(写真=Thinkstock/Getty Images)

1冊のノートが運命を変える!?稼ぐ力を付ける「夢ノート」の作り方

夢を実現してくれる夢ノート。早速実行してみよう

「今よりも仕事ができるようになって、もっとお金を稼ぎたい。」

でも「そのうち稼げるだろう」と願望だけで終わってしまっていませんか。この稼ぐ力があるかないかの差はノートの付け方にあるようです。ぜひ、稼ぐ力を手にいれましょう。

ほんとにパソコン・スマートフォンで十分?

稼ぐノートの付け方の前にまず書くことの重要さについてお伝えします。「最近、手書きで文字を書いてない」そう思った人は要注意です。企画書を作成する時、いきなりパソコンに向かっていませんか?一見、すぐにパソコンに向かう方が時間の短縮になるように思えますが、操作方法や画面の細かい調整なども同時に頭の中に入ってきます。これでは情報の整理ができません。

整理のしやすさで言えば、手書きが一番です。手書きで書くことで一気に作業効率があがります。付箋で思いついたものを書き出すのも同じ効果があります。さらに記憶に残りやすいというメリットもあるのです。次に3つのノートの活用法を紹介していきます。

夢ノートはただ書くだけじゃ願望は実現しない

「夢ノート」一度は書いたことがあるという人は多いでしょう。書いたことがある人はどれくらい実現しているか数えてみてください。ほとんど実現していない人は、書き方がまずいのです。例えば「3キロ痩せる」これは実現しない書き方の代表です。

この願望を実現するためには2つのポイントを抑えましょう。1つは、「夢を具体化させること」です。いつまでに何キロ痩せたいのか?「2か月後のクリスマスまでに赤いワンピースを着るために3キロ痩せる」ここまで具体的にすると目標が明確になり行動に落とし込むことができます。

しかし、これだけでは足りません。もう1つ重要なポイントがあります。それは「実現した時の感情を感じること」。

これが願望を実現させるために背中を押す役割を果たします。痩せて赤いワンピースを着た時、どんな気持ちなのかを想像して感じるのです。楽しい、嬉しい気持ちを感じることで、その感情に近づこうとします。よく願望を実現させるためには、潜在意識を活用すると言いますが、まさしくこの状態です。潜在意識が働くことで、お菓子を我慢できるようになったり、運動を続けることができたり、痩せているなりたい自分に近づきます。書くことで記憶に残りやすく、潜在意識にも働きかけやすくなります。

ノートに思考を「見える化」する

夢ノート, 稼ぐ力 (写真=Thinkstock/GettyImages)

稼ぐことができるということは稼ぐための具体的な行動ができているからです。つまり、稼ぐことができないのは、稼ぐためにどうやって行動したら良いのかが分からないから。ということは、「行動を見える化・思考を見える化」させれば良いということです。

まず、いつでもノートを見直せるように、持ち運びしやすいB5サイズのノートを用意します。ノートの上部には日付を明記します。ここから3つのステップで書き出していきます。

最初に自分が持っているスキルを書き出します。この時「これはお金にはならないことだからいらない」とは勝手に判断しないで、自分が持っているスキルを全部書き出します。自分では大したことないと思っていたことが、意外と稼ぐことにつながる可能性もあるのです。

次に書き出したスキルに対して、どんな人がターゲットになるかを書き出します。例えば、アクセサリー作りが得意な人は興味がある女性や主婦などがターゲットとなります。最後にアクセサリー作りの教室や講座を開催することを考えます。

そこからいくら稼ぐかを書き出します。そのために教室や講座を開催するための集客までの具体的な行動リストまで書き出します。あとは実行するだけです。出きたことは赤線を引いて消していき、新たなことを追加していきます。

株の成功もやはり書くこと

株の場合、日々の取引の様子や結果など数字を記録しているという人は多いでしょう。ここに、何を根拠にして購入や売却を検討したのかという計画と、それに対する実際の行動も加えていきます。

後日、このノートを振り返ることによって「計画とは別の動きをしてしまった」「根拠なく購入してしまった」という、自分では気がつかなかった癖を発見することができます。株に勝つためには、自分の欲や感情のコントロールができることも重要なポイントです。

そのため、自分自身で勝った時や負けた時の自分の行動と気持ちを客観的に見ることで、取引の際に感情のコントロールができるようになります。

引き寄せの法則を使った夢ノート。サッカーの本田圭佑選手も、「一年後の成功を想像すると日々の地味な作業に取り組むことができる」と言っています。自分を客観的に見て、一歩ずつ夢に近づいていきましょう。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に