(写真=vectorfusionart/Shutterstock.com)

きょうは「アクティブシニアの日」。老後を豊かに過ごすためのおすすめ記事7選

今を楽しむために、不安の種をなくそう

4月28日は「アクティブシニアの日」。由来は「日本中のシニア世代を、もっと元気に、もっと健康に、もっとアクティブにすることを目的に、シニアを応援するサイト『シニア・ナビ』を運営する株式会社ZENが制定。日付は4と28で『シニア』と読む語呂合わせから」(日本記念日協会より引用)とのことです。

女性のための資産運用メディアDAILY ANDSでも、老後や第二の人生については多く取り上げてきました。そこで今回は、「アクティブシニアの日」にちなんで、老後を豊かに生きるために役立つ記事をご紹介します!

豊かな老後に役立つ記事7選

画像縮小

「不安の見える化」できてる?老後も貧困も怖くなくなる、唯一の方法
老後はなんとなく不安だけど、何をしたらいいのか分からないという人におすすめの記事。『日経WOMAN』編集長の安原ゆかりさんが「『日経WOMAN』読者の多くが老後貧困を気にしている」と明かし、ファイナンシャル・プランナー(FP)の前野彩さん、経済コラムニストの大江英樹さんがその処方箋を教えてくれます。

画像縮小

もっとお金を使いましょう。年収300万-500万円の落とし穴【アラサーと投資③】
「お金の不安はお金を使うことでしか解消できない」という一見、逆説のようにも聞こえる「真実」がこの記事で明らかになります。老後が不安と言って相談に来る女性たちに向けて、ファイナンシャル・プランナー(FP)の高山一恵さんが厳しくも温かいエールを送ります。

画像縮小

ついに「寿命100年の時代」到来。あなたはどう備える?
「寿命100年時代」をどう生きるか?をテーマにした話題のビジネス書『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』を読み解きます。本書によると、「勝ち組」「負け組」という考え方も今は昔。価値観が多様化しているので、人と比べた優劣を論じることも「昔っぽい考え」かもしれない、とのこと。これを機に、人生プランの見直しをしてみてはいかがでしょう?

画像縮小

夫婦で25万円の内訳は?老後の生活費、何にいくらかかるか調べてみた
老後不安に対する具体的な処方箋がコレ。まずは、何にいくらかかるのかを知ることからはじめてみましょう。DAILY ANDSでよく読まれる人気記事でもあります。

画像縮小

#02 老後資金どうやって準備する?
老後について考えるのが億劫、という人はこちらの記事がおすすめです。丸の内のシェアオフィスに勤める3人の女性たちが、老後について語り合った姿を描いています。

画像縮小

アラサーだけど、老後のために保険に入った方がいいですか?
「月々、5万円の保険に入りませんか?」。某外資系の保険会社から勧誘を受けたものの、30年も先のことはどう考えたらいいか分からない!というわけで、DAILY ANDS編集長のくすいが「保険マニア」のFPさんに相談に行きました。保険相談から見えてきたのは、人生の先輩だからこそ分かる、「老後についての考え方」でした。

画像縮小

30代独身女性「400万円あります。老後のためにどう運用したらいいですか?」
ノーロード投資信託徹底ガイドさんの元にある日、30代独身女性から相談が寄せられました。具体的な投資先について紹介されているので、老後の不安を資産運用で解消したいと思う人は必見です。何にいくら投資をするのか、こうやって考えると良いんですね。

今を楽しむためにも、不安の種は潰しておこう

上にある全ての記事に目を通した編集部だからこそ言えることとしては、「これから先、何があるのかわからない、ということだけは確実である」ということと、「不安があるなら放っておくのではなく、自分が動けば必ず解消できる」ということです。

将来に対する不安の種を潰しながら、今を生き生きと楽しめると良いですね。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集