(写真= savitskaya iryna/Shutterstock.com)

大切なものを追いかけて、資生堂の株主総会へ

「株に恋する」アラサーOL ヒミツの日常 #06

由佳、アラサー独身OL。月給は25万円ほど。

会社では地味な女で通っているが、実は3年前から株式投資を始め、資産は倍になった。今では配当収入だけで年間10万円を超えている。

ただ、そのことは誰にも言っていない。なぜなら、投資をするのにはトクベツな理由があるから……。

株女、由佳の「ヒミツの日常」をシリーズでお届けする。

【前回までのあらすじ】
元カレ・直人に似ているゲーム好きの年下クン・翔太と出会うも、一層直人への気持ちが募った由佳。心のモヤモヤを取り払うためにジムへ行ったところ、以前合コンで知り合った修一と再会し、まさかのお誘いを受けて何度かデートを重ねることに。

【過去の記事は↓こちらから】
[#01][#02][#03][#04][#05]

※企業名には株式投資トレーニングツールANDS NOTEへのリンクが貼られています。気になる企業があれば、リンクを押して「買い注文」し、株価の動きを体感してみよう!

ANDS NOTE(アンズ・ノート)とは?

**********
「うそー!修一さんに付き合ってって言われたの?」
鳥貴族で女子会中、由佳の友人、祥子と奈々の大きな声が響く。

PM 6:00 鳥貴族にて女子会

由佳はあれから修一に呼ばれ何回かデートをした後、お付き合いの申込みをされたという話をしていた。

「入社以来ずっと修一さんを狙ってたのに、まさか由佳に持ってかれるとは………」と祥子。
「祥子、彼氏いるじゃん」
「もう別れる。この前、不動産投資のセミナーに参加しちゃったし!」
「でも由佳、結婚したら仕事どうするの?商社マンって転勤多いよね?」と奈々が聞く。
「そこまでは、まだ全然考えてない」と由佳。
「確かに、修一さんは仕事が一番だしね。いいなー、私も結婚したーい!」と祥子。

結婚ねえ……と口には出さず、由佳はオール1本280円の焼き鳥にかぶりついた。

鳥貴族 <3193> は、関ジャニ大倉忠義くんのお父さんが社長という事も有名で、プレミアムフライデーでも注目の銘柄。ちょっと前までは、増益にもかかわらず株価チャート的には下降トレンドだったけど、また盛り返し始めたようだ。お店はにぎわってるし、これから巻き返すかな?”

☆下降トレンドとは?
株価の動きを表した株式チャートの折れ線グラフが、下へ下へと向かっている状態のこと。株価が下落し続けている状態を指す。下降トレンドの逆は「上昇トレンド」。(参考:超!分かりやすい「チャートの見方」あなたもこれで投資家に近づける?!

2週間後、PM 7:00 デート中なのに「仕事に戻る」

今日は修一とデートの日。

修一は仕事一筋だけどデートはいつも素敵なレストランだし、お酒にも詳しくていつも完璧にリードしてくれる。優しいし包容力もあって申し分ない。

でも、いつもスマホから目を話せないみたい。職業病なのか、資源価格が気になって仕方ないらしい。祥子だったら、見てるのがよその女じゃなくてスマホなら全然いいじゃん、ってなるんだろうけど。

携帯の電話が鳴る。
ごめん、と修一は携帯に出て、席を外す。
まただ………。毎回毎回10分以上も戻ってこない。

由佳は、気を取り直してスマホでFacebookを見る。

一番頭に翔子がアップした「彼と不動産を見に来ました〜」と彼と写っている写真が出てきた。なんだ、仲良しじゃない。思わず顔がほころんだ。スクロールすると奈々も写真をアップしていた。相変わらずのおしゃれぶりで、もう夏に向けてサンダルを買ったと自慢していた。皆それぞれ楽しそうだな………。

”FaceBookは、SNSの中で一人勝ちの好決算だった。外国株が簡単に買えるネット証券もあるし、チャレンジしてみようかな”

修一が戻って来た。
「ごめん、ちょっと職場に戻る」
「え、また?コースも頼んだのに?」
「相場が急変してさ」
「そっか、私も投資してるから分かるよ。食事どころじゃないよね」
由佳の言葉を遮るように修一が言う。

「由佳はいいな。僕の言う事は全部理解してくれるから。僕はこういう仕事だし、妻には由佳さんみたいな女性が最適だね」

えっそれって………まさかプロポーズじゃないよね?
「最適」って理系男子は結婚も合理的なんだ。
「ロマンティックのカケラもないよね」、と由佳は言おうとしたが、なんだか怒られそうでワインと共に言葉をのみこんだ。

PM 6:00 三越伊勢丹で婚約指輪を物色

三越伊勢丹のブライダルコーナーにて。祥子が笑顔で婚約指輪を物色している。

アラサー恋愛 (写真= Sorbis/Shutterstock.com)

「どれにしよう~」
不動産投資を始めるかどうかで彼氏とすったもんだした挙げ句、プロポーズされたらしい。
「『マンションのオーナーになるより、僕のオーナーになってくれ』って、それ本当にプロポーズ?」と奈々が疑うような声で言う。奈々の言葉など耳に入らないかのように、「やっぱり女はダイヤモンドだよねー」と祥子は目の前に並ぶキラキラのリングたちにうっとりしている。

「ね、由佳はどうなの?修一さん?」と奈々。
「うーん」と由佳。
「まさか、プロポーズされた?」
「ううん、そうじゃなけど………なんだかなーって感じなんだよね」
「なに贅沢言ってんの。もったいぶってる立場か!」
と祥子。
「うーん」
奈々と祥子は、呆れたような顔を見合わせていた。

三越伊勢丹HD <3099> も、プレミアムフライデー銘柄。減益予想ながら、インバウンド需要で株価を引っ張ってきた。鳥貴族に続いて、こっちも期待できる? 一部のブランドでは使えなくても、株主優待の10%割引って全般的にはお得なんだよね。”

数週間後の月末、PM 3:00 1つの別れ

今日は資生堂の株主総会。けれど由佳は修一に頼まれて作った資料を渡しに、ビルの受付にいた。ネームホルダーを下げた修一がやってくる。

「ありがとう、助かる」
「ランチ、行けそう?」
「ごめん。また仕事が入って」
「え、また?有給取って株主総会も行かずに資料作ったのに………」
「ごめん、また連絡する」と修一。
「………」
「しょうがないだろ、仕事なんだから。由佳なら分かってくれるだろ!」
「!」
「あ、ごめん」
「忙しいのにごめんね、帰るね」
「由佳?ちょっと待っ…………」

修一が何かを言いかけたとき、携帯が鳴った。そのまま話し始めた修一を尻目に、由佳はその場を離れた。

PM 3:30 一番大切な気持ち

銀座の街を歩く。

アラサー恋愛

修一に悪気がないのはわかっている。彼は仕事に真っ直ぐな誠実な人だ。

でも修一と結婚したら、NY でも、ドバイでも、シンガポールでも、独りで街をブラブラと 歩き回るのだろうなと思う。 奈々も祥子もいない、誰も知っている人のいない街を、独りぼっちでー。

証券会社の電光掲示板の前を通ると、為替相場の値段が激しく変わっていた。

そうだ。資生堂 <4911> の株価はどうなったのだろう? ANAホールディングス<9202> は? 7453 <良品計画> は? 由佳は慌ててスマホを取り出し、証券会社の画面にログインする。お気に入りに登録した銘柄たちが、ずらりと並んでいる。

ほとんどがプラスだ。
信じられないくらいプラスだ!

バカだな、私。自分にとって一番大切なものを見失っていた。
由佳は時計を見る。

まだ、株主総会に間に合うかもしれない!

PM 4:00 「おかえり」「ただいま」

会場に着くと、株主総会は終わっていた。
資料を持って出てくる人に逆らって由佳は前に進む。
肩がぶつかり、よろめいた由佳はひざをついてしまった。

由佳の目の前に、すっと手が伸びてくる。
見上げると、そこには直人がいた。

「直人……!」

「由佳の代わりに出席しておいたよ、株主総会。僕は、あの社長を信じるよ」
資料を差し出しながら、直人は得意げな顔で笑う。
由佳は、次から次へと頭に浮かぶ色々な言葉を飲み込みながら、一言「おかえり」だけ伝えて直人の手を握った。

直人もまた、「ただいま。」と由佳の握った手を強く握り返した。

「ピコン!」

スマホが鳴る。
株主王子のブログには、資生堂の株主総会の写メがアップされていたのだった。

(「株に恋する」アラサーOL ヒミツの日常、終わり)

【過去の記事は↓こちらから】
[#01][#02][#03][#04][#05]

※本記事で紹介する個別の銘柄・企業名については、あくまでも参考として申し述べたものであり、その銘柄および企業の株式等の売買を推奨するものではありません。購入する場合は自己責任でお願い致します。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集