(写真=ptnphoto/Shutterstock.com)

銀行に預けているだけではお金は増えない。アラサーから考えたいお金の「働き先」

「将来のためにお金を増やしたい」と思ったときに読む本 #01

アラサーの女性の中には「お金とどう付き合っていけばいいかわからない」という人も多いのではないでしょうか。この記事では、若いうちからお金と向き合い、お金を増やしていくための第一歩を学ぶことができるノウハウが詰まった書籍『20代からはじめたい「将来のためにお金を増やしたい」と思ったときに読む本』(中野晴啓さん著、ゴマブックス刊)の内容を紹介します。

金融会社で資産運用業務を経験し、現在はセゾン投信株式会社社長を務める中野さんが考える「お金との付き合い方」。初回は、なぜ銀行にお金を預けるだけではダメなのか?についてのお話です。

※以下、書籍より抜粋

Q. お金を将来のために、今まで通り銀行に預けているだけではダメなのでしょうか?

みなさんの親世代、僕の若い頃までは、預金をすると銀行が金利を払ってくれました。

僕は社会人になって、初めての取引先の銀行員の方にこんなアドバイスをいただきました。

「中野君、とにかくこのまとまったお金を銀行で定期預金して、6ヶ月ごとにずっと継続してごらんなさい。それだけで、将来大きなお金になるよ」

1987年、国債金利が5%以上あった頃です。半年複利の定期預金を14~15年継続すると、元金が2倍に増えるほどの高金利水準でした。

さらにさかのぼって、僕が学生の頃のことです。1980年代に、両親が一生懸命やっていたのは「定額郵便貯金」でした。これは10年で満期になる郵便局の金融商品です。

80年代前半までの日本は、100万円を郵便局に定額貯金して、10年後に満期が来て下ろしにいくと、200万円になっていました。まさに倍になる『夢の金融商品』です。それだけ金利水準が高かったのです(年率約7%)。

こんなことが預貯金でできれば、〝預金をしておけば安心〟と思うのは当然の発想です。

預金をしておくだけで、何の努力もなくお金が育っていく。これが当時の常識でした。

ところが、20代のみなさんは、生まれてこの方、物心ついたときから銀行の金利はほぼゼロだったはずです。

現在は「マイナス金利時代」が始まり、さらに銀行金利が下がりました。そうは言うものの、減少幅は五十歩百歩と言ってもよいくらいの大きさです。今お金を銀行に預金しても、お金が何も新しいものを生み出してくれない事実は、みなさんもうご存知の通りです。

これが預金に対する親の世代の感覚と、みなさんが本能的に気づいている「これじゃあだめなんだろうな」という感覚の最大の違いです。

現在では、預金をそのまま置いておくと、お金はほとんど新しい富を生めません。すなわち、お金を〝失業させてしまう〟ことになります。

お金を、自分で別の場所に動かし、お金が新しいお金を生み出すところに働きに出す。この意識を常に持っていてほしいと思います。

一方で「預金はゼロでもいいんですか」との質問をよくもらいます。

僕自身はほとんど預金をもっていません。銀行口座には、必要最低限の、毎月の生活ができる程度にしか預金していません。なぜなら〝もったいない!〟と思うからです。

お金は、「いつも元気で働きたい」とやる気満々です。それを銀行に預金しておくのは、働くことを許してもらえずに、自宅謹慎させられているようなイメージです。

ですから、すぐに使わないお金は「どこで働かせてあげたら、一番喜んで元気に働くかな」と考えながら投資しています。

みなさんは20代ですから、余裕のあるお金を持つことは少ないかもしれません。また、いざという時に最低限必要なお金を確保しておくことは、社会人として大切な心構えです。

それでも、すぐに使わないでいいお金ができた際には「どこかに元気に働きに出そう」という意識を、持っていてほしいのです。

この本をきっかけに、お金の働き先を一緒に考えてもらえたら、と願っています。

A. 僕自身は、毎月生活ができる必要最低限しか預金していません。なぜなら「もったいない」からです!

#02に続く)

【『20代からはじめたい「将来のためにお金を増やしたい」と思ったときに読む本』はこちらから】

【そのほかの記事はこちら】
#01 銀行に預けているだけではお金は増えない。アラサーから考えたいお金の「働き先」
#02 「ウナギ屋に行く」も投資のひとつ。生き方を「松」にするために
#03 「よかったな、また下がった」と思えたら立派な長期投資家
#04 「投資し続けたら、お金を使う前に死んでしまう」の勘違い
#05 本気モードで老後に備えよう。「iDeCo」「NISA」虎の巻

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集