(写真=Mocha)

メルカリやヤフオクの収入は確定申告が必要!? 知っておきたい注意点

確定申告について一緒にチェックしていきましょう。

メルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどネットオークションを利用したことはありますか?

フリマアプリやネットオークションを、ちょっとしたお小遣い稼ぎとして学生から主婦の方々まで多くの人が活用している方多くなりました。しかし、メリカリやヤフオクに関わる税金の話、特に確定申告についてあまり知らない人も多いことでしょう。副業としても人気のメルカリやヤフオクですが、税金のことも注意しないと、思わぬ損をしてしまうこともあります。

今回はメルカリやヤフオクに関わる確定申告について一緒にチェックしていきましょう。

フリマアプリやネットオークションで得た収入は確定申告が必要なのか

メルカリやヤフオクで得た収入に対しての確定申告は、「いくら所得を得たのか」と、「他に給与の受け取り口があるか」ということがポイントになります。

ざっくり言うと、サラリーマンの方など、給与の受け取り口が1ヶ所ある場合は、メルカリやヤフオクで年間20万円以上の所得(収入から経費を引いたもの)を得ると確定申告が必要となります。

一方、学生や主婦などで他に給与の受け取り口がない人は、メルカリやヤフオクなどで38万以上の所得を得た場合、確定申告が必要です。

学生や主婦でもパートやアルバイトで収入を得ている方は、サラリーマンの方と同様に、年間20万円以上の所得を得ると確定申告が必要です。そのため、メルカリやヤフオクを通じて年間でこの金額を上回らない所得金額であれば、確定申告は必要ありません。

「生活用動産」の取引による利益は非課税

確定申告は、個人の1年間で得た所得を申告し、所得に応じて所得税を計算するものです。

メルカリやヤフオクなどで得た所得に対してはどうなのでしょうか?

結論から言うと、取引するものが「生活用動産」である場合、所得税は非課税となります。

生活用動産とは主に、通勤通学で使う自転車や、生活に使う家具、衣服などを指します。

言葉が難しいですが、要は生活するのに必要なモノのことです。

このような家にあるいらないものを売るのであれば、いくら利益を得ても所得税は課せられません。そのため、ヤフオクやメルカリを通じて、生活用動産の取引をして利益を得ても、確定申告は不要なのです。

反対にどのような場合に所得税が課せられるのかというと、主に商業目的で仕入れて取引したものや、ハンドメイドの作品を販売するものです。また、宝石や工芸品など1個あたり30万円以上の売上には課税されます。

フリマアプリやネットオークションを利用する上で注意すべき点

ここまでフリマアプリやネットオークションと確定申告の関係についてご紹介しました。注意すべき点としては、まず、経費の証明となる領収書をきちんと保管しておくことです。そして、生活用動産については、どこまでが範囲となるのか、個人で判断するには難しい場合があり、その場合は税理士に確認をしておいたほうが良いでしょう。

また、数十万円以上の利益を得た場合には、税金のことを考えて、税理士に相談しておくと安心でしょう。

フリマアプリが気になった方はこちら

メルカリ,ヤフオク,収入,確定申告 オススメのフリマアプリ3選! 断捨離できてお小遣いになるフリマアプリ活用術

Mocha編集部 編集部員T.K

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集