(写真=Versta/Shutterstock.com)

いよいよ気になる!眞子さまご婚約で注目のウェデイング関連銘柄10選

式場にドレスメーカー、眞子さまファッション関連も見逃せない

2017年5月16日、秋篠宮家の長女眞子さまが婚約されるとの報道がありました。

地政学リスクの高まりなどから物騒なムードが高まるなか、大学の同級生でさわやかなロイヤル・カップルの誕生は、明るい話題として日本中がお祝いムードで盛り上がっています。

ロイヤル・ウェディングは景気を刺激する

ロイヤル・ウェディングや芸能人など、セレブの結婚が景気や株式市場を刺激することはよくあります。イベントが大きくなるほど結婚ブームも盛り上がり、同じ年に結婚したいというカップルが増えることから、結婚ブーム、ハデ婚ブームになることも多いようです。

古い話になりますが、1981年、イギリスの王位継承第1位であるチャールズ皇太子とダイアナ妃のご結婚は世界中で熱狂的に報道され、ダイアナ妃の端麗な容姿と華麗なファッションは世界中にブームを引き起こしました。日本にも1986年に初来日し、前代未聞のダイアナ・フィーバーとなりました。当時の世界景気、株式市場に対する波及効果は計り知れないものがあったでしょう。

国内でダイアナ・フィーバーに匹敵するほどの話題になったのが、1993年、皇太子徳仁親王(浩宮さま)と雅子さまのロイヤル・ウェディングでしょう。

眞子さま, ロイヤル, ウェディング, 秋篠宮家, 特需, 連想, 買い, ご祝儀, 銘柄 (写真=neftali/Shutterstock.com)

清子さまご結婚で買われた帝国ホテル、ワタベウェディング

雅子さまはハーバード大学卒、東大大学院を経て、当時は外務省にお勤めでした。また、オックスフォード大学にも留学していたという、人もうらやむバリバリのエリート・キャリアウーマン。そのキャリアから皇太子妃になるというストーリーや、雅子さまのキャリア風ルックスとファッションは日本中の話題を独占しました。

結婚の儀の当日は、朝見の儀、結婚の儀、パレードとトータルで14時間生中継するテレビ局もありました。瞬間最高視聴率は、結婚の儀で77.9%、パレード終了直後に79.2%を記録。平均視聴率は、あさま山荘事件、昭和天皇大喪の礼に次いで、日本のテレビ史上歴代3位だったようです。皇太子様の結婚は、約3兆円の経済効果があったというシンクタンクの試算もあったほどです。

直近では、2005年に天皇陛下の長女清子さん(紀宮さま)が東京都職員の黒田さんと結婚し、清子さんは皇室を離れました。結婚式が行われた帝国ホテル <9708> の株や、結婚ブームを期待して結婚式場運営のワタベウェディング <4696> の株などが買われました。

眞子さまのご結婚で注目の10銘柄

今回も、報道があった翌5月17日には一部の銘柄に「ご祝儀買い」とも「連想買い」とも思える買いが入り、帝国ホテルは一時5.9%高、ワタベウェディングも5.3%高などとなりました。

特需が期待される筆頭はブライダル業界でしょう。結婚関連の市場規模は大きく、まず挙げられるのが、結婚式でブライダル業者やホテル、飲食関連など。ドレスや着物だけでなく、新婦さんの普段着なども注目されることから、アパレル関連も盛り上がります。

結婚指輪などアクセサリーの需要や婚礼家具の特需も発生します。マスコミも、視聴率増、ウェブサイトのアクセス増、雑誌の売り上げ増などが期待できますね。

ANDS NOTE(アンズ・ノート)とは?

※企業名には株式投資トレーニングツールANDS NOTEへのリンクが貼られています。気になる企業があれば、「買い注文」を押して株価の動きを体感してみましょう!

帝国ホテル <9708>

天皇陛下の長女清子さん(紀宮さま)と黒田さんの結婚式が行われたのが帝国ホテルでした。2005年の結婚式の会場が帝国ホテルに決まると、結婚式までに株価は約2倍になりました。もちろん、今回は婚礼場所がどこになるか分かりませんが、都内の有名ホテルである可能性が高いでしょう。

ワタベウェディング <4696>

ブライダル業界最大手で、海外挙式サービスの草分けです。ハデ婚がブームになればメリットは大きそうですね。ロイヤル・ウェディングで買われる代表銘柄です。

テイクアンドギヴ・ニーズ <4331>

「ハウスウエディング」のパイオニア。やはり、ハウスウェディングのハデ婚も増える可能性は十分に考えられるため、こちらも要注目銘柄といえるでしょう。

AOKIホールディングス <8214>

紳士服チェーンを展開しており、礼服は利益率も高いため大きな売上増となることも期待できます。また子会社にはハウスウェディングで人気の「アニヴェルセル」を運営していることからも、ダブルでメリットがありますね。

クラウディア <3607>

もともとトップクラスのウェディングドレスメーカーで、デザイナーズドレスを扱う先駆的存在。アーティスト蜷川実花とのコラボでも話題になりました。高級ドレスの売り上げ、レンタル増のメリットが期待されます。現在は、直営リゾート地や主要都市での結婚式場も運営しているため、ブライダル特需の恩恵をダブルで受けられるかもしれません。

アダストリア <2685>

ダイアナ妃や雅子さまのときは、お二人のロイヤルファッションが流行り、同じブランドや同じテイストのアパレルが売れました。眞子さまはといえば、お嬢様スタイルのフェミニン系ファッションといったイメージでしょうか。眞子さまが身に着けられていると雑誌で報道された「ローリーズファーム」を扱うアダストリアに注目が集まるかもしれませんね。

スタートトゥデイ <3092>

「ツケ払い」や中古ブランド買い取りで何かと話題のZOZOを運営する企業。眞子さまファッションやロイヤル・ウェディングがZOZOタウンで特集され、売上増となることも想定されます。

NEW ART <7638>

ブライダルジュエリーが主力です。結婚ブームになればメリットがあるでしょう。

大塚家具 <8186>

結婚ブームが起きれば当然、婚礼家具も特需が期待されます。

日本テレビホールディングス <9404>

ロイヤル・ウェディングでテレビの視聴率などが上がるのは必至でしょう。3年連続で視聴率「年間三冠王」の日テレも注目されますね。

ロイヤル・ウェディングからの連想で株式投資を考えるのは、とても楽しい知的ゲームのようなものです。紹介した銘柄以外にも、お宝注目株が見つかるかもしれません。ぜひ、まだ思い付かれていない銘柄を見出してください。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集