(写真=Thinkstock/Getty Images)

不労所得だけで生活したい!そんな人のために方法と注意点を紹介します

どうやって不労所得を得るか、具体的に考えてみよう

「不労所得」。そう聞いて、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?

「働かなくてもお金がもらえるなんてうらやましい!」「なんか怪しい…」「初心者でもできるの?」など、さまざまなイメージを持つ人がいると思います。

筆者は株式投資をしていますが、株で得られる利益だけで暮らす…というのは、なかなか想像しにくいのが本音です。経験や資金の問題などもありますが、それだけで収入を得られるようになるまでには、長い道のりがあるように思えます。

しかし世の中には、不労所得だけで暮らしている人がいるのも事実。不労所得を得るための方法はさまざまでも、「仕事をせずにお金を稼ぐこと」は不可能でないことがわかります。とはいえ、注意しないとだまされてしまったり、失敗して資金が底をついてしまったりする可能性もあります。

今回は、不労所得だけで暮らすための方法とその注意点について、調べてみることにしました。

不労所得を稼ぐ方法

不労所得を稼ぐ方法には、いくつかあります。基本的に、自分が労働しなくても収入が得られるものについては、全て不労所得といえます。例えば、小説や歌手のCDなどの売上げで入る印税や、会社の役員報酬なども、不労所得のひとつといえます。とはいえ、それらはすぐに始められる方法とはいえませんよね。

不労所得として代表的なものには、株やFX、不動産投資などの投資で稼ぐ方法、情報商材やアフィリエイトなどのネットビジネス、システム手数料や利用料を得るビジネス、自宅前のスペースに自動販売機を置いて売上げの一部をもらう場所貸しビジネス、口コミで商品を販売していくネットワークビジネス、撮影した写真などをサイト上で販売するビジネスなどがあります。

自分の人脈により個人契約で行う仕事「ネットワークビジネス」

不労所得, 投資, アフィリエイト (写真=Thinkstock/GettyImages)

自分の人脈や人間関係を使って不労所得を得る方法として、ネットワークビジネスがあります。通常、メーカーから新商品が出ると、CMや雑誌広告などの宣伝を行い、消費者に購入を促します。ネットワークビジネスの場合は宣伝をせず、「口コミ」で商品を薦め、購入してもらうビジネスです。

ネットワークビジネスで販売される商品の内容は、化粧品やヘルスケア用品、調理器具などさまざまです。宣伝費や広告費がかかっていないため、商品を薦めた相手が購入してくれれば、その中の一部が収入として入ることになります。     ネットワークビジネスが特徴的な所は、自分が商品を薦めた人がさらに他の人に勧めるなど、紹介される人の数がどんどん増えていく所です。自分が商品を薦めた人が、さらにたくさんの人に勧めていくことで、それがひとつのグループとなり、グループが増えていけば、自分は何もしなくても得られる報酬が増えていきます。トップクラスの人になると、年間で数千万円~を稼ぐ人もいるそうです。

ネットワークビジネスの注意点として、人間関係が壊れてしまう可能性があります。グループを広げたい、報酬を得たいあまり、家族や友人、会社の仲間だけでなく、ほとんど交流のなかった同級生などにまで熱心に活動(商品の紹介・勧誘を頼む等)する人もいます。「ネットワークビジネス」という名の通り、自分の人脈を使うことになるため、やりすぎると嫌がられてしまったり、気が付いた時には大切な人が離れていってしまっていた、ということもあります。

また、ごく一部の人を除いては思ったより儲からず、場合によっては赤字になってしまうこともあるようです。ネットワークビジネスは合法的なビジネスですが、相手に嫌がられる薦め方をしないことや、のめりこみすぎないことが大切なようです。

クラウドワークスなどの紹介システムを使う仕事

不労所得, 投資, アフィリエイト (写真=Thinkstock/GettyImages)

自分で作ったサービスを例えばクラウドソージングサイトの「クラウドワークス」では、システムを利用して受注者が仕事をした場合、発注者が支払った報酬から、システム利用料が数割程度引かれる仕組みになっています。利用者がシステムを使うことで、運営者が利益の一部を得られる仕組みになっています。クラウドワークスのように、ニーズがある人同士を結び付けるサイトのことを「マッチングサイト」と呼びます。

また、自分でブログなどを立ち上げて商品を紹介し、そこから消費者が申込みなどをすることで報酬が入る成果報酬型のアフィリエイトも、不労所得を得る方法として知られています。中には、アフィリエイト収入だけで月に数十万~数百万円を稼ぐ人もいるようです。

これら紹介ビジネスのメリットとして、商材を仕入れる必要がないなど、初期費用がほとんどかからないことが挙げられます。自宅にインターネットさえあればスタートできるのに加え、システムやブログ、サイトさえ作ってしまえば、自分が何もしなくても、ユーザーがサービスを利用するのを待っているだけで、自動的に収入が得られます。

注意点として、利用者を増やし、アクセスを集めるサイトやブログなどを作るためには、ネットに関する一定の知識があることが必要な点が挙げられます。同じ商品を紹介していても、とあるブログには大量にアクセスが集まるのに、自分のブログには全然人が集まらない、ということも珍しくありません。

最近では「手軽にできる副業」としてアフィリエイトが特に人気になってきているため、ただ商品を掲載しただけではうまくいかない可能性が高くなっています。SEO対策や記事の内容など、ユーザーに関心を持ってもらうために勉強することが必要です。

自分で元手を使ってお金に働いてもらう方法

不動産投資や株・FXなどの投資は、自分の持つ資金を元手にしてお金に働いてもらうという方法です。

不動産投資は、単身者向けマンションや一棟アパートなどを購入し、賃貸に出すことで家賃収入を得る方法です。最初に投資用不動産を購入する必要があるため、数百万~数千万円程度の資金が必要になります。

銀行で融資を受けられる可能性もありますが、メンテナンス費用などもかかるため、ある程度の自己資金があった方が安心です。購入した不動産に入居者が入れば、安定的な家賃収入が入るため、いざという時も安心です。家賃は価格の変動も少ないため、収入が大きく減る心配も少ないでしょう。

株やFXなどの違いは、「企業に投資するのか、通貨に投資するのか」という点です。株の場合は、企業が資金を調達するために発券する株を買い、株価の差額で利益を出します。一方で、FXはユーロやドルなどの外国通貨を買い、その差額で利益を出すという仕組みです。

株式市場で取引ができるのは平日の9時~15時までですが、FXの場合は平日であれば24時間取引が可能です。一方で、FXで選べる国の種類が10種類程度なのに比べ、株の場合、日本株だけでも4000社もの企業から、欲しい株を選ぶことができます。株は、100株などの単元株で売買されるのが基本で、数万円~数十万円するものが多いですが、FXの場合は数千円からスタートすることができます。

芸能人でも、本業のほかに投資をして成功している人は少なくありません。お笑いコンビ・キャイーンの天野ひろゆきさんは、不動産投資や株式投資に取り組み、現在の資産は数億円とも言われています。グラビアアイドルの杉原杏璃さんは、約30万円の元手で株式投資をスタートし、1000万円もの利益を得たそうです。

浮き沈みの激しい世界で、投資に取り組み不労所得を得ている芸能人は、意外と少なくないようです。

投資のデメリットとして、損をするリスクがある点です。不動産投資の場合、安定性はあるものの、入居者が入らない、家賃が支払われない可能性もゼロではありません。購入した物件が瑕疵物件だったり、災害などで物件が被害に遭ったりで、価値が下がってしまう可能性もあります。

少額から株やFXをスタートした場合でも、うまくいっている時はよいですが、大きく値動きしたり、情勢が悪化した場合などには損失が出てしまうことがあります。いきなり大きく儲けようとするのではなく、あくまでも日常生活に支障のない余剰資金で行うのが良さそうです。

だまされないように、ウラ側まで考えよう

不労所得, 投資, アフィリエイト (写真=Thinkstock/GettyImages)

働かずに不労所得を得ることができれば、誰でも嬉しいでしょう。しかし世の中には、不労所得を得ようとしている人を狙って、お金を騙し取ろうと考える人もいます。

例えば、ネットビジネス初心者に向けて高額な商材を売りつけられたり、「アフィリエイトで儲けるためにはホームページ作成が必要」と言われて作成費を支払わされたり、不動産投資で物件を購入する際の手付金をだまし取られるなど、さまざまな事例があります。

多額のお金を騙し取られて生活に支障が出てしまった…ということにならないよう「本当に大丈夫だろうか?」と、常に冷静さを忘れないようにしましょう。

不労所得を得ることができる可能性は誰にでもありますが、始めのうちは、利益を得ることができたとしても少額であることがほとんどです。不労所得を増やしていくためには、自分で勉強したり、成功している人の話を聞いたり、成功や失敗を繰り返すなど試行錯誤する必要があります。

「ラクをして儲かる」「初心者でも儲かる」とうたっている業者や、見るからに怪しいビジネスには手を出さないのが賢明です。

不労所得だけで暮らすには時間がかかる!

仕事などでもそうですが、初めてのことをする時には、成果を出すまでにある程度の時間がかかりますよね。不労所得を得るのも同じです。いくら働かずにお金を得られることができるといっても、ある程度の収入を得られるレベルに行きつくまでには、やはり時間はかかるようです。逆に「始めてすぐ儲かった!」という場合でも、慎重に続けていくことが大切です。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に