(写真=Unsplash)

私のために買っておきたい、2月の「バレンタイン銘柄」

2月23日までに買えば、優待の権利がもらえる銘柄を紹介します

経済規模ではハロウィンに追い抜かれてしまったバレンタインデーですが、株式相場でも「バレンタイン銘柄はもう落ち目」なんていう声も聞かれています。

でも、頑張った自分にご褒美って必要ですよね。高級チョコもいいですが、「バレンタイン銘柄」を毎年買ってみるのはいかがでしょう?

そもそもシーズンストックって何?

季節によって上がる傾向のある銘柄をシーズンストックと言います。

典型的な銘柄に、暑い夏には猛暑関連銘柄として買われるサッポロHD <2501> やキリンHD <2503> といったビール会社があります。

大雪が降るとチェーンやスタッドレスタイヤの需要が増えるため、厳冬関連としてイエローハット <9882> やオートバックスセブン <9832> などが買われます。特需で利益がかさ上げされることを見込んだ銘柄物色です。

最近はハロウィンがイベントとして注目を浴びています。ディズニー・ハロウィーンを開催しているオリエンタルランド <4661> 、仮装グッズが満載でハロウィン向けの更衣室やトイレも提供したドンキホーテHD <7532> などがあります。

まだまだハロウィン市場は成長期で、想定を上回る特需が発生しているのかもしれません。

かつて人気だったバレンタイン関連銘柄

バレンタインのチョコの需要はどうでしょう。昔はバレンタイン関連銘柄というのが2月に買われたことがあったそうです。

チョコレートメーカーの森永製菓 <2201> 、明治HD <2269> 、モロゾフ <2217> などが代表です。ただ、株式市場でバレンタイン関連銘柄が話題になることはほとんどなくなりました。2月に株価が上がりやすいという季節性もなさそうです。

バレンタインは、チョコメーカーにとっては1年でもっとも売り上げる時期で、年間売上の1/4程度が2月に集中しているとも言われます。ただ、バレンタインは日本の風習として完全に根付いてしまったので、メーカーにとっては特需とは言えなくなっているのです。

70〜80年代のバレンタイン黎明期から普及期には、2月のチョコ売上増は特需であったかもしれませんが、今は当たり前の需要です。株式市場は、特需には敏感ですが、当たり前の需要には反応しません。

そのいい例がクールビズです。05年の第2次小泉改造内閣で、当時環境大臣だった小池百合子現・都知事がクールビズを導入し、05年や06年はクールビズ関連銘柄が株式市場で物色されました。しかし、クールビズが完全に定着してからは、クールビズ関連銘柄は死語となっています。

「自分にご褒美」でチョコレート需要は伸びる

では、バレンタイン銘柄は「オワコン」なのでしょうか?

いえいえ、17年のバレンタインには少し期待感があるようです。15年、16年はバレンタインデーが週末だったため、義理チョコ需要は減少しました。

今年は3年ぶりに平日です。しかも、昨今、高級チョコの人気がヒートアップしてきています。「自分へのご褒美」需要で高級チョコを自分用に買う女性が増えてきているようです。

2月の株主優待銘柄をバレンタイン銘柄に

せっかく、DAILY ANDSの読者で金融や株に興味をもちはじめたのなら「自分にご褒美」で株を買ってはいかがでしょう?

2月〜4月はアノマリー(☆)的に比較的株が上がりやすい月だといわれています。株を買うタイミングとしても悪くはないでしょう。どんな株を買っていいか分からないなら、株主優待狙いがあります。

☆アノマリーとは?
アノマリー(Anomaly)とは、現代ポートフォリオ理論の枠組みでは説明することができないのですが、経験的に観測できるマーケットの規則性のことです。(SMBC日興証券・初めてでもわかりやすい用語集から引用)

23日までに買えば、優待の権利がもらえる銘柄

2月決算の企業には小売、外食関連が多いです。今年は2月23日が2月株主優待銘柄の権利付最終日です。この日までに当該株を買っていれば優待の権利が確定します。

たとえば、Jフロントリテイリング <3086> では大丸や松坂屋での買い物が10%割引になるカードやパルコの買い物券がもらえます。イオン <8267> でもイオンで3%から7%のキャッシュバックが受けられるオーナーズカードがもらえます。ビックカメラ <3048> でも買い物優待券やプリペイドカードがもらえます。

外食では、牛丼の吉野家HD <9861> 、居酒屋「庄や」などを展開する大庄 <9979> 、コメダHD <3543> 、自然食バイキングの「はーべすと」などを経営するクリエイト・レストランツ・ホールディングス <3387> などで優待飲食券をもらえます。

優待情報の詳細が得られるサイトで調べて、自分へのご褒美銘柄を買うとモチベーションアップにつながるのではないでしょうか?

【株を買いたい人はこちらの記事がおすすめ】
株投資の入り口へのヒント!ビギナーさんオススメ記事まとめ

【優待に興味がある人はこちらの特集もおすすめ】
特集『憧れの株主優待生活』

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集