(写真=Life morning/Shutterstock.com)

気持ちが伝わるギフトは?結婚祝いで喜ばれるプレゼントランキング

結婚を祝福する気持ちを表すのにふさわしいアイテムは?

友人や会社の仲間など、親しい人やお世話になっている人から結婚の報告を受けたとき、祝福の気持ちを表すものとして、結婚祝いを贈りたくなりませんか? 私自身も、結婚したときに周囲の人から心のこもったプレゼントを頂き、とてもうれしかった思い出があります。

今回は、結婚祝いを選ぶときの参考にしていただきたい、お祝い品の金額相場や、結婚祝いで人気のギフトなどをご紹介します。

結婚祝いとは?

結婚祝いとは、結婚が決まった相手に「ご結婚おめでとうございます」という祝福の気持ちを込めて、品物や現金・商品券などを贈ることです。友人や会社の同僚、先輩・後輩など、親しい人やお世話になった方に贈ることが多いですよね。

結婚祝いは基本的に、相手が結婚式を挙げる場合には、挙式の1カ月前~1週間前頃までのタイミングで渡します。相手が結婚式・披露宴をしない場合は、入籍報告を受けてから渡します。なかなか会う機会がなかったり、遠方に住んでいて手渡せない場合は自宅に送るのがいいでしょう。

結婚式・披露宴に出席する際にはご祝儀を持参するのがマナーですが、ご祝儀と結婚祝いの品を両方を贈らなければいけないものではありません。そのため、結婚式・披露宴に出席してご祝儀を渡す場合や、招待を受けたけれど出席できないためご祝儀を現金書留郵便などで送る場合は、結婚祝いを贈らなくても失礼にはあたりません。

もちろん、ご祝儀と別に結婚祝いを贈るのも大丈夫ですし、結婚式・披露宴が身内のみの少人数形式であったり、会費制の二次会や結婚披露パーティのみに参加するといった場合は、新郎新婦がご祝儀を辞退していることもあるでしょう。そのようなときには、結婚祝いを贈ると喜んでいただけるのではないでしょうか。

また、単独ではなく、会社の同僚や友人グループなど何人かが集まってお金を出し合い、結婚祝いを贈ることもありますよね。予算が上がれば、お祝い選びの幅も広がります。

結婚祝いを贈るシチュエーションとしては、

  • 結婚式・披露宴の予定がないのでお祝い品を送りたい
  • 結婚式・披露宴に出席しないのでお祝い品を贈りたい
  • 二次会や結婚パーティの参加のみでご祝儀を渡さないので、お祝い品を贈りたい
  • 同僚や友人グループなどでお金を出し合い、お祝い品を贈りたい
  • 特別親しいので、ご祝儀とは別にお祝いも渡したい

このような場合が考えられます。逆に言えば、このような場合に贈るものと思っておいてもいいでしょう。

誰の結婚式かで金額も変わる

結婚祝いの金額の相場は、特に決まっているわけではありません。けれども、結婚祝いの一つでもあるご祝儀には一般的な目安が知られています。例えば、ご祝儀と結婚祝いどちらも贈りたい場合は、まずご祝儀の相場を見てみましょう。

ゼクシィが挙式や披露宴をした、もしくは予定があった読者を対象に行った全国調査「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」によると、首都圏・東海・関西の平均ご祝儀額は、

  • 友人=3万円
  • 上司=4万円
  • 親族=6.6万円
  • 恩師=3.8万円

という結果でした。

結婚する友人にご祝儀と結婚祝いの両方を渡したい場合、例えばご祝儀を2万円に、お祝いとして1万円程度のプレゼントを贈ったり、ご祝儀を3万円とし、お祝いには数千円程度の贈り物をするなど、ご祝儀額の3万円を目安に調整するといいでしょう。

ただし、ご祝儀の目安金額は自分の年齢、自分と贈る相手の関係性、地域によっても変わってきます。そして、結婚祝いは祝福の気持ちを伝えるもので、厳密に金額が決められているわけでもありません。あまりに高価なお祝い品は、人によっては逆に気を遣わせることになったり、内祝い(返礼品)に困る可能性も。相手との関係性や予算に応じて、柔軟に考えて予算を決めることをおすすめします。

結婚祝い, 予算, 相場, 祝儀 (写真=Kzenon/Shutterstock.com)

結婚祝い人気ランキング

せっかく結婚祝いを渡すなら、相手に喜んでもらえるもの、長く使ってもらえるものを選びたいですよね。結婚祝いのプレゼントでは、どのようなアイテムが人気なのでしょうか。

ブライダル情報サービスの「みんなのウェディング」が行った結婚祝いについてのアンケートから、「最も嬉しかったものは何ですか?」の回答を見てみると、

  • 第1位 キッチン用品=17%
  • 第2位 ティーカップ、グラス=12%
  • 同率2位 現金、商品券=12%
  • 第4位 家電=11%
  • 第5位 食品=10%

という結果になっています。具体的にはどのようなものが喜ばれるでしょうか。

キッチン用品

多くの結婚生活では、食事のために料理をして夫婦で食卓を囲むシーンが日常の中に入ってきます。そのうえでも、キッチン用品は非常に実用的かつモチベーションを上げてくれるアイテム。特に、デザイン性が高く高価な多機能鍋や圧力鍋など、独身時代は持っていなかったようなアイテムは重宝しそうです。

同アンケートでは、料理をあまりせず「あまり料理をするほうではなくて、圧力鍋も使ったことなかったのですが、今はかなり使っていて、とっても助かっています。(30代後半女性)」といった声があります。まな板やトングなどを、デザインをそろえて贈ってもよいでしょう。

ティーカップ、グラス

ペアセットでもらうことの多いティーカップやグラス。特に高級ブランドのものなど、ダンは自分で購入しにくいアイテムは嬉しいものです。同アンケートでも、お祝いでもらった高級シャンパングラスを記念日などで使っているという声が紹介されていました。

コーヒー好きにはコーヒーカップを、お酒が好きな相手にはビールグラスやワイングラスをチョイスするなど、夫婦のライフスタイル・好みに合ったものを選べば、より喜んでもらえそうですね。

現金、商品券

結婚式・披露宴、新居への引っ越し費用など、結婚生活のスタートには何かとお金がかかります。また、結婚祝いに人気のある品は他の人も贈っている可能性も高く、カブってしまうことも。同アンケートでも、「用途がなければ荷物になってしまうので、貰い手が自由に選べるものが嬉しいです(30代前半女性)」などの声がありました。

現金や商品券なら、贈られた相手が好きなタイミングで必要なものを購入できます。実用性の最も高い贈り物の一つといえますね。

家電

家電も日々の生活の必須アイテム。現代は共働きの夫婦が多く、効率よく家事ができる家電製品は、もらうとありがたいと思うものが多いジャンルです。

具体的には、ミキサー、ホットプレート、空気清浄器、高機能掃除機など、長く使え、いつか必要になる可能性が高いアイテムが人気です。また、デザイン性に優れたものだと贈り物感が増しますね。

同アンケートでも、空気清浄機をもらった回答者の「子供が生まれてからめっちゃ使うようになったから、もらってよかった」という声がありました。

食品

消耗品である食品はもらっても困ることが少なく、いつの時代でも人気のギフトです。例えば、ブランド牛などの高級食材、お茶やコーヒー、スイーツ、有名店のパン詰め合わせ、ドレッシングのセットなど、夫婦で楽しめるものが良いでしょう。

同アンケートの回答には、「山形出身の友人夫婦にもらった山形牛のセットです。理由は、普段食べられないもので、とても美味しかったからです(30代前半女性)」「有名なお店のデニッシュパン・クルートのセットでした。高いものなので普段買うことは絶対にないし、美味しくいただけた(30代前半女性)」といった声もありました。

食品を贈る場合は、ある程度の期間保存が効くものや、手の出しにくい老舗・有名店の商品などが喜ばれる傾向にあります。もちろん、夫婦の食の好みや苦手な食べ物・飲み物などは事前に確かめておきましょう。

結婚祝いは新郎新婦に喜んでもらえるものを

繰り返しになりますが、結婚祝いは「祝福の気持ち」を伝えるものです。とはいえ、実用性のないものや、いかにも安価であることが分かるものを贈るのは、お祝いの精神からもあまりおすすめできません。

失礼にあたらず過剰でもない予算の中で、夫婦の結婚生活に役立つプレゼントを選んで贈るといいですね。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集