(写真=Stokkete/Shutterstock.com)

iDeCoの運用は怖くない!おサイフ全体を考えれば「目線」も変わる

おサイフの全体像、把握していますか?

こんにちは!みらい女性倶楽部の冨田仁美です。

前回のコラムで、あまり運用に積極的になれなくてもiDeCoは定期預金でスタートするのもいいんですよ、そしてiDeCoに慣れてきたら運用を検討してみるのもいいですね、とお話をしました。(参考コラム:iDeCoで積立定期!?

そこで今日のブログは『資産配分をおサイフ全体で考えると「iDeCoの運用も怖くないかも!?」』です。

おサイフの全体像、把握していますか?

突然ですが、いま保有している金融資産全体って把握していますか?

銀行預金にいくら、証券会社にいくら、満期金のある保険がいくらか…。

なぜそんなことを訊くのかというと、iDeCoの運用商品選びの時に、iDeCoの掛け金のみを考えてどうしようかなぁと悩んでいるケースが結構多いように思うからなんです。

たとえば、ポートフォリオアドバイスツールを使って、どんな運用スタイルが合っているのか試してみたところ…

個人型確定拠出年金iDeCoポータル:スタイル別おすすめ投資プラン~ (設定条件:投資知識や経験があまりない、リスクは極力抑え安定性を重視したい、一時的な大きな損失時はしばらく様子を見る)

iDeCo,金融資産,資産配分,ポートフォリオ (画像提供=みらい女性倶楽部)

と、なったとします。

「ふ~ん、毎月の掛け金をこんな割合に分けようかな…」

ちょっと待って!

まずは、保有している金融資産全体を思い出してみてください。

おサイフ全体を考えないと、どうなる?

もし、iDeCo以外のほかの資産のほとんどが預貯金で、投資信託や株式などを保有していない、あるいは少しだけであれば、資産全体で配分を考えて、iDeCoの掛け金は株式や債券などで運用するタイプの投資信託にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

なぜなら、こうなっちゃうから。

〈iDeCo加入前の金融資産全体〉

iDeCo,金融資産,資産配分,ポートフォリオ (画像提供=みらい女性倶楽部)

〈iDeCo加入後の金融資産全体〉

iDeCo,金融資産,資産配分,ポートフォリオ (画像提供=みらい女性倶楽部)

あれ?全体では元本確保型がほとんど占めていますね。目指したものと違うと思いませんか?

全体を考えると「目線」も変わる

iDeCoは毎月コツコツ積み立てて、時間をかけて資産を作っていくしくみ。

運用につきものの価格の変動も、毎月一定額をコツコツ投資していくことでならされていく効果が期待できます。

このようにおサイフ全体で資産配分を考えると、iDeCoの商品選びもまた違った目線で考えられるかもしれませんね。

冨田仁美
短大卒業後、証券・銀行・保険と金融業界を17年経験。現在は主婦兼個人投資家。2級FP技能士。DCプランナー2級。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集