(写真=筆者撮影)

25歳OLが週末大家で資産7000万円!? 著者に聞く「知識ゼロからの不動産投資」

OL大家の奈湖ともこさんにお話をうかがいました

給料アップは期待できないし、将来どうなるかわからないし、働かなくてもお金が入ってくる方法ないかなぁ……。なまけ者の筆者、恥ずかしながら常々そんなことを考えております。

そんなある日、私の目に飛び込んできたのが、こちらの本。『元ギャル女子高生、資産7000万円のOL大家さんになる!』(奈湖ともこ著、ごま書房新社)。

不動産投資といえば、まさに不労所得の代表。大家さんになって家賃収入があったらそりゃあ嬉しいけど、そもそも高額な不動産を購入しないといけないし、気軽にできるようなもんじゃない。そう思っていました。

でも、この本の著者の奈湖ともこさんはOL大家で、22歳で不動産投資。しかも元ギャル……!えぇ!?

普通のアラサー女子の私でも、不動産投資って始められるかも……。だったら、本の著者に直接聞いてみよう!ということで、奈湖ともこさんへ緊急取材。『OL大家』は本当に実現可能なのでしょうか?

タワーマンションに住みたいと思っていたら、不動産投資の世界へ

――奈湖さんは現在25歳だそうですが、すでに投資物件を5棟所有されていて、初めて買ったのは22歳のときだったそうですね。正直、不動産は40〜50代の人がやるものだと思っていました。

20代で始める人も実は結構いるんですよ。特に、大学卒業して3年以上勤めた経験のある方ですと、ローンの審査も通りやすいです。私は18歳から働いているので、他の方より早く始めることができました。今も会社勤めをしていますが、休日を利用して物件を見に行くようにしています。満室になってからはほぼやることもないので、片手間でもできるんですよ。

――奈湖さんが不動産投資に出会ったきっかけを教えてください。

不動産投資との出会いは、一人暮らしを始めた20歳の頃、タワーマンションに住みたいという憧れから始まりました。最悪、家賃払えなかったら実家に帰ればいいやと思って、新宿のタワーマンションの内覧へ1人で行き、母に保証人を頼んだんです。

母としては、どうにかしてタワーマンションへの引越しを阻止したいと思っていたようで、「高い家賃を払って借りるぐらいだったら、買った方がお得なんじゃない」とアパート投資の勉強会を見つけて誘ってきました。実際、勉強会で話を聞いて、感動しましたね。これだ!と思って。

買えない苦労、本を100冊読んでひたすら勉強

――それからすぐに不動産投資を始めたのですか?

投資の勉強を始めてから1棟目の物件を買うまで9カ月かかりました。平日はひたすら本を読んで、土日は物件を見にいったり勉強会に参加したりというのを、ずーっと続けました。本は100冊ぐらい読んだと思います。もう挫折の連続でしたね。途中で私は物件を買えないかもと思ったことも何度もあります。

――当時は22歳。周りから見ても相当珍しかったでしょうね。

不動産屋さんへ行っても、全然相手にしてくれなかったことも何度もありました。Webサイトに登録するときも親の情報で登録したりしてましたね。最初の頃は特に苦労しました。買い付けを入れてローンを通す間に他の人が現金で買っちゃったとか、割安物件を見つけたら売れちゃった、とか。

割安な物件は資産家が現金で買おうとするんですよね。あとは、紹介してもらった物件が微妙だったとか、物件を見にいったけど田舎すぎて怖くて買えなかった、とか。良さそうな物件を見つけて、大家さんの知り合いに相談すると、こんな物件買っちゃダメだと説得されるし。もう、言い始めるときりがないんですが(笑)。だから、1棟目を買えたときはとにかく感動でしたね。

――途中で諦めようとは思わなかったんですか?

最初は、周りの人たちがいとも簡単に買うからできるものだと思い込んでいました。諦めそうになったけど、ここまで来たらやるしかない。例えば、可愛いネックレス見つけたら、どうしても欲しいと思うことってあるじゃないですか。それと同じように、とにかく1個物件を買うまでは頑張ろうと思っていました。

――昔から欲しいものは何がなんでも手に入れたくなるタイプだったとか?

そうなんです。もうそのことしか頭にないんです(笑)

奈湖ともこさん2 (写真=筆者撮影)

管理会社さんは人から紹介してもらうのが一番安全

――大家さんをやっていて、心配事や大変なことはありますか?

ほぼ土地の値段で買っているので、万が一建物がなくなっても価値は変わらないです。私はあえてそういう物件を選ぶようにしています。

築年数の新しい物件だと、土地の値段に建物の値段が加わるので、建物がなくなったらその分価値が下がります。しかし、一方で新築だとローンが長く組めるというメリットもありますね。大変だなと思うことは全くないです。管理は全て管理会社さんにお願いしているので、安心ですし。

――良い管理会社さんの見つけ方のコツなどはありますか?

基本は紹介が良いと言われています。私も紹介してもらいました。昔お願いしていた管理会社さんは全然物件を見てくれていなくて、一度自分で見にいったときに電灯が切れていたということもありました。

不動産会社が管理会社もやっているという会社もありますが、信用できる会社かどうか、しっかり担当の方と会って決めた方が良いと思います。

不動産投資、何から始める?

――最近、不動産投資というキーワードがよく聞かれるようになったものの、敷居も高いし、どう始めれば良いかわからないという人が多くいます。そういったときには何から入れば良いのでしょうか。

私もそうでしたが、まずは本を読むことから始めるのが良いのではないでしょうか。その人のこれまでやってきた投資ノウハウを安価に学べるというのはすごいお得だと思います。

本を書いている人は、だいたいセミナーを開催していることが多いので、本を読んでよかったと思う人のセミナーに参加してみることもおすすめです。セミナーや勉強会に参加すると、不動産投資を実際にやっている人と知り合えるのもメリットですね。

大家さんをやっている友だちができると、いろいろ教えてくれたり、いい不動産会社さんなどを紹介してくれたりすることもあります。一人で勉強していると、よくわからなくなってきたり、不動産屋さんに言われたことも疑心暗鬼になってしまうことがあるんですが、先輩大家さんに会社の同僚や友人には言えないことを相談できるので、そのような環境をつくるののも良いと思います。

――本で知識をつけて、セミナーで知り合いを作る、ですね。

不動産投資家同士は、築年数が全く同じ物件を隣に持っていない限りはライバルになりません。たとえ隣に持っていても、戸建とアパートだったら入居者さんのターゲットも違います。だからみんな仲良くやれるんですよね。

失敗しないためには、自分の投資基準を作ること

――購入する金額が大きい分、失敗した時のマイナスが大きくなるのが怖いと思う人も多いと思います。奈湖さんが失敗しないために気をつけていることはありますか?

私の場合は、たとえ金利の上昇があったり、空室があったり、リフォーム代がかかったりしても、自己資金から持ち出ししなくてもいいように、「満室になったときにローンの返済額が家賃収入の50%を超えないようにする」というのを基準にしています。

それから建物をよくよくチェックすることですね。雨漏りしていないか、シロアリが食べてないか、建物が傾いていないか。修理する必要があったとしたら、どこにいくらぐらいかかるか計算しなくてはいけません。実は昔、雨漏りしていないと言われて買ったものが、雨漏り物件だったということがあったんです。修理代は保証してもらったからよかったんですけど、くまなくチェックすることは大事なことだなと思いましたね。

不動産投資は、人に言われたことを鵜呑みにせず、自分の投資基準をしっかり決めると失敗しづらくなります。人それぞれ何を基準にするかは異なると思いますが、まずは勉強すること、そして物件をたくさん見ること、その積み重ねが投資基準を作る上で何よりも重要ですね。

また、不動産投資を始めるときは、小さく始める方が安心です。例えば、相場が9000万円のものを1億円で買ってしまったら、その時点で1000万円の損ですよね。だったら、小さい物件を1個買ってみて、うまくいったら売却すれば良いんです。実際に利益を出せるということを実感することが、まずは大切です。

良い家に住みたいとか、流行の服を着たいとか、欲が一切なくなった

――不動産投資をしていて、収益が上がること以外に、良かったと思うことはありますか?

不動産投資を始めると、余計な見栄がなくなりました。昔は、良い家に住みたいとか、流行の服を着たいとか思っていたんですが、そんな次元のものを越えてしまったことをやっているので、他の欲がなくなったんですよね。不動産投資を始めようと思って、貯金を始めるようになってから価値観が変わりました。

ちなみに、今の収入も基本は全部貯めています。借り入れが大きくなると現金があった方が安心ですし、貯金が多くある方が銀行からの信用が上がるので。

毎月20万円の生活費が6万円に!貯金のコツは?

――投資をする前に、貯金することも重要ですよね。貯金のコツなどがあれば教えてください。

私の場合は、現状を把握することから始めました。何にいくら使っているのか、まずは全部書き出しましたね。賃貸で一人暮らししていたけど実家に戻りましたし、携帯代など毎月かかっているお金を1つずつ見直して、固定費を減らしていきました。

それが終わったら、生活費をひたすら下げます!カラコンもマツエクもやめて、自分にかけるお金は極力減らしました。それまでは月に20万円くらい使っていたんですけど、携帯代とかも含めて6万円ぐらいまでに切り詰めたときもあります。

――なんと、3分の1以下!それはすごいですね。辛くはなかったですか?

辛いっていうのはあまりなかったですね。1年後までにどれぐらい貯金ができるか計算すると楽しいんですよ。化粧品も今まで高いものを使っていましたけど、今はドラッグストアで完了するから楽ですよ。「なんであの頃あんなに無駄遣いしていたんだろう」って悔しくなるぐらいです(笑)

不動産投資は、お金がない人がお金を得るために始めるもの

――これから不動産投資に挑戦しようと思っている方へ、何かアドバイスをお願いします。

私は周りの人からずっと投資物件は買えないだろうと思われていたそうです。でも、みんな口には出さずに応援してくれていました。自分にもできるものだと信じてやってきたからよかったんだと思います。

重要なのは、「勉強」と「貯金」です。よくわからない物件は買わない、良いと思ったものだけ買うこと。それから、銀行はちゃんと返してくれる人しかお金を貸してくれないので、その指標となる貯金額を少しでも増やすことです。

投資に興味がある人で、株とか投資信託だと気軽に始められるけど、不動産は私にはできない、と勉強する前に諦めてしまう人もいると思うんですが、ちゃんと勉強して選べば買えるんだよというのを伝えたいです。不動産投資はお金持ちがやるものではなく、むしろお金がない人が、お金を得るために始めるものです。大丈夫です、実際に22歳のOLでもできましたから!

***

元ギャルというから、どんな方かと思いきや、私もまだまだ勉強中です、と終始謙虚な姿勢が印象的だった奈湖さん。地道な努力が身を結び、なんと6棟目の物件もすでに売買契約しているんだとか。すごい!

まずは、「勉強」と「貯金」をコツコツと積み上げて、あなたもOL大家さんを目指してみませんか?

取材に協力してくれたのは……

奈湖 ともこ(なこ・ともこ)さん

不動産投資家、OL、楽待コラムニスト、なこ大家の勉強会主催。1991年生まれ、東京出身。21歳のときに不動産投資を知り、22歳大学在学中にアパートを横浜市に購入。2017年6月現在、毎月のキャッシュフロー35万円を達成、年間家賃収入800万円。OLをしながら、物件買い増しを続け、多くの人に不動産投資の魅力を伝えていく活動をしている。著書に『元ギャル女子高生、資産7000万円のOL大家さんになる!』。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集