(写真= Spotmatik Ltd/Shutterstock.com)

老後をなくす準備を。『定年男子 定年女子』に学ぶ、金持ち老後のハウツー

今からの学びが老後にきっと役立ちます!

老後に関する不安は、どれだけ投資にかけ、節約に心がけてもぬぐえないものです。しかし、実際に定年してみないと分からない現実もいろいろとあるのではないでしょうか。

Amazon・Kindle版で売れ筋ランキング1位(5月4日現在)、今話題の本として『定年男子 定年女子 45歳から始める 金持ち老後入門』(大江英樹・井戸美枝著、日経BP社)があります。

定年男子こと、著者の一人である大江英樹氏は65歳。元金融マンで、現在は経済コラムニストです。そして、定年女子こと、もう一人の著者である井戸美枝氏は58歳。日本イチ年金通の社会保険労務士。二人はまさに、定年世代を迎えたお金のプロであるといえます。

男女の立場や視点で、さまざまな切り口から、定年後の現実や準備しておくべきことが書かれている『定年男子 定年女子 45歳から始める 金持ち老後入門』より、今からできる金持ち老後を迎えるための方法をご紹介します。

年金はもらえる。問題はいくらもらえるか?

井戸氏によると、セミナーなどで若い世代から必ず受ける質問として「自分たちは、将来年金を受け取れるのか」ということがあるそうです。これについては、2004年、政府はおおむね100年にわたり、年金制度が健全性を保たれるように財政検証をしているため、受け取り時期が遅くなったり、金額が減ったりすることはあるにしても、ゼロになることはまずないといいます。

しかし、自分の受取額がいくらなのかを正確に知っておくことが大切です。「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」で分かる見込み額をもとに一覧表を作ることを井戸氏は勧めます。

金額はざっくりと万単位で、公的年金のほかに、企業年金、個人年金保険など、退職後に入って来るお金を今からおおまかに出しておきます。そこにざっくりの生活費を試算して、年金収入との収支のシミュレーションを行うのです。

すると、退職後の生活費のベースが公的年金であるとしても、将来的に年金だけで生活をすることは難しく、年金以外にも老後のお金(蓄えか収入)が自分の場合はいくらくらい必要であるかということが分かります。

このように、まずは退職後の現実的なお金の収支を、今の時点で把握しておくことが、第一段階として大切なことであるといいます。

「老後」をなくす準備を早めにしておく

大江氏は、老後の不安をなくすには、「老後」をなくせばよいといいます。つまり、生涯現役で働き続けると、老後につきまとう不安である「貧困」「病気」「孤独」が解消されるからです。

そして、生涯現役には、「再雇用」「転職」「起業」といった3つの選択があります。定年してから次のことを考えるのではなく、40~50代のうちに、自身のスタンスの修正や人脈づくり、新しい仕事の適性など、次のステージに向けてふまえた行動をしておくことが大切なようです。

例として、定年夫婦の家計赤字は、平均で年100万円であるといいます。つまり、65歳の時点で、月約8万円稼げる仕事があれば、ぐっとハードルが下がると井戸氏もいいます。シングル女性も、定年後に働ける環境を40代のうちからシミュレーションしておき、70歳まで働いていれば、それだけの資産を持っていることと同じであるといえるのです。

定年男子, 定年女子, 老後, 金持ち (写真= Dmytro Zinkevych/Shutterstock.com)

病気と介護にかかるお金の実際とは

井戸氏は、医療と介護にかかるお金は、ひとりあたり800万円あれば、ある程度のサービスを受けつつ息をひきとれるのではないかといいます。特に介護は、女性の人生においては三度あります。第一の介護は親、第二の介護は既婚者の場合は夫、そして第三の介護は自分自身の介護です。特に、最後の介護は、自分のためにも必要なお金をしっかりと試算しておくことが必要です。

また、終末期まで過ごせる介護施設は、公的なものと民間のものに分けられます。民間の有料老人ホームとなると、入居から終末期まで、介護保険を使っても自己負担分は総額で1500万~3000万円になります。

できる限り、健康な体で人の手を借りずに長く生きられるように、体調管理に気をつけておくことも、貧乏老後を防ぐひとつになるようです。

実態を把握して、老後不安のもとを解消しておく

どんな不安にも共通することですが、実態をしっかりと把握できていると、打てる対策がクリアに分かり、将来に対してやみくみに不安になることはないのかもしれません。

老後にむける心構えを持ちながら、今からできる具体的な対策を打って、アクティブな定年後を迎えたいものですね。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集