(画像=Unsplash)

えっ、こんなに高いの?「山手線沿線」1LDK高額賃貸ランキング

敷金だけでサラリーマンの平均年収を超える?

東京で1LDK賃貸マンションと言うと、相場で家賃7万円〜10万円台を想像する人が多いのではないでしょうか。しかし、都内の山手線沿線には想像を遥かに超える高級賃貸マンションというものが存在します。

芸能人が多く住んでいるらしい高級賃貸マンションなど、いったいどれくらいの家賃なのでしょうか。気になる山手線沿線の1LDK、高額賃貸ランキングをSUUMOを使って調べてみました。金額は2016年11月25日時点のもので、管理費込みです。

1LDK高額賃貸ランキング10位〜6位

まずは10位から6位までを見てみましょう。

10位 ラ・トゥール青葉台:53.7万円(渋谷)

9位 パークアクシスプレミア日本橋室町:54万円(神田・東京)

8位タイ プライムメゾン白金台タワー:55万円(目黒)

8位タイ 渋谷インフォスタワーハイツ:55万円(渋谷)

6位 大崎ウェストシティタワーズE棟:62万円(大崎)

渋谷、目黒周辺に集中していますね。

気になる5位から1位は?

5位 御殿山トラストコート:70万円(品川)

品川駅徒歩10分、築27年、地下3階、地上25階建ての物件です。9階や10階であれば賃料は30万円、32万円なのですが、21階になると70万円となるようです。口コミには「ビルのど真ん中に住んでいるという印象が強く、周辺に子供が思いっきり走って遊べる公園が一切ない。共働きの夫婦が子供のなしの生活をらするには申し分がない場所だが、子供がいると話は変わってくる。」との声も。

4位 ベルジュ三田:76万円(田町)

築5年の港区の物件で、田町駅徒歩4分、都営三田線・浅草線三田駅から徒歩1分のタワーマンションです。東京タワーが見える夜景は素晴らしいです。1LDKは125㎡で75万円程度、敷金は300万円です。白を基調とした空間が広がっています。

3位 表参道ヒルズゼルコバテラス:84万円(原宿)

表参道駅から徒歩2分、原宿駅から徒歩7分とこちらも1位、2位の物件に負けず劣らずの好立地です。町並みに馴染む6階建ての建物にはタワーマンションとは異なる趣を感じます。ILDKは60㎡〜90㎡の広さで家賃は50万〜90万円となっています。

2位 ラ・トゥール新宿SOHO住宅:106.9万円(新宿)

ラ・トゥールの物件です。都庁前から徒歩5分、西新宿駅から徒歩6分、新宿駅から徒歩14分と好立地に位置しています。44階建てで、築7年の物件です。153.6㎡の広さで家賃は106.9万円です。

敷金が427.6万円と、サラリーマンの平均年収よりも高いようです。共有部分にはホテルのようなエントランスや会議室なども完備されています。

1位 ラ・トゥール渋谷:198万円(渋谷)

渋谷駅から徒歩5分、表参道から徒歩10分、さらに代官山から徒歩10分と誰もが羨むような最高の立地に位置しています。25階建ての築7年の物件です。家賃はなんと198万円(管理費・共益費含む)です。これは1年分の家賃ではなく、1か月分なのです。敷金も396万円という高さです。

最上階となると、リビングから東京の夜景が見えるのは当たり前。浴室からも夜景を見ながらお風呂に浸かることができます。

この物件の特徴としては、1LDKと言っても228.9㎡と、一般的な一軒家よりも広いレベルの面積にあります。テレビでよく見かけるお金持ちのリビングというのが、このような物件なんですね。

高額賃貸, 高級賃貸マンション, 山手線沿線, ランキング (写真=Thinkstock/GettyImages)

シリーズ名からも高級感が分かる

六本木ヒルズが建設された頃はまさにITバブル時代。ヒルズ族と言われた、高額賃貸マンションに住む人たちが名を馳せた時代でした。この頃から、高額賃貸マンションが注目されだしたと言っても過言ではありません。

大手の不動産会社が出しているマンションシリーズは名前でグレードが分かります。 森ビルのヒルズシリーズや三井不動産の赤坂・ザ・レジデンス、住友不動産のラ・トゥールシリーズは、皆さんも名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

上記の順位にランクインしているものもありますが、ブランド力が高く、新築でなくても人気があってしっかり家賃が入る物件です。共通点として港区、渋谷区、新宿区、品川区あたりに集中していることも挙げられます。

これらのマンション名を耳にした時は、だいたい家賃はこれくらいだなと想像もできますね。年収も思わず想像してしまいそうですが笑、憧れの高級賃貸マンション、筆者も一度は住んでみたいものです。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に