(写真=Kametaro/Shutterstock.com)

銀座に2000万人を呼ぶ! 「GINZA SIX」で注目の企業って?

2017年高騰する銀座地価。インバウンド需要にも目を向けてみよう

GINZA SIX(ギンザ シックス)、通称「GSIX」が4月20日にオープンします。銀座の中央通り沿いの一等地で、ディオール、セリーヌ、フェンディなどのラグジュアリーブランドの路面旗艦店など241ブランドが出店予定となっています。

それでは、ワールドクラスの商業施設がオープンによってどのような銘柄が注目されることになるのか見てみることにしましょう。

J.フロントなど4社で開発

GINZA SIXは、もともと銀座松坂屋があった場所です。その銀座松坂屋と周辺地区を再開発してできたGINZA SIXは、地上13階地下6階で丸ビル、六本木ヒルズ、ミッドタウンなどもしのぐ広さ。年商600億円、来館者数2000万人が目標です。

再開発を進めてきたのは、J.フロント リテイリング<3086> グループの大丸松坂屋百貨店に、森ビル、Lリアルエステート、住友商事 <8053> の4社による合弁会社です。Lリアルエステートは、LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・ジャパンの不動産ファンド。住友商事 <8053> は、大型ショッピングモールの晴海トリトンスクエアやテラスモール湘南などを手掛けています。そして森ビルは、六本木ヒルズなどのオーナーとして有名ですね。

銀座再開発ラッシュ

銀座はいま、再開発ブームとなっています。

5丁目の銀座TSビル(旧銀座東芝ビル)跡には、2016年3月に「東急プラザ銀座」がオープン。東急の新形態、ファッションセレクトストア「HINKA RINKA(ヒンカリンカ)」を出店しました。

4丁目のサッポロ銀座ビル跡には、同じく昨年9月に「銀座プレイス」がオープン。それから3カ月後の12月に32年の歴史を閉じたプランタン銀座は、翌2017年3月15日に「マロニエゲート2&3」として生まれ変わりました。4丁目のミキモト本店も6月にリニューアルオープンします。 一方、3月末にクローズしたばかりのソニービル銀座は、イベント広場「銀座ソニーパーク」として、2018年夏から2020年まで暫定オープンする予定です。

このような状況の中で再開発で話題に上がりそうなのは、東急百貨店をグループとする東京急行電鉄 <9005> 、銀座プレイス運営のサッポロホールディングス <2501> 、マロニエゲートを運営する三菱地所 <8802> 、そしてソニー <6758> などではないでしょうか。

関連銘柄, ギンザ シックス, 銀座, GSIX (写真=TK Kurikawa/Shutterstock.com)

大型複合商業施設は株式市場の話題になりやすい

施設がオープンする時に関連銘柄として注目されるのは複合商業施設の運営企業や、再開発エリアに土地を多く保有する会社ですが、なかには小売店やレストランの出店も材料になることがあります。

2012年には新宿東口にユニクロを手がけているファーストリテイリング <9983> ビックカメラ <3048> が提携した「ビックロ」が注目されました。

また2003年六本木ヒルズ、2006年表参道ヒルズ、2007年東京ミッドタウン、2014年の虎ノ門ヒルズ、東京駅再開発や渋谷再開発、いずれも大きな話題になりましたね。

GINZA SIXではどのような銘柄が注目されるでしょうか。 過去の例をヒントに調べてみるのも良いかも知れませんね。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集