(写真=sunabesyou/Shutterstock.com)

20代〜40代が結婚式のご祝儀で包む金額の相場はいくら?年代別に解説

友人はどの年代でも3万円が主流でした

ご祝儀は、結婚する2人に対する祝福のかたちの一つ。でも、実際のところ一体いくらぐらいが適当なのか、よく分かっている人はどれぐらいいるでしょう。また、包む額に相場があることは分かっていても、それが年齢によっても変わるのか、間柄だけ考えておけばいいのかなど、気になっている人もいるのでは?

今回は、ブライダル情報の口コミサイトみんなのウェディングのデータを参考に、年代別のご祝儀の相場をご紹介します。

ゲストの年代別でご祝儀の相場はどう変わる?

みんなのウェディングによると、ご祝儀や結婚祝いを贈る相手別、年代別の金額相場について、次のようにまとめられています。

20代ゲストのご祝儀相場:友人・知人、同僚…2万~3万円

2万円~3万円が相場という結果ですね。ご祝儀に偶数は適さないとされていることから、1万円か3万円か考えたときに1万円では格好がつかない……という理由もあるかもしれません。

20代ではまだ学生であったり、社会人数年目という人も多いでしょう。また、現代の20代は独身者が多いことも影響しているかもしれませんね。

学生や社会人数年目の人にとって、金銭的に余裕がある人はそう多くないと考えられる20代。特に20代前半なら、ご祝儀額を2万円としても失礼というわけではありません。「別れる」意味を持つ偶数「2」を避け、1万円札1枚+5千円札2枚のように、お札の枚数を奇数にすれば大丈夫です。

3万円を包むのは厳しいけれど、何かお祝いを渡したいという人は、ご祝儀の額を少なめにし、結婚祝いのプレゼントをつけるのもいいですね。

20代ゲストのご祝儀相場:兄弟・姉妹などの親族…5万円

兄弟・姉妹などの親族が相手の場合、ご祝儀の相場は5万円。関係性の深い身内へ贈るご祝儀は、友人や職場関係者よりも多めに見積もっておくとよいでしょう。

30代ゲストのご祝儀相場:友人・知人…2~3万円

30代ゲストのご祝儀相場:同僚…3万円

30代ゲストのご祝儀相場:兄弟・姉妹などの親族…5万~10万円

ゲストが30代でも、金額自体は20代とそう変わらないようです。とはいえ、30代にもなれば大半の人がいくらかの社会人経験を積み、20代の頃よりは収入がアップしていると考えるのが一般的でしょう。親族へ包むご祝儀は、20代の頃と比べて多く包む傾向にあるようです。

また30代は、友人や職場関係の結婚式や披露宴に出席する機会も増える頃。よほどの事情がない限り、単身で出席する場合、ご祝儀には3万円を包むのがスマートな対応といえます。

ただし、会費制の結婚式・披露宴では、新郎新婦がご祝儀を断っているケースも少なくありません。ご祝儀の代わりにお祝いを贈りたいのであれば、ご祝儀相場の1/3~1/2程度で相手の負担にならないプレゼントを贈るとよいでしょう。兄弟・姉妹といった親族へのご祝儀も、20代と大差はありません。

40代ゲストのご祝儀相場:友人・知人、同僚…3万円

40代ゲストのご祝儀相場:兄弟・姉妹などの親族 …5万~10万円

40代は、キャリアを積み、収入もしっかり得られる年代と考えられますが、友人や職場関係の人へのご祝儀額は、3万円が主流であるという結果になっています。

一方、親族に包むご祝儀の相場は、30代と同じく5万円~10万円。40代ともなれば結婚している人も多く、身内へのお祝いに、家計からある程度の額を捻出できるということでしょう。

結婚, ご祝儀, 相場, 結婚, 式 (写真=fizkes/Shutterstock.com)

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀を入れるご祝儀袋は、必ず水引が「結びきり」になっているタイプを選びます。水引には「結びきり」のほかに「蝶結び」もありますが、こちらは結び直しができる結び方であることから「何度でも」という意味を持ち、出産祝いやお歳暮・お中元、記念品などに適しています。結婚のお祝いにはふさわしくないため、一度結ぶとほどくことができない「結びきり」を選ぶよう、注意しましょう。

ご祝儀袋は、包む金額によって使い分けが必要です。ご祝儀の額が3万~5万円程度の場合、水引にシンプルな装飾が入ったタイプを選びます。ご祝儀の額が5万円以上の場合には、水引が大きく華やかな装飾のあるタイプが適しています。

親しい友人向けであれば、カラフルな水引や現代的なデザインなど、カジュアルなご祝儀袋を選んでも問題ありませんが、贈る相手が上司や取引先といった仕事関係の人なら、伝統的なご祝儀袋が無難でしょう。

ご祝儀袋と金額の格を合わせることも大切です。例えば、水引に鶴亀などのおめでたいモチーフが組み込まれているような豪華なデザインのものは、10万円以上の高額なご祝儀向けです。包む金額が少ない場合はシンプルなタイプをおすすめします。

また、水引が印刷されているタイプは、主に現金書留で送るときなどに使用するご祝儀袋です。金額が少ないからといって、印刷ものは避けましょう。

自分の年代にふさわしいご祝儀を包もう

無理をして高額なご祝儀を包む必要はありませんが、結婚式・披露宴に出席する際に渡すご祝儀は、お祝い金以外に、会場で振る舞われる食事や飲み物などの料金が含まれていると考えるのが一般的です。

相場よりあまりに少ない額を包むのは、常識がないという印象を与えてしまう可能性もあります。お世話になった人や大切な人の門出を、気持ちよくお祝いできるよう、相場を把握するなど、前もって準備しておくことをおすすめします。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集