(写真=Dobo Kristian/Shutterstock.com)

株価を見てときめく。投資を始めてはじめて分かること【投資女子への道 #05】

実際に株を買うと、見る世界が変わる

OLの神崎美穂(37)と山口玲奈(33)は、株式投資をやってみようと「初めての株式投資ツアー」に参加しました。ただ今、ガイドと共に、東京証券取引所の中を歩いています。

株価の上下は慣れることで冷静な判断が出来る

美穂は、歩きながら、しきりにスマホをいじっている。

玲奈「いい加減にしたらどうですか、先輩」

美穂「だって資生堂の株価が気になっちゃって…、あー、下がってる〜(涙)」

玲奈「ガイドさん、何か言ってやってくださいよ。さっきからずっとあんなです」

ガイド「それでいいんです。株を買うと、株価がいくらになったか気になって、最初はみなさん落ち着かないものなんです。株価は、スマホで、ヤフーファイナンスや証券会社のアプリなどで簡単に見れますし、ついチェックしてしまいますよね。でもそのうち、慣れます。落ち着いて見られるようになります。

たとえ株価が下がったとしても、株価のイメージ(=理論価格)をきちんと持って入れば、慌てずに冷静に判断できます。まずは、慣れることが肝心なんです」

「投資女子への道」はまずはやってみることから

投資女子,株価,株式投資 (画像=写真AC)

玲奈「(証券会社の店頭の株価ボードを指差し)先輩、見て見て。ここにもありましたよ!」

美穂「ホントだ!今まで気がつかなかったけど、株価ボードって結構あるんですね」

ガイド「株式投資を始めると、色々なことにアンテナを張るようになります。経済情勢、ニュース、街の様子、全てが自然に株価へと繋がっていきます。毎日が新しい発見で楽しいですよ」

美穂「株価ボードを見つけただけで、トキメキそうです」

ガイド「(笑う)それに、権利確定日(株主として記載される日)に株を保有していれば、株主として、配当金や株主優待も貰えます。株主総会に参加して、お土産が出ることもあります」

玲奈「お土産なんてもらえるんですね!」

美穂「『投資女子への道』は、まずはやってみることから始まるのですね」

ガイド「そうです。いくら本を読んでお勉強しても、自転車に乗れないのと同じです。転んだり、擦りむいたりしながら、『銘柄を選んでじっくり長期投資』や『利益狙いで短期投資』、『コツコツと積立て投資』など、自分に合った投資方法を見つけて下さいね」

「初めての株式投資ツアー」を終えて

美穂「玲奈ちゃん、どうでしたか。初めての株式投資ツアーは?」

玲奈「面白かったです。今日学んだことを生かして、さっそく株式投資を始めたいと思います」

美穂「すごいじゃない」

玲奈「だって株式投資は、いきなり起業するよりずっとハードル低くそうだし、勉強になるでしょ。儲けたお金で将来お店を持てるかもしれないし、そうしたら先輩がリストラされても、雇ってあげられるし」

美穂「有難う。玲奈ちゃんって、優しいね」

玲奈「なーんて嘘。先輩、自分の老後は自分でどうにかしなさい」

美穂「なによ、それ。感動して損した!もういい、私には株式投資がある!(スマホをいじって)やった、資生堂の株価上がってる。嬉しい!」

美穂は、手放しで大喜び。

玲奈「先輩のあんなに嬉しそうな笑顔、久しぶりに見た気がする。『初めての株式投資ツアー」参加して本当に良かったかも!」

(初めての株式投資ツアー編 終わり)

*本記事で紹介する個別の銘柄・企業名については、あくまでも参考として申し述べたものであり、その銘柄又は企業の株式等の売買を推奨するものではありません。購入する場合は自己責任でお願い致します。

岡田 禎子
「投資は面白い」がモットーなFP
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、ファイナンシャル・プランナー(CFP)。 証券会社、資産運用会社を経て、ファイナンシャル・プランナーとして独立。資産運用の観点から「投資は面白い」をモットーに、投資の素晴らしさ、楽しさを一人でも多くの方に伝えていけるよう、執筆を中心に活動中。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集