(写真=DAILY ANDS編集部)

「女性は予測がすごく大変」株で数百万円稼いだ男子学生インタビュー【後編】

化粧品、美容整形など「女性の消費」に注目しています

中学の授業をキッカケに株の楽しさに目覚め、学生時代に株式投資で数百万円稼いだ経験をもつ伊藤康史さん(仮名、22歳)へのインタビュー後編です。

学生時代は「バリュエーション」というかなり本格的な手法で投資を実践してきた伊藤さんに、これから気になる業界について聞いてみると、「30代、40代の女性の消費ですね」との返答が。

初心者におすすめの投資法などを交えて、これから注目の業界について深掘りします!

※インタビューは2017年3月に行われました。伊藤さんは2017年3月に大学を卒業し、4月から金融機関に勤めています

自分の強みを生かして投資をしよう

ーー初心者にお勧めの投資法とかあったら教えてもらえますか?

初心者はみんなわかんないと思うので、まずはわかる人に聞くということも大事です。自分のポジショントークとしてはもっとアクティブファンドを買ってもいいんじゃないかなって思うところはあります。何もわからなくて投資して大損して株が嫌いってなる人が本当に多いんで、それよりは最初にプロに預けてみて、同時に自分でもやってみて、成績を見比べつつ比較しつつ、自分はどういった強みがあるのかを知って、そこを生かしてやっていくのがいいのかなって思います。

俺の場合、今年格付投資情報センター(R&I)の「R&Iファンド大賞」で最優秀賞を受賞した「MHAM新興成長株オープン」という投資信託と成績を見比べていました。

ーーふむふむ、なるほど。

あとはお勧めの投資法って言ったらなんだけれど、実世界で起きていることが結局売上になっているので、そこに注目するのも良いと思います。

たとえば昔俺がけっこう注目していた脱毛サロンのミュゼプラチナム。RVHという会社があるんですが、RVHの株は、決算が絶対いいと思ったので買って、決算終わって落ち着いたら売りました。20〜30%くらい上がりましたね。

ーー脱毛サロンですか!

脱毛している女性がめちゃめちゃ増えているっていうのは実感として思っていたんです。そういう身近な自分が持っているほかの投資家より先に得られる情報だったりとか、消費の状況っていうのをとらえて、この株価が伸びるんじゃないかってところを予測していくっていう、自分の強みを生かした投資はいいと思います。

ーー女子大生が身近にいるからわかったわけですね。

女子大生は水商売のバイトやパパ活とかそういうのやっていない限り、バイトでもせいぜい月10万円ぐらいしか稼げなくて全然お金がないはずなのに、月に2万とかかけて脱毛とかやっていた。普通から見たら狂気の沙汰なんですけど、でも彼女からすればすごくいいサービスなんだろうと思います。

必要としてて、ちゃんとお金を払う価値があると認識してる。そしたらやっぱり伸びますよね。

ーーあー、なるほど。でも、株価が上がって儲かることもあれば、逆もあるんですよね。いいと思っていたのに下がっちゃうとか。

そうですね。今持ってる株とかけっこう下がってて、マイナス5%くらい含み損抱えつつも別にまあいいかなって思っています。

ーーちなみにどういう系の株とか持っているんですか?

小さな化粧品の会社なんですけど、その会社って普通の化粧品会社と違って医療をもととした商品開発をしているんです。マーケティングがあまり上手じゃないんですが、これからのことに期待して投資するみたいな。まあ3倍くらいになればいいかなって思っています。

imageTitle (写真=DAILY ANDS編集部)

女性向けサービスに注目するワケ

ーーなるほど。結構、あれですね。女性向けのサービスを扱う会社を買うんですね。

全然買います。お金がどう動いているか絶対見ているから。でも女性は予測するのがすごく大変。たとえばエッグスンシングスってめちゃめちゃ流行ったじゃないですか。でも今はほとんど流行っていないじゃないですか。女性向けのサービスって、一過性のものはバーンと流行ってすぐに落ち着いちゃう。だからすごい予測するのが難しい。

動向が早くて、あと流行りものに乗っかっていきたい人がめっちゃ多いんで、そういうのを予測するのはけっこう大変なんです。でも安定した給料があるような、たとえは30とか40くらいの女性とかのほうが安定した消費はするので、そういうところで予測していくみたいな。

ーー今どきの女性は皆さん、お金持っていますからね。そういう人たちが何にお金を使っているかっていうことですね。

それをひたすら追っていて、電車とかでスマホアプリ何やってるのかとかきょろきょろ見て、こういうのやってるんだ、みたいな。

ーー最近はどういうゲームが流行っているんだろう……。

最近はみんな割れています。結局今ゲームがおもしろくてやっているんじゃなくて、キャラクターが好きだからやっているっていうのが今すごく多いので、俺はゲーム業界については悲観的に見ています。

ーー逆に今30、40くらいのお金を持っている女性のなかで今流行ってそうなものっていうのは何ですか?

明らかに整形だと思います。整形と美容の肌のケア。

ファッションって安くてもいいものがいっぱい出てきちゃっているので、あんまりお金を使わなくなっている。それ以外に何にお金を使うかっていうところで、人それぞれだと思うんですけど、やっぱり若くいたいっていう思いは、まだ手厚いニーズがあるかなと思ってます。

あとは今、SNSで顔をアップすることが昔の数千倍になっていると思うんですよ。だから相場感として、自分の美容に気を遣う人、美容整形する人も絶対増えていくと思いますし、35とか40とかになったときに、もっと若くいたいっていう人が付加価値のある化粧品を買っていくだろうって予想しています。

imageTitle (写真=DAILY ANDS編集部)

投資を広める活動をしたい

ーー就職先ではどんな職種に就きたいですか?

いろんな職種がある総合職なので、自分がどこに行くか正直わかんないです。初期配属としては、商品企画か商品プロモーション、投資を広めるようなところに行けたらなと思っています。

ーーへ〜、意外です。なんかもっと運用に近いほうが行きたそうなのに。

運用に近いところもウエルカムですけど、運用の世界って数字が勝負なので、今自分が適当に飛び込んでも、たぶん優位性がないんですよ。

ーーこれからのキャリアプランは?

就活でよく言ったのは、もっともっと日本人が投資できるような環境を作っていくっていうことです。

正直今、証券会社の営業とかはもう限界だと思っていて、昔バブルの頃は証券会社が営業をかけてその人たちがいいサポートをすることによって投資家の人たちを育ってきたと思うんです。

でも今、営業マンのアドバイスを受けていた人が60歳から80歳くらいになって、いつか絶対に亡くなっちゃうので、これからその子どもの世代にどんどんお金が回っていっちゃう。そういった人が次にどういった投資スタイルになっていくか考えたときに、信託銀行にそのまま行くかって思ったら、たぶんみんなそうはならないと思うんです。手数料が高いですし、今はネットでも簡単に大手証券会社と変わらない情報が手に入りますから。

ただそういったときに、対応できる商品を作っていくようなことがしたい。別にみんながトレーダーとして自発的に投資をしてほしいとは思っていないんです。

別に投資なんてしても、誰も幸せにはならないじゃないですか。

ーー投資をしても幸せにならないというのはどういう意味ですか?

結局人って、飯食って、あったかい布団で寝て、結婚して、子どもができて……そういったところに幸せを感じるじゃないですか。投資をしてお金を増やすってことはすごい大事なんですけど、投資自体には直接的に人を幸せにできるわけではないんです。

間接的にはめっちゃ人を幸せにできると思うんですけど、たとえば投資に超プロフェッショナルがいて、みんな投資だけうまくなりましたって言っても絶対iPhoneは生まれないです。世の中を前進させていくというときに、投資家が目立っちゃいけないんです。

ーーあくまでも支えていくと。

支えていく。そんな感じでうまくやっていくというのがプロの役目かなって。今、投資家が目立ちすぎちゃっているので。直接的に人を幸せにしているところはもうちょっと目立ってもいいんじゃないかな、みたいな。

ーーどうして日本に投資を広めていきたいと思うんですか?

個人的な思いなんですけど、いま、日本企業の株って外国人投資家が買っている割合の方が高いんです。そうすると、株は相対的に割安になるし、日本人が日本企業の株を買わないと、日本の企業は外国人のために働いているような感じになるんですよね、資本的には。

そうすると日本の人はあんまり幸せにならないなと思うし、誰のために働いているの?って。そういう状況は、あんまり自分は好きじゃなくて。

長期的にお金を預けるってことは、本当ならば儲かる行為なんですが、今はお金を預ければ増えるんだって認識があんまりないので、そこをまず増やしていくことで、自分のお金を増やしたりとか、日本全体として物価が上がらない状況を打破できるんじゃないかなって思っています。

投資をして、自分のお金を、お金を必要としている誰かに渡して、その人ががんばって成長してくれてお金を返してくれるって、そういう温かい循環が生まれたほうがいいのかなって思います。

ーー日本経済をあっためるというか、元気にしてくれるというか。

そうですね。割安すぎる水準を直していくってところと、すごいアイデアを持っているのにお金がなくて苦しんでいる人は絶対いるんで、そういう人にうまくお金が行きわたって、iPhoneとか新しいものができて、みんなの生活が豊かになれば、幸せじゃないですか。そういうところをうまく導いていけるような投資家として広報活動を行っていきたいなって思ってます。

ーーありがとうございました!

若い人からエールを受けて

若い人からエールを受けながら、資産運用の長い旅を前に進めていくのも素敵です。とにかく、資産運用をするにはモチベーションが何より大切だから。

伊藤さんとまた別の機会にもお会いすることを願いながら、取材をしたカフェを後にしました。(株で数百万円稼いだ男子学生インタビュー、おわり)

今回、取材に協力してくれたのは…

imageTitle (写真=DAILY ANDS編集部)

伊藤 康史さん(仮名、22歳)
大学1年の頃から株式投資を始め、学生時代に数百万円稼ぐ。金融機関でインターンシップを経験した。首都圏の大学を2017年3月に卒業、4月から証券会社に勤めている。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集