(写真=Alive-Film/Shutterstock.com)

100万円未満が最多!結婚資金としてカップルが貯めていた金額

結婚までの貯金額1位は男女ともに100万円未満

「結婚=お金がかかりそう」

そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。入籍自体にはお金はかかりませんが、結婚指輪の購入、結婚式、披露宴、新婚旅行、新居の準備、引っ越しなどを考えると、抑えたとしても確かに数百万円はかかってしまいます。今回は、結婚に必要となる費用を見ていきましょう。

結婚式にかかる費用はいくら?

「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」によれば、結婚式費用の平均は359.7万円です。主に挙式代、披露宴代、衣装代、料理・装花・引き出物、写真代などを含めた金額です。

もちろん、カップルによっては「披露宴をせずに挙式+親族のみの食事会にする」「リゾートウェディングにする」などと考え方は異なるため、あくまでも目安として考えておいてください。

また、結婚式の前後にもお金はかかります。それぞれ相場を見てみると、婚約指輪の購入や結納、新婚旅行代とそのお土産代など、結婚式を終えてから必要となる費用が75万円婚約関連費用が161万円新居への引っ越しや家具の購入費などは72万円となっています。

結婚式・披露宴のほかに、結納、婚約指輪の購入、新婚旅行、新居への引っ越し――といった諸々を全て行うと考えた場合、合計すると相場として約668万円がかかるということになります。

結婚にかかる費用と結婚資金は違う

結婚にかかるお金は、結婚式だけではありません。また、いわゆる「結婚資金」とも別のものです。「結婚にかかるお金」と考えたときは、結婚式だけでなく、新婚旅行や結婚指輪の購入、新居関連費用など、結婚の前後も含め、結婚にまつわる全ての費用のことを指しています。一方、結婚資金とは通常、「結婚式に必要な費用のこと」を指します。

結婚資金としていくら貯めておけば安心か?

結婚式にかかる費用の平均が359.7万円だということは先ほどご紹介しましたが、これを全て結婚する当人たちで貯めておかなければならないのかというと、そうでもないようです。

結婚式で入ってくるお金

挙式や披露宴をするならば、通常ご祝儀を頂きますし、両家の親族へのお披露目でもある結婚式や披露宴は、両親などからの援助があることも。「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」をまとめた「『結婚の費用』基礎知識|ゼクシィ」によると、
・ご祝儀の平均=232.3万円
・親からの援助額平均=189.4万円 となっています。ご祝儀額と親からの援助額を合わせると421.7万円となり、これは結婚式費用の平均を上回りますね。

ただし、親からの援助を受けない場合や、結婚式・披露宴の規模、ゲストの属性などによっても、入ってくる金額は変わってくるため、あくまでも目安として考えておくとよいでしょう。

ご祝儀や援助金だけをあてにして進めてしまうと、思ったよりもご祝儀が少なくて困った……」という事態にもなりかねません。ご祝儀をあてにして必要以上に豪華な式を計画するのではなく、無理のないプランを選びましょう。ご祝儀を受け取らずに会費制のパーティーなどにする場合も、ゲストが支払う金額は変わってくるため、注意が必要です。

次に、結婚に向けて貯めておくべきお金についても見ていきましょう。「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」によれば、結婚準備期間に貯めた貯蓄の平均は309.2万円でした。結婚式・披露宴の費用などに充てるための結婚資金だけでなく、結婚指輪、新婚旅行、結婚後の生活費などを考えると、300万円程度は準備しておいたほうがよいでしょう。

理想としては、結婚までにそれぞれが100万円程度を結婚費用として準備しておき、挙式の1年後を目標に、さらに2人で100万円程度を貯めるという方法が、無理なく貯められる目安といえます。

ここまでで、結婚にはお金がかかることは分かりましたが、「結婚費用がない=結婚できない」というわけではありません。予算が少なくても、必要でない部分の費用を削ることで、節約は可能です。結婚にかかるお金を節約する方法を挙げてみても

  • 結納を行わない
  • 婚約指輪を購入しない
  • 結婚式・披露宴の予算を抑える
  • 新婚旅行は国内やアジアなど低予算のプランを検討する
  • 新居を持たず、現在住んでいるどちらかの住居で暮らす
  • 家電やインテリアは独身時代のものを使うorディスカウントショップなどで購入する

実際の貯金額は?

これだけの方法が考えられます。では、結婚する2人が実際に貯金していた金額はいくらぐらいか、ゼクシィが2016年に20~30代の女性を対象に行ったユーザーアンケートで「結婚を決めた時のお互いの貯金額」を聞いたところ、次のような結果でした。

【女性側】
1位 100万円未満      =23%
2位 100万円以上200万円未満=19%
3位 300万円以上400万円未満=12%

【男性】
1位 100万円未満      =25%
2位 100万円以上200万円未満=16%
3位 200万円以上300万円未満=13%

男女ともに「100万円未満」が約20%を占めています。男女ともに、結婚を決めた時点では十分な貯金額があったといえる人はそれほど多くないようですね。そして、十分に貯金でないことが結婚しない理由にはならないともいえるでしょう。

結婚前に十分な貯金をしておくのが理想ですが、結婚を視野に入れた段階になってから2人で結婚費用を貯めるという選択肢もあるため、それほど心配することはありません。

結婚, 式, 費用, 貯金 (写真=FLUKY FLUKY/Shutterstock.com)

目標金額を決めて結婚費用を貯めよう!

結婚にかかるお金は、ご祝儀や親からの援助などで挙式・披露宴費用の一部を賄えたり、節約などの工夫をしたりすることで、ある程度は抑えられます。

「憧れの式場で結婚式を挙げたい!」「新婚旅行は海外へ行きたい!」などといった希望がある人は、まずは無理のない範囲で目標金額を決め、結婚資金を貯めることから始めてみては。そして、2人の間で結婚したい気持ちが固まれば、希望を伝えながら結婚にかかるお金の相談をして、計画的に進めていけるといいですね。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集