(写真=Thinkstock/Getty Images)

30代で知っておきたいお金の使い方・増やし方。何のためにお金を貯めるのか?

30代女性で1000万貯めている人には、やっぱり目標があるんです

筆者は来年30歳を迎えますが、年齢を重ねるごとに関心が出てきたのが「貯金」。お金をためることだけが目的になってしまうのは考え物ですが、いざというときに困らない程度の貯金はしておきたいと思うようになりました。

とはいえ、「30代に適した目標貯金額」や「どうすればコツコツと貯金が続けられるか」など、貯金について理解できていない部分も多いことに気が付きました。周囲の同年代の友人も、「毎月の給料から一定額を貯金している」「貯金したいのに、なかなかできない!」など、貯金に対する考え方もさまざまです。

そこで今回は、30代の平均貯蓄額やお金の使い方などについて調べてみました。

30代はお金をいくら持っている?

金融広報調査委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、30代独身の平均預貯金額は、約475万円です。また、2015年度の国税庁「民間給与実態統計調査」によれば、30代の平均年収は約414万円という結果が出ています。

貯金≒年収という30代が少なくないということでしょう。何らかの理由で働けなくなっても、年収程度の貯金があれば、すぐに路頭に迷う不安は感じにくいのかもしれません。

一方、マイナビウーマンが30歳~39歳までの女性を対象に2015年に実施した Webアンケートでは、貯金額が100万円未満と答えた人が13.8%、500万円以上~600万円未満の人が2番目に多い15.6%という結果が出ています。そして、最も割合が多かったのが、1000万円以上の20.1%。平均年収よりも多い貯金額がある女性も少なくないようです。

マイナビウーマンが主に働く女性向けの情報サイトであることを考えると、30代の働く女性という限られたなかでも、貯金額にかなりの差があることが分かりますね。

30代の平均貯蓄額

30代の独身の平均預貯金額は約475万円ですが、先ほども挙げた2015年の「家計の金融行動に関する世論調査」から、「手取り収入からの貯蓄割合」を見てみると、30代シングルの約4分の1の人が、貯蓄額は収入の10~15%未満だと答えています。

30代,平均貯蓄額,貯金,お金の使い方 (写真=Thinkstock/GettyImages)

例えば、ボーナスを除いた年収が360万円で、月収の額面が30万円だったとします。額面から2割程度が保険料や税金で差し引かれるため、手取り収入は約24万円。そのうちの15%を貯金に回すと考えると毎月の貯金額は3万6000円です。1年間貯金して42万2000円、これを20代の頃から10年間続けていれば、30代で440万円の貯蓄ができていることになるわけです。

「将来に向けて貯蓄を始めたいけれど、月にいくらずつ貯金すればいいか分からない」という人は、まずは毎月の手取り額の15%を目安にしてみるとよいでしょう。

30代のお金の使い道

博報堂生活総合研究所が実施した2016年の「生活定点調査」の「現在、何にお金をかけていますが?」という質問に対し、30代女性は「子供のための教育・勉強にかけるお金」が39.2%という結果が出ています。これは、30代男性の23.7%に比べて、高い割合となっています。30代になると結婚して家庭を持つ女性も増えるため、結婚にかかる費用はもちろん、子供の教育資金など、ライフイベントに応じた出費が増えてくるのでしょう。

特に女性の場合、結婚して子どもを持つにあたっては妊娠・出産する立場であるため、男性と比べると子どもを持つ年齢が早いことも多いことから、このような結果になっていると考えられます。

一方で、同じ30代女性では「趣味にかけるお金」と回答した人が15.4%、「レジャーにかけるお金」が19.4% と、自分の楽しみのためにお金を使う人も一定数います。「自分のための教養・勉強にかけるお金」は8.0%と多くはないものの、今後の仕事や将来を見据えて、自己投資している人もいるようです。

20代の頃と比べて、30代にもなると、やりたいことにお金がかかるようになる側面もあります。結婚をするかしないか、どのような働き方をしていくかなどは人それぞれですが、30代の毎日を充実したものにするためには、やはり一定の貯金をしておいたほうがよさそうです。

何のためにお金をためるのか?目的を決めよう

貯金が大切であることは分かるものの、「ただ何となく貯金する」というだけでは、モチベーションもなかなか上がりません。「老後のため」などと先を見据えて貯金をするにしても、一体いくらためればよいのかもハッキリしませんよね。

ブログ「ももねいろ」を運営するフリーの家計管理術研究家・橘桃音さんは、結婚当時の貯金ゼロからスタートし、30代後半で貯蓄額が1000万円を突破したそうです。しかし、決して常に順風満帆だったわけではなく、一時は500万円の借金を抱えたこともあったといいます。

貯金をするコツとして、ブログの中で橘さんは「貯金額ではなく、貯金をする目的を決めること」の大切さを述べています。橘さんご夫婦が1000万円をためられた理由は、「住宅ローンの返済」という明確な目的のためでした。

ただ「300万円をためる!」と金額を決めるのではなく、「資格取得のため」「結婚資金のため」など、ためる理由を明確にすることで、モチベーションが上がり、貯金への集中力がつくのだそうです。同じ300万円をためるとしても、目的があれば、より前向きに貯金に取り組むことができるのですね。

また、橘さんは記事の中で「一定の貯金がたまったら、自分の成長に投資することが大事」とも述べています。貯金は大切ですが、できれば、ただお金をためこむよりも、そのお金を自分への投資に使うほうが、価値あるお貯の使い道であるるのは間違いないでしょう。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に