(写真=森口新太郎撮影)

「また稼げばいいじゃん」儲けて損した学生時代【マクロエコノミストの失敗談①】

デキる女性の「投資の失敗談」シリーズ:崔真淑さん

さまざまな分野で活躍する「デキる女性」たちに、投資の失敗談をお聞きするインタビューシリーズ、第3弾は、マクロエコノミストの崔真淑(さい ますみ)さんをお訪ねしています。

崔さんは大学卒業後に証券会社へ入社し、当時最年少の女性アナリストとして、NHKなどの主要メディアで経済解説者に抜擢された経歴の持ち主。現在は独立して日経CNBC 経済解説委員、昭和女子大現代ビジネス研究所 研究員、エイボン・プロダクツの社外取締役など、いくつもの肩書きを持って活躍されています。

一見、投資について百戦錬磨のように思える崔さんですが、過去にはかなりの失敗をご経験されているのだとか。一体、どんな失敗を!? と興味津々でさっそく、お話をお伺いしました。

小さい時から「投資」「商売」が身近に

――崔さんのご実家は焼肉屋さんを営んでいるとのことですが、ご両親は投資などされていたのでしょうか?

両親だけでなく、おじやおば、親戚なども自営業で商売をやっているような環境だったので、小さい頃から、投資の話は当たり前のようにしていましたね。私の両親も以前は株式投資をやっていたのですが、バブルで痛手を負ったこともあり、娘の私には「株はやっちゃダメよ!」と言っていました。

――親戚の方も投資をなさっていたんですか?

はい、やっていました。投資だけではなくて、ここの証券会社がいいとか。この不動産がいい、これからはこの商売がいいとかいう話を、親戚が集まるたびにしていました。親戚は、清掃管理、床屋、ガソリンスタンド、ビルの賃貸などの仕事をしていました。

――親戚一同が商売をしているというのは、すごい環境ですね!

そうですね、投資だけではなく、例えば従業員へどう対応すればいいかという「人との付き合い方」の部分や、安く買って高く売るという商売の基本など、いろいろと話を聞いて参考になりました。小学生の頃から実家のお手伝いもしていて、親の働く姿を見ていました。親としては、「私の学費や食べる物のためのお金はどう稼ぐのか、そのお金がどこから来ているのか」を見せたかったのだと思います。

――なるほど!

「そういうことを意識させないと、無駄遣いをしてしまう」という考えがあったんだと思います。まあ実際には、無駄遣いもバンバンしていたんですけどね(笑)。

――(笑)。小さい頃から「将来は投資やりたいな」という想いはあったんですか?

親戚で集まって話していると、親は失敗もしているから「やるな」って言うんですけど、親戚はいいかっこしたいからいい話、儲かった話しかしないんですよ(笑)。で、それを真に受けて「そんなに稼げんの!?」って。「株はやっちゃダメ!」って母は言うけれど、おじやおばは「儲かった!」とか言うから、10代、20代でそういう話を聞くと、何も知らないからウズウズしてくるんですよね。

人から失敗談を聞いても、「私だけは失敗しない!」とか思うのが、今思えば10代~20代の甘さですよね(笑)。

画像縮小 (写真=森口新太郎撮影)

「損してもまた稼げばいい」という発想

――「投資で損したら怖いな」という発想はなかったですか?

「損してもまた稼げばいいじゃん!」って思っていて。20代で会社員をしていた頃、母に「将来、年金がもらえないから怖い!」と相談したら、すごく怒られたんですね。「そんなこと心配するより、今から稼ぐ努力した方がええやろうがー!ないなら稼げ―!」と(笑)。

――おお……!でも、確かにそうですね。他に、ご両親からの教えはありましたか?

「タクシーはどんどん使え」というのがありました。

――え!タクシーをですか?

疲れている時に満員電車に乗るんじゃなくてタクシーを使えば、肩こりも取れるし、結果的に仕事を加速させることができる。そういうことにはどんどんお金を使いなさい、という考えでした。その一方で、固定費を小さくしなさいとも言われていました。最たるものが家賃ですね。

そういう教えを受けて育ったこともあって、今でも「損したらどうしよう」と考えるより「損したらまた仕事して稼ぐか」みたいな発想ですね(笑)。

――そういう考えって、同年代の女性に話すと驚かれませんでしたか?

会社員の時は特に、そういう話をすると「頭おかしいよ」「何言ってんの?そんな簡単に稼げないよ」とか言われていました。でも、「いや、稼げるように考えてみようよ」とは思っていましたけどね。

今は独立して仕事をしているので、自営業やフリーランス、起業した会社の社長さんなんかとお話をさせていただくと、もちろん人によりますが、自分と同じ考えの人が多いですね。「また稼げばいいじゃん」と考えている人もたくさんいたり、または次の稼ぎ頭を考えていたり、という感じですね。

株を買うためにネットショップを運営

――最初に株を買ったのは、大学生の時だそうですね。

大学生の頃、母に「株を買いたいから50万円貸して」と言ったら、「バカじゃないの」と一蹴されました(笑)。銀行口座を見たら7万円しかなかったのですが、「アルバイトをするより、この7万円で商売した方が儲かるんじゃない?」と考え、自分で商売を始めることにしました。

――7万円で商売を始めるという発想、なかなかないですよね。ちなみにどんな商売を?

当時は神戸大学に通っていたんですが、阪神タイガースが16年ぶりの優勝をした頃で、盛り上がっていたんです。そこで、阪神タイガースのネットショップをスタートしました。グッズを安く仕入れてオークションに出して高く売る、という感じですね。あとは、商店街で期間を決めて実店舗も十数万円で借りました。家賃がかかるので、結果としてはネットショップの方が儲かりましたね。

――タイガースグッズって、そんなに売れるんですね!

例えば、阪神タイガースの「布」だけが売られていたりするのですが、それで法被を手作りしたりもしました。阪神の試合がある時に、全国のいろんな球場に行って私がその法被を着ていると、周りのおじさん、おばさんから「それ何?」「私にも作ってー!」とか言われたり(笑)。

あとは、大阪のタイガースグッズを売っているショップでアルバイトをして、POPの書き方とか、売り方を参考にしたり。普通のアルバイトは全然長続きしなかったんですけど、目的意識があると続くんだなと思いましたね。私の場合、「ラクそう」「お金を貯めたい」という発想でアルバイトをすると、全然続かなかったです。

あと、阪神タイガースにグッズのライセンス料を払うので、ライセンスの仕組みなども勉強になりました。グッズの掛け率が高かったので、「阪神……、負けていても黒字なだけあるな」と思っていました(笑)。

――それで、株の資金は集まりましたか?

結果的には、50万円まで増えました。

――すごい!

でも、そっちに夢中になって、大学を1年留年してしまったんですよね。別の大学を中退して入り直していたので、当時は大学1年で20歳だったのですが、それくらい株がやりたかった。

imageTitle (写真=森口新太郎撮影)

50万円の資金が数百万へ。しかし…

――株をやりたいがために留年(笑)。最初は、どんな株を買ったんですか?

最初に買ったのは、当時のオメガプロジェクト・ホールディングスの株ですね。当時は新興市場がイケイケの時代で、マザーズとかジャスダックとか、どの銘柄を買っても上がる時代でした。ちょうど、2004~2005年頃ですね。ライブドアショックが起きる1年くらい前です。その後は、ライブドア関連の株を買いあさってました。

――当時、「この会社を応援したいからこの株を買う」みたいな発想はありましたか?

その頃は正直、これっぽっちもなかったです!(笑) 単純に、ホリエモンがメディアに出るとバンバン株価が上がるから、買っていました。その頃は何を買っても、放っておいても上がったので、損切りが全然できていなかったんです。利益が少し出たら、どんどん売り捨てて。個人投資家がやることは全てやっていました(笑)。

当時はミニ株とかもなくて、新興株が買いやすかったんですよね。数十万あれば、けっこうなロットで買える時代だったので。結果的に、50万円の元手が数百万円にまで上がって、当時は「自分は天才だ」と思っていました。もう「働かなくていいんじゃないか、私は商売もできるし、株もできるし」って。でも、誕生日の日に、あのライブドアショックが起きるんです……。

ライブドアショックで50万円の損失!

――誕生日の日にライブドアショック(☆)が起きたとのことですが、その時のことについて教えて下さい。

夜中、三宮のカラオケで友達と盛り上がっていたら、私のガラケーに株友達から「ライブドアに家宅捜索が入った」とメールが届いたんです。

その時は酔っぱらっていたから、「家宅捜索って何~?株価にプラスなの?マイナスなの~?」みたいな。って、いや、マイナスに決まってんじゃん!って(笑)。

――で、酔いが醒めて我に返って……という感じでしょうか。

はい。朝になって、「えーっ!?」て。その後はもう、「家宅捜索っていつ終わるんだ?」「押し目買い?ナンピンのチャンスか?いやいやいや……」みたいな、自分でひとりノリツッコミをする日々で(笑)。全然売れなくて、ずっと怖くて見ないようにしていたら、結果的に50万円くらい損失が出てしまいました。

――その時って、どう思いましたか?

「株は不労所得」というけれど、ちゃんと努力しないといけないな、と思いましたね。

直木賞作家の邱永漢さんの言葉に、「愚者は大金持ちを目指し、賢者は中金持ちを目指す」という言葉があるんですね。賢者は欲をかかないから、安定的にお金を稼げる、というような意味です。ライブドアショックの一件で反省して、真面目に学校に行き出すようになりましたね。

ライブドアショックとは?
ライブドアショックとは、証券取引法違反容疑で、2006年1月16日、東京地検特捜部がライブドア本社などに強制捜査を行い、これを受け翌1月17日から始まった「株式市場の暴落」のこと。

初めての株式投資で成功と思いきや!?

小さい頃から投資が身近な環境で育った崔さん。学生の頃から「投資をやりたい!」と考えていたのはもちろん、そのために自分で商売を始めてしまう行動力に驚きました。

さて、学生時代に「ライブドアショック」で大きな損失を出してしまったわけですが、崔さんの「投資の失敗談」はこれで終わりではありません。社会人になってからもまだまだ、大きな「失敗」が待ち受けていたのでした……。(崔真淑さんの失敗談②に続く)

今回、取材に協力してくれたのは…

imageTitle (写真=森口新太郎撮影)

崔 真淑(さい・ますみ)さん
マクロエコノミスト。2008年に神戸大を卒業し、大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)に入社。当時最年少の女性アナリストとして、NHKなどの主要メディアで経済解説者に抜擢される。12年に独立、経済学を軸に、経済ニュース解説、マクロ経済・資本市場分析を得意とするマクロエコノミスト・コンサルタントとして活動。若年層の経済・金融リテラシー向上のため、東京証券取引所のPRコンサルティングなども手がける。13年からは日経CNBCで最年少の経済解説委員として出演中。16年一橋大学大学院(MBA in Finance)修了。17年4月からは一橋大学大学院イノベーション研究センターに所属し、組織のインセンティブ設計と資本市場の関連性についての研究を行う。

【デキる女性の「投資の失敗談」シリーズはこちら】
「女のプロ」の失敗談①
「女のプロ」の失敗談②
Forbes JAPAN副編集長の失敗談①
Forbes JAPAN副編集長の失敗談②
Forbes JAPAN副編集長の失敗談③

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集