。

ただ当時、私にはぬくぬくした環境への葛藤がありました。そんな中、インターネットでは、同世代なのに全然違う境遇にある人の日記がアップされたりしていて、そういうある種、「尖った」人たちが私にとっては輝いて見えたんです。今でいう「中二病」ってやつですよね。

そんな中、高校2年生のとき、出会い系サイトで、当時はサラリーマンだった夫と知り合いました。

女子高生が登録すると、来るのはいやらしいメッセージばかりです。その中で元夫は、「芸術の話をしよう」と。彼も中二病だったんですね。お互いバカだったんで「カッコいいなあ」と思いました(笑)。

初めて会ったときは、20代なのにおじさんだなと思いました。元夫は引きこもりの時期が長かったので、かなり緊張していたらしく、タバコを何本も吸いながらコーラを飲んで、チョコレートパフェを食べていたんですね。そのときはかわいいなと思いました。

それまで私は、学校に行かないこともありました。でも彼との恋愛によって突然生き生きとしだしたんですね。反抗的になった私のことを親は本当に心配していましたので、いい方向に変わったことに喜んでくれました。ですから大学進学しないで結婚したいと言ったときも、応援してくれたんです。

「家族と過ごしたいから起業する」

imageTitle (写真=筆者撮影)

これが、私の「人生と金」をまとめたスライドです。例えば「17歳恋愛/同棲(7)」のように、最後のかっこで書いた数字は家賃です。

私は19歳で出産のために実家に戻っていたのですが、そのとき夫は会社を辞めてしまいます。「自宅で起業する。必要なお金だけ稼いでみんなで仲良く暮らそう」と言うのです。

起業というと私はリスクしか思い浮かびませんでしたが、幸い、地方は家賃が安いので、福岡県の地方のほうで、月6万円くらいで3LDKの駐車場付きの物件が借りられました。家族3人で引っ越しをして事務所兼自宅にしました

元夫が始めたビジネスは「レンタルサーバー」です。インターネットにウェブサイトを作るときは家を建てるのと同じで、「土地」のようなものが必要になるのです。この「土地」を、当時の業界最安値で一般の人向けに提供するサービスを始め、人気になりました。

人材確保も必要になり、わたしが20歳のとき福岡市内に引っ越しました。少し羽振りが良くなって、家賃25万円の物件に住みました。

20代前半で、夫が月収200万円、資産数億円に

当時は給与として入って来るのは、月20万円くらいでした。ところが、起業から1年後、わが家は突然、月収200万円になったのです。会社のお金と家のお金は分けた方が良い、ということで私は元夫から渡されたお金でやりくりをするようになりました。

さらに私が21歳のとき、上場企業の子会社になることになり、我が家に数億円のお金が入ってきました。嘘のような話ですが本当にこんな事が2、3年のうちに起きたのです。

元夫の会社が上場。26歳で資産10億円に

同じ年に家族3人で東京に引っ越し、家賃は50万円の家を借りました。22歳のときには2人目の子供を出産しました。

引っ越しが好きだったので、私たちはどんどん引っ越しをしました。家賃は60万円、65万円と色々な所に住みましたね。

私が26歳のとき、会社が上場したんですね。これによって我が家に億単位のお金が入ってきました。

そして転落が始まった

私は専業主婦として家にいたということもあり「なんだかいっぱいあるなあ」という感覚でした。

お金を使う場所といっても、洋服を買う、旅行に行くくらいで、お金を無限に使える世界があるということを全く知りませんでした。お金を使うにしても限界があると信じていたんです。

それに、何億円ものお金があれば、なくなることはないと思っていました。そんな感覚ですから家賃120万円の家に住んだりもしていました。

ただ、その頃からです 。「家族と一緒にいたいから起業する」と言っていたはずの夫が、深夜まで帰ってこなくなりました。

お酒が飲めなかった夫が東京に来たら急激にお酒を飲むようになり、泥酔して帰ってくることもありました。子どもが幼稚園に行くとき、入れ違いに帰ってくる状態です。

まさしく「遊びが大好きなIT系社長」のようになってしまったのです。

imageTitle 家入氏との出会い、結婚生活、子育て、離婚の経緯などをつづったエッセイ『家族無計画』(写真=筆者撮影)

「月2000万はキャバクラで使っているよ」

私は元夫から「仕事だ」「接待だ」と言われると、納得していたんです。でもすでにその頃には、お金も浪費するし、女性関係もズブズブで大変なことになっていたんです。

私は29歳くらいでそれを知ることになりました。1つ知ると芋づる式に事実が明らかになってきます。

知人からは「やっと気がついたの?」と呆れられる始末でした。「あの遊び方はひどい、月2000万円はキャバクラで使っている」と。どうやら、お店の中にいる知らない人の会計まで全部払ってしまうのだそうです。

それから、「海に沈んだ海賊船を引き上げるために出資してほしい」といった突拍子もない依頼にも、どんどん出資していたみたいなんです(笑)。

思ったより大きく道を踏み外していた

若い頃の元夫は、お金の問題で苦しんだ経験があり、そこから再起して新聞配達をしながら学費を払ったりしていました。ですから、私は夫が大きく道を外すことはないだろうと思っていました。

それが、意外と大きく外していたんですね。色々な形で説得しましたが、私が言えば言うほど彼の方も頑なになり、これはどうしようもない、無理だと諦めました。

imageTitle 会場となった「d-labo」は、夢の実現をサポートするコミュニケーションスペースとしてスルガ銀行が運営しています(写真=筆者撮影)

キャリアの第一歩は「ホームパーティー」

それまで私は、一度も就職したことがありませんでした。私は大学にも行っていませんし、どうやって働いていいかわかりません。

そこでちょっとトリッキーなことを考えました。定期的にホームパーティーを開き、色々な人を呼んで、ご飯を振る舞ったんです。

友達が友達を呼び、いろいろな人たちが私の周りでネットワークを作ってくれるようになりました。そのうちに知人から「非営利団体の運営メンバーとして、お手伝いをしてほしい」と誘いがありました。

これは社会勉強のチャンスだと思いました。ここにいるみなさんは、Eメールの書き出しは「お世話になっております」が当たり前だと思っていらっしゃるでしょう。私はそれすら知らず「こんにちは」で始めていました。社会人のあいさつが「お疲れ様です」という慣習も知りませんでした。

非営利団体で1年仕事をするなかで、ビジネスの基本を教えてもらいました。その非営利団体を通じて、出版社をやっている方と知り合い、その会社で週2回ほど働けることになりました。30代になって初めて就職が決まりました。

元夫が都知事選に出馬。別居から離婚へ

2014年2月に東京都知事選があり、元夫が立候補することになりました。急に政治家の顔になって、朝久しぶりに家にやってきたと思ったら雄弁に私に演説をするわけですよ(笑)。

別居生活を長くしてきましたが、何かまあ晴れ晴れした顔をしているし、いい機会だから離婚することにしました。

子どもたちは「別居と離婚は違う」と考えていたようで、最初は嫌がりました。そのとき彼が「じゃあゲーム買ってあげる」と言うと、子どもたちはすかさず「じゃあ 、2本!」。ゲームを2本買うことで、離婚できることになりました。

私はその後、声をかけていただいたところで働いたり、本を出すようになったりというようなことが重なって現在に至っています。

お気づきかもしれませんが私はお金のことが全くわかりません。税金の仕組みも分かりませんでしたし「手取り」の意味も知りませんでした。

少しずつそうしたことを学んでいる状態です 。今日もわからないことがたくさんあると思うのですが、よろしくお願いします。

※紫原さん談、ここまで

次回は公開インタビューの内容をお届けします

各年代での家賃を併記した年表をスクリーンに映しながら、紫原さんは当時のエピソードを生き生きと語っていました。そのダイナミックな人生には、一度著書を読んでいたとしても、やはり驚きと新鮮さがあるのではないでしょうか。

お金持ちも、そこからの転落も経験した紫原さんは果たして「お金」や「人生の豊かさ」についてどのようにお考えなのでしょうか?次回、公開インタビューにて深堀します。(公開インタビュー『家族無計画』著者・紫原明子さん「中」に続く)

講演者プロフィール

imageTitle (写真=筆者撮影)

紫原 明子(しはら・あきこ)さん

エッセイスト。1982年福岡県生まれ。高校卒業後、音楽学校在学中に起業家の家入一真氏と結婚。のちに離婚し、現在は2児を育てるシングルマザー。著書に『家族無計画』(朝日出版社)、『りこんのこども』(マガジンハウス)などがある。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集