(写真=Thinkstock/Getty Images)

税金のことを相談するならココへ。税金に関する相談窓口まとめ

オンラインサービスに電話に対面、気軽な無料相談からプロの有料相談まで

間もなく2月も中旬、フリーランスの筆者を待っているのが、2月15日からスタートする確定申告です。1年間の収入や仕事上でかかった経費、支払った保険料、年金額などを記載し、税務署に申告する必要があります。

払い過ぎていた税金は還付金として還付されるため、大変ではありますが達成感のある作業です。自身の収支なども明確になるため、「お金」について改めて考える機会にもなりますね。

初年度は本やインターネットで調べ苦戦しつつ、何とか確定申告を終えた筆者。そのことを自営業の友人に話したところ、「そういうときは税務署で相談するといいよ!」とのアドバイス。

友人は夫婦で経営している会社の経理を担当しているのですが、税金のことで分からないことが出てきたときは税務署や税理士に相談しているとのこと。

「その方法があったのか!」 目からウロコが落ちた筆者は、税金についてどこに相談することができるのか、調べてみることにしました。

税金について相談するなら、まずは税務署へ

税務署はその名のとおり、税金に関する業務をおこなっている国税庁の組織で、所得税、消費税、源泉所得税、相続税、贈与税など、私たちの生活の中で身近な「国税」と呼ばれる税金を取り扱っています。

税務署は全国にあり、税金に関する電話相談は無料です。

税務署に電話相談をするには、まず、国税庁のホームページから最寄りの税務署を調べて電話をかけます。音声案内に従って質問内容を選択すると電話相談センターにつながり、担当の職員が相談を受け付けてくれる仕組みになっています。

名前や住所などの個人情報を伝えずに相談できるため、ちょっとした疑問や、あまり聞かれたくない内容であっても、安心して相談ができます。税金について知りたいことがある人は、まずは税務署に相談するとよいでしょう。

国税庁のタックスアンサーも使ってみよう

税金の基本が知りたい場合は、国税庁のオンラインサービス「タックスアンサー」を利用する方法もあります。

国税庁ウェブサイトのメニューから、「タックスアンサー(よくある税の質問)」を開くと、税金の種類ごとに項目があります。調べたい税金名をクリックすると、さらに項目に分かれていますので、知りたい項目を選びましょう。

また、フリーワード検索も可能で、気になる言葉を入れて調べることもできます。

例えば「給与所得」や「年末調整」、転職や退職後の税金に関することなど、会社員に関係する税についてなら「所得税」の項目を選びます。

「給与所得者と還付申告」「退職金を受け取ったとき」など21項目がありますので、最も近いものを選んでみていきましょう。

税金に関する基本的な情報が知りたい場合は、まず「タックスアンサー」を活用してみることをオススメします。

税金, 確定申告, 所得税, 相談窓口, 贈与税, 相続税, 税務署, 国税庁 (写真=Thinkstock/Getty Images)

無料税務相談は役所でも

市によっては、役所で無料の税務相談を実施しているところもあります。税理士が無料で面談での相談に乗ってくれるので、専門家の意見が聞きたいときには利用してみるといいでしょう。

役所の無料税務相談は、1カ月~数カ月に1度といった頻度でおこなわれていることが多く、大抵は市役所のウェブサイトに開催日時や場所などの情報が告知されます。

事前予約が必要な場合も、不要であることもありますが、基本的には市内に住んでいる人であれば、誰でも利用可能です。

例えば、マイホームを買ったとき、親から財産を相続したときにかかる税金についても、相談可能です。ただし、税務相談を実施していない市もありますので、自分が住む地域の役所での開催があるかを確認しておきましょう。

また、相談時間が限られているため、具体的な相談内容をまとめておくことをオススメします。

税理士への相談もオススメ

役所の限られた時間でなく、納得いくまで税務のプロの見解を聞きたいのなら、税理士事務所に行って相談してみましょう。

もちろん有料ですが、贈与税や相続税など基本的な税務相談はもちろんのこと、確定申告の手続き、各種書類の作成、会計業務など税金に関するあらゆる業務を代行してくれます。

企業などの法人には、顧問税理士がついていることも少なくありません。その場合、企業は毎月顧問料を支払います。個人が税理士に税務相談をする場合も、時間で相談料が発生します。

税理士事務所にもよりますが、目安として30分~1時間で5000円~1万円程度と見ておくとよいでしょう。費用はかかるものの、本格的に税金のことで解決したいことがあるのなら、専門家を頼ったほうが効率的な場合もあります。

相談できる環境は身の回りに

今回は、税金に関する相談窓口についてご紹介しました。いつでも気軽にできる国税庁のオンラインサービスから、税務署や市役所の税務相談など、無料で相談できる環境が場所は私たちの身の回りにそろっています。

税金は私たちの生活に深く関わっているものですが、特に会社員の場合は会社で税務処理をおこなってくれることもあり、税金の知識を得なければならないような事態はそうそう訪れないだろうと考えている人もいるかもしれません。

しかし、贈与税や相続税、譲渡所得税などは、ある日突然対処が必要になることも。税金についての疑問が出てきたら、まずは専門機関で相談してみてください。1人で考え込むよりも、きっと明確な答えが素早く得られることでしょう。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集