(写真=fizkes/Shutterstock.com)

海外旅行、どっちがおトク?ツアーVS個人手配

それぞれのメリット・デメリットを比較します

旅行に行きたい!と思ったとき、まず旅行会社で配付されているパンフレットやインターネット検索を利用してツアーを探したりするのではないでしょうか。でも、最近ニュースになった旅行会社「てるみくらぶ」の倒産もあり、ツアーを利用しない方がいいのか迷いますよね。今回は、ツアーと個人手配についてどちらがおトクか比較しながらそれぞれのメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います。

例えばハワイ旅行、ツアーにする?自分で手配する?

日本人が好む海外旅行先として挙げられることが多いのはやはりハワイですよね。一般社団法人日本旅行業協会が調査した「JATA ゴールデンウィーク(GW)旅行動向調査」によりますと、2017年の海外旅行先は、1位が台湾、僅差で2位がハワイになっています。

旅行に行くとき、ツアーにすべきか、自分で手配すべきか、迷うのではないでしょうか。簡単にメリット・デメリットをまとめました。

【ツアーの場合】

●メリット
とにかく楽な点。出発空港にたどり着くことができれば、航空券の手配からホテル、送迎までさまざまなものがセットされている。ツアー内容に入っていないものは、オプショナル・ツアーなどでプラスすることが可能。現地で安心。

●デメリット
旅行代金が高くなる傾向。自由時間がない場合も。

【個人手配の場合】

●メリット
好きな航空会社・ホテルを選ぶことができる。自分で行程を決めることができる。とにかく自由。

●デメリット
時差がある場合、現地手配にズレが生じ失敗してしまうおそれがある。ツアーより割高になる場合も。すべて自己責任。

国内旅行では個人手配の人も多いのではないでしょうか。

海外の場合も最近では個人で手配することが簡単になりました。ただし、海外旅行の場合、発券した航空券の日程をずらすのは困難なため、行程の変更が難しいことが国内旅行と海外旅行の大きな違いでしょう。

気になる料金の比較は?

さて、料金について調べてみました。こちらは大手旅行比較サイトである「トラベルコ」を参考にしました。(2017年4月16日筆者調べ)。

海外旅行,ツアー,個人手配,比較 (画像=Mocha)

時期については、ハイシーズンといわれるお盆の時期、閑散期といわれる秋、高額になる年末年始を比較してみました。航空券だけを比較しても、時期によってかなり金額が異なるのが分かりますよね。でもこれは空席状況が関係ない料金です。直近のお盆などは空席がなく、この表よりもかなり高額になることが多いため差はかなり広がります。ホテルは1室料金ですので、2名なら2で割って航空券の料金と足せば簡単な比較が可能です。

比較してみるとお分かりのように個人手配の方が安く済みそうにみえます。これは航空券を安く手に入れた場合で、空席がなければどんどん高額になってくるため、ツアーの方が安くなる場合もあり得るため、こだわりがなければ両方の料金を比較してから予約することがおすすめです。

メリット・デメリットをよく考えよう

ツアーは割高な分、サービスがよく楽です。特にハワイに強いJTBやHISはサービスが充実しています。マイナーの国に行く場合は個人手配のほうが割安になるケースが多いので、チャレンジするのもいいでしょう。

高橋 麻美
金融系フリーライター
行政書士、証券外務員1種資格保有。お茶の水女子大学卒業後クレジットカード会社に入社、リスク管理部等に所属して法的折衝などに従事。CSRプロジェクト参加から社会貢献に目覚め国民生活センターに転職、消費者保護制度であるADR立ち上げに尽力。現在は金融系ライターとして役立つ情報を提供している。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集