(画像=Unsplash)

世界のトップたちが毎日行う「ルーティーン」って?

泊まるホテルには◯◯が必須

人は平等に24時間を過ごすことができますが、明らかに自分より多くのことを達成しているように見える人々がいるのはどうしてなのでしょうか。

お金持ちやエリートの成功の秘訣を、彼らのルーティーンから見てみましょう。

トップの人物が行っているルーティーンとは?

トップに上り詰めた人物や超エリートたちに共通のルーティーンはあるのでしょうか。

「大成功している人々の朝の習慣」というフォーブスの記事によると、オバマ大統領の朝のルーティーンは、家族と一緒に朝食を食べ、娘2人を学校に送り出すのを手伝うことだそうです。エクササイズも忘れません。

Appleのティム・クックCEOは、まずメールチェックをしてからエクササイズへ。

『プラダを着た悪魔』のモデルとも言われるVOGUE(ヴォーグ)のアナ・ウィンター編集長は、早起きをしてニューヨークのミッドタウン・テニスクラブで朝1時間のテニスをするのがルーティーンだそうです。

Disneyのローバート・アイガーCEOは、早朝のエクササイズを楽しみメールをチェックし、ウェブ・サーフィンをし、新聞を読み、音楽を聴いているそう。

Twitter の創業者で、SquareのCEOであるジャック・ドーシー氏の朝は、メディテーションから始まり、約10kmのジョギングをするのが ルーティーンとなっているそうです。

過ごし方はそれぞれにしろ、ぎりぎりまでベッドにいて大慌てで仕事に出かけるというのではなく、それぞれのルーティーンがあるのだという点は共通していますね。

またトップの人物は、ルーティーンの中に何らかのエクササイズを取り入れる傾向が強いことも分かっています。

世界のトップが実践するルーティーンスポーツとは?

富裕層2

では、世界のトップやエリートたちが、ルーティーンの中に取り入れているエクササイズとは一体何でしょうか。

それはランニング、ジョギング、ウォーキングやバイキングなどの有酸素運動。有酸素運動が健康によいだけではなく、頭をすっきりとさせてくれることは、お気付きですよね。

ちなみにオバマ大統領は45分のエクササイズを週6日こなすのだとか。

高級ホテルに必ずある◯◯とは?

千代田区のとある高級ホテルの英語のウェブサイトには、ホテル周辺のジョギング・コース・マップが用意されています。

欧米の富裕層たちがホテルを選ぶときは、ジムがあるかどうかということも必ずチェックします。ホテル周辺を気軽にジョギングできることや、出張中でもジムに立ち寄ることができることが重要なのでしょう。

富裕層やエリートは日々の生活の中に必ずエクササイズを取り入れています。

世界中を飛び回り、どこにいてもルーティンスポーツを欠かさない彼らにとってはどこに居てもできるジョギングやジムが人気のようですね。

参考URL:
2016年1月29日付 forbes
2016年3月8日付 Business Insider
2015年6月24日付 Business Insider

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に