(写真=Thinkstock/Getty Images)

不労所得を作ろう!働かなくても収入を得るためのポイントとは?

働かなくてもお金が手に入れるために覚えておきたいこととは?

どんなに仕事が楽しくても、働かなくてもお金がもらえる生活ができたらいいのにと考えた人もいるかもしれません。そこで気になるのが「不労所得」。そこで今回は不労所得について調べてみることにしました。

不労所得って何?

不労所得とは文字通り「労働しなくても得られる所得」のことを指します。

広告収入やアフィリエイトなどのネットビジネスや、不動産投資から得られる家賃収入、株やFXなどで得られる利益などのほかに、書籍を執筆して得られる印税や会社の役員報酬も、不労所得のひとつです。

覚えておく必要があるのは、いくら働かなくてもお金が入ってくるからといって「全く何もしなくてもよい」というわけではない点です。例えばブログなどで広告収入を得る場合はその準備が必要になりますし、不動産投資の場合でも、物件を探したり、定期的にメンテナンスを行うなどの手間はかかります。不労所得を得るためにはそのための仕組み作りが必要であり、準備や工夫が求められるということは知っておきましょう。

不労所得と勤労所得の違いは?

不労所得の逆は「勤労所得」。仕事をすることで、労働の対価として給料や賃金をもらうことを指します。世の中の大半の人は、会社に所属したり自営業などを行い、勤労所得という形で収入を得ています。

会社で働く人の場合、月に得られる賃金は会社によって決められています。営業職などで歩合制やインセンティブがある場合や、残業代などで多少は収入を上げることもできますが、収入を増やすことは労働時間を増やすことにつながります。

しかし、会社員の場合、納税額を自分で決めることは許されていません。給料から自動的に天引きされるため、手取り額を自分でコントロールすることができないのです。また、勤労所得の場合は自分の時間を切り売りする必要があるため、勤労所得をもらい続ける限りは、同じ時間を費やさなくてはいけません。また、所得を増やすための工夫などをする時間がなく、どんなに労働時間を費やしても、収入を増やすための仕組みを作ることが難しく、永遠に同じ時間の労働をしなければいけなくなります。

一方で不労所得の場合、同じ時間を新たな不労所得を生み出すことに費やすことができます。自分が作った仕組みで収入を得られるため、所得を上げることも可能になります。

不労所得を稼ぐことより、そこに至る考え方が大事

不労所得生活2 (写真=Thinkstock/Getty Images)

生活のために賃金の安い仕事をやらなければならない状況では、やりたくない仕事もやらなくてはいけません。しかし、不労所得である程度の収入があれば、自分でやりたい仕事を選ぶことができ、仕事への意欲も前向きになります。

また、仕事で忙しいとどうしても日々に追われてしまい、あっという間に時間が経ってしまいます。もし将来やりたいことができても、勤労所得を得るためにはある程度の時間を費やさなければいけないことも多く、すぐには身動きが取れなかったり、やりたいことが思うようにできない可能性もあります。労働時間を短縮できるため、介護などプライベートなことに時間を費やすことが必要になっても、お金の心配をしなくてよいというメリットもあるようです。つまり、不労所得を得られるようになることで、人生の自由度は高くなるのです。

「働かずにお金がもらえるから不労所得が欲しい」という考えではなく、あくまで「自分の人生の夢や目標を叶えたり、理想の生活を手に入れるための手段のひとつ」として考えることが大切です。

いきなり仕事を辞めるのはNG

ある程度不労所得を手にすることができるようになっても、いきなり今の仕事をやめることは避けましょう。

例えば不動産投資でも急に空室となり、長く入居者が入らなかったり、株をやっていても情勢や株価の下落などで大損をしてしまう可能性があります。会社で働いている限り、毎月決まった給料は支払われます。いきなり仕事をやめるのではなく、まずは仕事と不労所得の両立を続けた方がよさそうです。

なかには、いくら働かずに収入が得られるようになっても、仕事をすることで得られる充実感・達成感が得られない毎日に物足りなさを感じてしまう人もいるようです。すべての人が「不労所得さえあれば満足できる」というわけではないようです。

まとめ

不労所得が入ってくることで、得られるメリットは大きいです。しかし、不労所得で暮らせるだけの仕組みを作るのには労力がかかるだけでなく、はじめのうちは思うように収入が得られない可能性もあります。

また、うまくいって不労所得のみで生活できるようになったとしても、それだけでは物足りなさを感じる人もいるようです。十分なお金さえあれば幸せというわけでもないのが難しいところですね。

ただ、不労所得があることで人生が豊かになるのは確か。あらゆる場面での選択肢が増え、いざという時もお金の心配をせずに生きていけるということは、気持ちの面でも安心感につながり、さまざまなチャレンジもしやすくなります。まずは仕事を続けながら、不労所得を手に入れる仕組みを考えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に