(写真=Thinkstock/Getty Images)

老後の生活費、いくらかかる?必要な生活費とその内訳をまとめてみた

老後に向けて今のうちからお金を貯めておきましょう

老後に退職金と年金だけで暮らしていけるのかどうか想像するのは難しいですよね。しかし、老後の生活費がいくら必要なのか知っておくことで、今からどのくらいお金を貯めれば良いのかがイメージしやすくなります。そこで、今回は老後に必要な生活費についてまとめてみました。

老後ってだいたいいくらお金を使う?

「世帯主の年齢階級別家計支出(二人以上の世帯)-2015年-」(総務省統計局)によると、2人以上の世帯で世帯主が60歳以上の高齢無職世帯の支出の平均は、60~64歳が月27万6620円、65~69歳が27万5872円、70~74歳以上は24万8122円、75歳以上は22万7266円で、全体の平均は24万7815円。高齢者になったら、夫婦2人で月25万円の生活費がかかると見ておいた方がよいでしょう。

1人あたりで考えると、60歳以上で必要な月々の生活費は、平均で約12万4000円程度は必要。やはり高齢者になると月々の支出は減るものの、現役時代と比べてお金が全然かからないというわけではなく、やはりある程度の支出は避けられないことがわかります。

老後の生活費、その内訳は?

老後生活費2 (写真=Thinkstock/Getty Images)

では、老後にかかる費用の内訳は、どのようになっているのでしょうか。

2015年の高齢夫婦無職世帯の家計収支の平均値を見てみると、60歳以上の高齢無職世帯の場合、夫婦2人の場合で、食費=6万2432円、住居費=1万7500円、光熱費=2万385円、交通費・通信費=2万286円、交際費=3万484円、医療費=1万5405円、教養娯楽費=2万6066円となっています。

ちなみに、40歳未満の世帯の場合、世帯人員3.64人の場合で食費=6万2656円、住居費=2万5921円、光熱費=1万9387円、交通費・通信費=4万6860円、交際費=1万2153円、医療費=9167円、教養娯楽費=2万6794円。40歳未満だと、レジャーや子どもの学校などにかかる交通費や、スマホ・PCなどの通信費はやはりある程度かかるようです。一方で医療費は1万円以下と、病気などの割合が高齢者と比べると少ないことがわかります。

高齢になると全体の支出はやや減るものの、食費や光熱費は若い頃とほぼ同じ水準。子どもが巣立てばその分食費は減るはずですが、年齢を重ねると自炊が大変になることから、惣菜や宅配の食事などを頼むなど、結果として食費にかかるお金は変わらないのかもしれません。

また、交際費は3万484円と、40歳未満の世帯の倍以上になっています。仕事にかかる時間がない分、外出や付き合いなど自分たちの楽しみに費やす時間が若い世代よりも増えていることがわかります。

現役時代に仕事をして収入を得ていた人にしてみれば、高齢者になったからといって、いきなり生活水準を下げるのは難しい面があるのかもしれません。とはいえ、いざというときに働いて収入を得ることが難しい高齢者が余裕ある暮らしをするためには、年金以外にも老後を迎えるまでにある程度の貯金が必要不可欠のようです。

まとめ

現在、年金の受給開始年齢は65歳です。仮に85歳まで生きるとして、20年あります。夫婦で月に25万円の生活費が必要だとすると、年間300万円、20年で6000万円が必要になります。1人暮らしだとしても3000万円必要なのです。もちろん生活費以外に、病気になった時や、介護が必要になった時のためのお金なども必要。年金で生活費はまかなえたとしても、もしもの時のお金がなければ、いざという時生活は一気に苦しくなってしまいます。

今の現役世代が年金をもらう年齢のときは、受給年齢の引き上げや減額などの可能性があるとも言われています。老後の生活費に困ることのないよう年金だけを当てにせず、今のうちからお金を貯めておくことも意識しておきましょう。

参考:
世帯主の年齢階級別家計支出(二人以上の世帯)-2015年-(総務省統計局) 

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に