(写真=Thinkstock/Getty Images)

有望銘柄に出会いたい…!株式投資が楽しくなる3つの出会いかた

投資好きの女性が実践している銘柄選びのやり方とは?

株式投資というとハードルが高い上に、そもそも銘柄を選べない…という人も多いのではないでしょうか。実は、銘柄選びのヒントは日常生活やショッピング、街歩き、普段読む女性誌など、私たちの身近なところに転がっています。

そこで、私自身や周囲の投資好き女性が実践している、株式投資が楽しくなる銘柄選びの方法をご紹介します!

デパ地下は銘柄選びの宝庫

マイナス金利が導入され、預貯金の金利はほぼゼロ…。預貯金にお金を預けていてもなかなかお金は増えません。そんな中、 株式投資に興味を持つ女性が増えているようですが、そもそもどんな銘柄を選んだらよいのかわからない…という人も少なくないようです。

実は、株式投資の銘柄のヒントは日常生活の至るところに転がっています。

例えば、多くの女性が大好きな「デパ地下」。デパ地下には、人気ブランドや話題のショップなど、今をときめくスイーツにお惣菜、ワインなど、見ているだけで幸せになれる食品がずらりとラインナップされています。

行列のできているお店は投資候補!

私もデパ地下は大好きでよく行きますが、歩いているだけでワクワクします♪そして、数あるお店の中でも目にとまるのが「行列のできているお店」。デパ地下お惣菜の代名詞的存在ともいえば「RF1」ですが、夕方になると、OLや主婦で混み合っています。

体に優しい素材を作ったヘルシーサラダは種類も多く、選ぶのに迷ってしまいますが、ここで、「RF1のサラダって美味しいよね~♪」で終わってしまってはもったいない。1歩進んで、「こんなに人気があるってことは、株式投資の銘柄候補になるかも!」と思いを巡らせてみましょう。

株式投資, 銘柄選び, 女性, 方法 (写真=Thinkstock/GettyImages)

RF1のホームページを見てみると、RF1を運営している会社は、「株式会社ロック・フィールド」という会社だということがわかります。RF1の他にも、「神戸コロッケ」や「VEGETERIA」などのデパ地下常連店も運営しています。

安心・安全をテーマにした食の提供は、これからの時代のテーマになりそうだし、なんといっても女性たちからの熱い支持を間のあたりにして、「この会社いけそう!」と思い数年前にロック・フィールドの株を購入しました。

このように、デパ地下は実は銘柄の宝庫です!行列ができている店や気になる店を発見したら、銘柄候補としてメモしておくとよいですね。

よく行くショップやレストランにもアンテナを張ろう!

よく行くショップやレストランも実は有望な銘柄候補になります。というのも、よく行くショップやレストランなら、ちょっとした変化にも気づくことができるからです。

例えば、「最近いつ来てもお客さんで混み合っているな」「定期的に新商品がでていて売れ行きがよさそうだな」といったプラスの変化も、「以前よりも食事がおいしくないな」「従業員の対応が悪いな」といったマイナスの変化も、いつも行くお店なら肌感覚で感じることができますね。

ショッピングがきっかけで儲けたAさん

私のお客様のAさん。彼女は買い物が大好きで、デパート巡りやブランドショップの路面店を見て回るのが趣味なのですが、ある時、「Samantha Thavasa」のショップを訪れたときのこと。

クリスマスなどのイベントがある時期ではないにもかかわらず、いつもよりも店内が混み合っていることに気がついたそうです。試しに翌週も「Samantha Thavasa」に行ってみたら、やはり混み合っていたそう。

気になって調べてみると、あるバッグの購入目当てで店内に女子が殺到し混み合っていることがわかったそうです。その後、すかさずSamantha Thavasa(株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド)の株を購入したところ、数カ月で株価が倍になったそうです。

日常のショッピングの中にも有望銘柄に出会えるチャンスは転がっているわけですね。

日頃よく読む女性誌でトレンドをキャッチ!

私の知り合いの女性は、定期的に愛読している「女性誌」から銘柄のヒントを得てコツコツ利益を上げています。

例えば、今でこそ有名になった「コエンザイム」。抗酸化作用があるといわれ、細胞を若く保ち、アンチエイジングに効果があるといわれています。

まだコエンザイムが世の中に広がり始めて間もない頃、彼女は女性誌でコエンザイムを知り、コエンザイムを配合した化粧品はこれから売れるだろうと思ったそうです。

コエンザイムを配合した化粧品の中でも「資生堂」の製品に注目した彼女。コエンザイム関連のサプリメントやドリンクなども販売しており、「これはいける!」と直感で資生堂の株を買ったそう。その後、コエンザイムブームが到来し、順調に株価は上昇したそうです。

有益な情報は身近なところに転がっている

今まで見てきたように、銘柄選びのヒントは身近なところにたくさん転がっています。私たちは無意識に街を歩いたり、雑誌を見たりしていますが、意識していないだけでたくさんの情報が飛び込んできています。今回ご紹介した方法なら楽しんでできる人が多いはず。ぜひ試してみてくださいね~。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集