(写真=Thinkstock/Getty Images)

老後の不安はやはり生活資金。年金だけで生活できる?

まだまだ先のことと思いつつ、心配ですよね……

老人の貧困層が増えているというニュースなどを見て、自分の老後が心配になったことがありませんか?「平成25年度 生活保障に関する調査」(生命保険文化センター調べ)によると、現在老後に不安を感じている人は、約85%にものぼるそうです。

貧困老後の状態にある高齢者は年々増加、今では4人に1人が貧困層です。今後貧困老後の高齢者はさらに増えていく予測もされていて、ますます不安になってしまいます。いったい、いくらあれば老後の生活はできるのでしょうか。

参考:平成25年度 生活保障に関する調査<速報版>

老後っていくらかかるの?

65歳で退職した夫、専業主婦の妻というケースで考えてみましょう。

「平成26年度家庭調査年報」によると、食費や水道光熱費、衣服代、住居費、医療費、交通・通信費、娯楽など生活に必要な支出を含めると、総支出は月275,706円。男性の平均寿命が80.21歳、女性の平均寿命が86.61歳なので、老後はほぼ20年。これで計算すると、老後に必要な金額は下記の通りとなります。

275,706円✕12カ月✕20年=66,169,440円

参考:平成26年度家庭調査年報

受け取る年金をまったく考えず、貯金だけで老後をまかなおうとすると、なんと6600万円以上が必要という計算に!ここから大きな病気になったときの医療費や要介護状態になった時の介護費、家のリフォームなどを考えると、もっとお金は必要になります。

年金だけで老後の生活ができるか?

老後の主な収入源は、やはり「年金」です。

先ほどと同じ65歳で退職した夫、専業主婦の妻という夫婦の場合で考えてみましょう。

社会保障給付(国民年金)が194,874円、その他が18,505円、月の総収入は213,379円となります。前述の通り、総支出は275,706円なので、総収入から総支出を引くと以下のようになります。

総支出213,379円–総支出275,706円= ▲62,326円

毎月62,326円の赤字なので、数字だけを見るとやはり年金だけで老後を暮らすのは難しいといえるようです。しかし、退職金もありますし、支出を減らしたり、老後もある程度働いて収入を得ることをふまえると、ここから赤字額は減らすこともできそうですね。

老後の準備資金はいくらくらい?

まずは自分が老後、いくら年金をもらえるかをチェックしてみましょう。毎年、日本年金機構から誕生月に「ねんきん定期便」が届いていると思います。その中の老齢年金の見込額を確認してください。この金額をもとに、老後に必要な資金はいくらかシミュレーションしてみましょう。

この夫婦の場合、毎月赤字額は62,326円なので、老後に準備する資金は

62,326円✕12カ月✕20年=14,958,240円

だいたい1,500万円です。けっこう、大きな数字ですね。

単純に1,500万円貯めるには、月々30,000円ずつ積み立てたとすると、40年ほどかかります。この気長な方法もひとつではありますが、インフレや、今のゼロ金利などを考えると、あまりお得な方法とはいえませんね。また、不慮の事故や病気などに備えて、もう少し余裕を持った準備資金がほしいところです。

もちろん、会社員で共働きしている家庭なら、それぞれ退職金もあるでしょうし、もっと少なくても大丈夫かもしれません。自営業のご夫婦だと国民年金しか年金がないので、もっと多くの準備が必要になるでしょう。

老後の仕事って?

老後不安 (写真=Thinkstock/Getty Images)

余裕ある老後を過ごすために、退職してからも働きたいと考える人も少ないはず。退職後でも、これまでの経験と実績が活かせる仕事について考えてみましょう。

・講師業
その道のプロとして過ごしてきたのであれば、豊富な経験と知識があるはずです。それを後進のために指導者となったり、講演を行なったりといった道があります。専門的な仕事をしてきた人におすすめです。

・執筆業
近年、オウンドメディアやコラムサイトを運営している企業が増えています。それに伴い、コラム執筆案件の求人が急激に増加しています。今までの経験や、専門的な意見などをコラムに反映していくことができます。

・接客業
高齢の店員さんを見かける機会が増えてきました。若い人に比べ、言葉遣い、物腰などが丁寧で、気遣いも上手な方が多いようです。

・士業
税理士や弁理士といった「士」のつく資格を取っておくと、老後に大変役に立ちます。国家資格ですのでどれも難関ですが、定年はなく、元気なうちはずっとできる仕事です。

まとめ

老後は年金だけで生活することは、やはり難しいようです。早めに計画を立てて準備することで、貧困化するリスクは大幅に減らせるはずです。お金を貯めながら投資などでお金を増やす工夫も行い、定年後も働ける資格を取得するなど準備をしておけば、豊かな老後は見えてくることでしょう。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に