(写真=areebarbar/Shutterstock.com)

「残業のせいで恋愛がうまくいかなかった経験がある」が7割

あなたならどうする?

長時間労働は恋愛や結婚生活にどのくらい影響を与えるものなのでしょうか?

1カ月の平均残業時間が41時間以上の男女220人を対象に行われた「残業時間が恋愛・結婚に与える影響」に関するアンケート結果(婚活支援サービス パートナーエージェント実施)を元に、仕事と愛にまつわる経験談を読み解いていきたいと思います。

長時間残業は恋愛の支障に

Q. あなたは残業が長いことが原因で、交際相手とうまくいかなくなった経験がありますか?(複数回答可)

1位 一緒に過ごす時間が明らかに減ったことがある      38.2%

2位 相手に迷惑をかけた・我慢をさせたことがある      37.7%

3位 うまくいかなくなった経験はない            25.0%

4位 相手から迷惑をかけられた・我慢をさせられたことがある 15.9%

5位 けんかになったことがある               12.7%

アンケート結果から「交際相手とうまくいかなくなった経験がどれか1つでもあるという回答者(「交際経験がない」「答えたくない」は除く)」は72.1%もいることがわかりました。

交際を諦めて仕事に集中した人は15.5%

Q. あなたは残業が長いことが原因で交際相手とうまくいかなくなったときに、どう対応しましたか?

1位 相手に我慢してもらった       48.6%

2位 残業を減らす努力をした       31.7%

3位 交際を諦めて仕事に集中した     15.5%

4位 特に何もしなかった(保留にした)  14.8%

5位 上司(または社内の誰か)に相談した 13.4%

6位 転職した              9.2%

恋愛中ならば、「ごめん、今日残業が入って行けなくなっちゃった」とラインして、相手に我慢してもらうということになるのでしょうか。そんな、その場限りの対応をするケースは50%近く。

ですが、その場限りの対応をしている時には思いもよらなかった事態がその後待っているかもしれません。

恋人と残業が原因でもめても、なんの対応もしなかったケースは約15%。さらに「仕事が忙しいことを理解してくれないなら、別れる」と言うしかないのか、「交際を諦めて仕事に集中する」というマイナスの対応をするケースは約15%。

逆に、交際相手とうまくいかなくなったのは残業のせいだと認めて、積極的な対応をするケースでは、残業を減らしたり、上司に相談したり、転職したりするという人が約54%。実は、放置型やマイナス対応型よりも多いのが、積極的対応型ということになりますね。

残業, 恋愛 (写真=kaesunza/Shutterstock.com)

残業のせいで結婚相手とうまくいかなくなった人も7割

結婚している夫婦にとっては、残業が夫婦関係を脅かす理由になることはあるのでしょうか?同じ質問を、結婚相手との関係から答えてもらいました。

Q. あなたは残業が長いことが原因で、結婚相手とうまくいかなくなった経験がありますか?

1位 相手に迷惑をかけた・我慢をさせたことがある      30.9%

2位 一緒に過ごす時間が明らかに減ったことがある      29.5%

3位 うまくいかなくなった経験はない            21.8%

4位 けんかになったことがある               13.6%

5位 相手から迷惑をかけられた・我慢をさせられたことがある 12.7%

残業が原因で、結婚相手とうまくいかなくなった経験がある回答者(「結婚経験がない」「答えたくない」は除く)は69.8%。実に、約70%の人が、長時間残業を理由に、夫婦関係をこじらせてしまった経験を持っているという衝撃の事実がわかりました。

長時間残業は、恋愛中だけではなく、結婚後の夫婦関係さえ左右するファクターとなってしまうのです。

相手に我慢をさせている人が50%

Q. あなたは残業が長いことが原因で結婚相手とうまくいかなくなったときに、どう対応しましたか?

1位 相手に我慢してもらった       49.5%

2位 残業を減らす努力をした       36.0%

3位 上司(または社内の誰か)に相談した 17.1%

4位 特に何もしなかった(保留にした)  13.5%

5位 諦めて仕事に集中した      12.6%

6位 転職した              11.7%

さきほどの恋愛中のケースと同様にこれらの回答を筆者なりに分類してみましょう。

その場しのぎ型が約50%。放置型は13.5%。マイナス対応型が12.6%。積極的対応型が約65%。恋愛中には約54%だった積極的対応型が、結婚している夫婦の間では約65%に上昇しました。マイナス対応型も、約15%から約13%に、ほんの少しですが下落しました。

放置型もマイナス対応型も、限りなく「ゼロ」に近づいてほしいというのが筆者の本音ではありますが、実際は、仕事をしている本人が、残業を楽しんでいるのかどうかが、相手との関係を左右するファクターになるのではないかと思っています。

プレミアムフライデーを利用したのは12人

残業を減らし、積極的にワークライフバランスを追求する試み「プレミアムフライデー」。

アンケート回答者220人のうち、導入から2カ月でこの制度を利用したことがある男女は5.5%、たったの12人程度でした。また、勤務先でプレミアムフライデーの制度が導入されているのに、「仕事が終わらない」「自分は利用しなかった」というケースが合わせて12.8%もありました。

制度があっても利用するかどうかは本人次第ということなのか、それとも、上司や職場の雰囲気次第ということになってくるのでしょうか。

残業が必要なのか、恋人や夫婦関係に時間を割くべきなのか、本人が迷ってしまうということもあると思います。ただ、7割もの人が「長時間残業で恋愛がうまくいかなかった」と経験している事実を直視して、ワークライフバランスを考えていけるといいですよね。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集