(写真=Thinkstock/Getty Images)

個人型確定拠出年金(iDeCo)で迷わないために。おすすめの金融機関や商品は?

節税効果フル活用で老後に備えよう

老後のお金、あなたは公的年金以外でいくら必要ですか?

自主的に貯めるのは大変という方は、個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)を活用してはいかがでしょうか。

老後のためだけでなく、今の節税もできるというお得な制度を使いこなすヒケツを解説します。

なぜおすすめなの?

毎月の掛け金は5000円以上と少額から無理なく始められ、積み立ての休止や再開も可能です。運用は預金や投資信託などでして、成績次第で老後に受け取る年金額が変わります。

そして一番の魅力は節税効果の高さ。掛け金の拠出時、運用期間中、受給時それぞれに税制優遇があるため、運用益に加えて、効率よく資産を増やすことができるのです。

  • 掛け金の拠出時……掛け金の全額が所得から差し引かれ(所得控除)、その分、所得税や住民税が安くなる
  • 運用期間中……利息や運用益は非課税
  • 受給時……一時金での受け取りなら退職所得控除の対象、年金での受け取りなら公的年金控除の対象となる。受給時期になったら、有利な受け取り方を税理士や税務署に相談して慎重に考えましょう

ただし、注意点もあります。

  • 60歳まではお金を引き出せない
  • 口座管理手数料がかかる

あくまでも、老後まで使わない余裕資金で積み立てましょう。また、口座管理手数料は金融機関によって金額が違うため、確認が必要です(後述で比較しています)。

自営業者、フリーには特におすすめ

公的年金が少なくなりがちな自営業者、フリーランスの方は積極的に活用してほしいと思います。一方、会社員や公務員の方でも、節税効果を考えると、やはり利用価値はあります。

個人年金保険など、非課税枠の小さい方法で老後資金作りをしている人は見直しを検討してみましょう。

金融機関はじっくり検討して

個人型確定拠出年金を始めるには、新規に専用の口座を開く必要があります。金融機関ごとに商品の品ぞろえや手数料は大きく違いますので、複数の候補をしっかり比較・検討して選びたいですね。ポイントは下記の2点です。

1.手数料

個人型確定拠出年金は、加入時の手数料と口座管理手数料がかかります。特に口座管理手数料は、30年では10万円以上の差がでる可能性があるため、他が同じような条件の場合は安い方がいいですね。

また、投資信託で運用する場合は信託報酬という運用コストもかかります。低コストの投資信託を取り扱っているかも確認しましょう。

2.商品ラインナップ

商品は元本確保型の預金と保険、元本が確保されない投資信託があります。後々変更できる商品がそろっているかが重要です。

ポイントは投資信託の品ぞろえです。日本株式型、外国株式型(先進国、新興国)、国内債券型、外国債券型、バランス型(1本で国内外の株式や債券などに分散投資できる投信)の全てのカテゴリーがそろっている金融機関が望ましいです。

また、各社とも、今後は相次ぎ商品やサービスを拡充する見込みです。

おすすめの金融機関は?

筆者がおすすめする金融機関は下記です。

SBI証券

手数料、充実の商品群、総合的に◎

参考:SBI証券

楽天証券

加入時の手数料も口座管理手数料も安い。2017年末までの優遇も有

参考:楽天証券

スルガ銀行

加入時の手数料も口座管理手数料も安い

参考:スルガ銀行

野村證券

口座管理手数料は高めだが、厳選された商品群が充実

参考:野村証券

おすすめの運用方法は?

運用商品は「元本確保型」の定期預金と保険、「元本が確保されない型」の投資信託があります。「元本確保型」でも利息が非課税になるメリットはあります。

ただ、注意したいのは中途解約した場合。定期預金は中途解約利率という本来より低い利率が適用される場合があります。保険を中途解約すると元本割れの可能性もあるのです。後々、スイッチングで別の商品に変更する場合は、タイミングをはかる必要があります。

せっかく個人型確定拠出年金を活用するなら、「元本が確保されない型」の投資信託で少しリスクをとった方が、預金や保険より大きな利益が期待でき、運用益非課税という節税メリットも存分に生かせる可能性が高いため、おすすめです。

積み立てだから、リスク(値動き)も怖くない

「値動きするのは怖い」という方もいると思いますが、投資信託の積み立てでは、価格が上がれば利益が出るのはもちろん、下がったときは口数を増やすチャンスなのです。まさに「値動きすることがチャンス」なのです。

ある程度は上にも下にも価格が変動する運用商品を選ぶことが、資産を増やすポイントです。これはもう慣れるしかありません。

自分の資産全体の中で個人型確定拠出年金を考えよう

個人型確定拠出年金に限らず、投資は余裕資金でするのがセオリーです。

まず考えるのは、金融資産を、当面必要なお金と余裕資金の2つに分けることです。当面必要な資金は、すぐに引き出せるように預貯金で備えておくことです。

確定拠出年金は、あくまで資産配分のひとつ。自分の資産全体の中で、偏りすぎないように考えましょう。

アセット・アロケーション(資産配分)で成果に差が出る

アセット・アロケーションを考える手順は、下記の3ステップが一般的です。

1.どれくらいの損失に耐えられるか(リスク許容度)を考える

これは性格に左右されるかと思います。著者が多くの個人投資家の方々とお会いしてきて思うのは、リスク許容度は理解度に比例するということです。

投資信託の積立では、リスク(値動き)は怖いものではなくチャンスになる可能性が高いです。60歳までの期間が10年以上のように長期運用できる方は、株式などの価格変動にも慣れていってリスク許容度を高めていくことが、資産の増加につながるのです。

2.運用資金を株式、債券などに配分する

リスク許容度によって、株式と債券の配分を決めます。一般的には、リスク許容度が高ければ株式を多く、低ければ債券など元本確保型を多くします。

ご承知のように現在の超低金利では、定期預金の利率は0.01%程度です。一案として、確定拠出年金から外れますが、元本確保型は個人向け国債の利用もありです。個人向け国債10年変動金利型の利率は0.05%が下限で、半年ごとに見直され、世の中の金利が上昇すれば利率も上がります。この低金利の中、注目されている金融商品です。

リターンが高いものを個人型確定拠出年金で運用した方が税制上のメリットも大きくなります。あくまでも、資産全体の中で配分を考えましょう。

3.具体的に、どの商品に投資するかを決める

では次では、投資信託を選ぶポイントをご紹介します。

個人型確定拠出年金, iDeCo, 老後のお金 (写真=Thinkstock/GettyImages)

パッシブ運用、アクティブ運用とは

まず、株で運用する投資信託は、市場平均と同程度の運用成績を目標とした運用スタイルである「パッシブ運用」と、ベンチマークや市場平均を運用成績を上げることを目標とした「アクティブ運用」に分かれます。

パッシブ運用

株価指数(日経平均株価、NYダウなど)に連動した運用手法。機械的に市場全体に投資し、企業調査などのコストが不要なため運用手数料が低いという強みがあります。

アクティブ運用

有望と思われる企業に絞って投資する手法。株価指数を上回る成績をめざします。企業調査などのコストがかかるため運用手数料は高め。

バランス型とは?

また、バランス型といって、1本で日本株、外国株、日本債券、外国債券などに分散投資された投資信託もあります。分散の割合は運用者が決め、商品ごとにテーマや運用方針があり、中身の内容が違っています。

「バランス型」から始めなくてもいい

「初心者はバランス型から始めましょう」というアドバイザーや書籍、WEB情報が多いのですが、著者はそうは思いません。

組み込まれた中身が何なのかよく分からず投資して、不安なまま放置しているという人を何人も見てきたからです。分からないものには手を出さないのが鉄則。

投資ビギナーさんの場合は、まずは分かりやすいもの1本に絞り価格変動に慣れることが先決です。その後、ご自身の考え方に合うバランス型に見直しをしてもよいでしょう。

投資ビギナーに向いている投資対象は?

初心者でもわかりやすい投資対象といえば日経平均株価ではないかと思います。

毎日、テレビのニュースの終わりに「今日の日経平均株価は~円」と言っているので、今、上がっているのか下がっているのか、わざわざ検索しなくても知ることができますし、大きく動いた時はトップニュースにもなり、理由の解説もしてくれます。

また、海外旅行が好きで為替を見るのが得意というような方なら、米ドル建て債券でもよいでしょう。米ドルも、毎日のニュースで値動きを知ることができます。

手数料が安いものを選ぼう

アクティブ運用型よりもパッシブ運用型のほうが手数料は安いです。運用手数料にあたる信託報酬は、アクティブ運用型で年率1~3%、パッシブ運用型で年率0.2~1%と大きく違います。

ただ、投資信託の運用各社は多くの資金を集めるため、信託報酬を低めに設定する動きも出ています。例えば、レオス・キャピタルワークスは、既存の「ひふみ投信、ひふみプラス」と同じ内容の「ひふみ年金」の信託報酬を約0.8%と、既存(1%)より下げています。

実績のあるアクティブ運用の商品で手数料が安くなるなら、検討する価値があると思います。

お金を増やすためには

お金持ちは、若い時からコツコツと投資や貯蓄を続け、長い時間をかけて資産を増やしてきた人が多いです。「堅実」と「投資」がお金持ちへの道なのです。

個人型確定拠出年金は、無理なく長く投資を続けられる制度です。ぜひ使いこなして、今も老後もリッチにいきたいですね。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に