(写真=Thinkstock/Getty Images)

30代に人気のファッションブランド、ベスト5を発表!

アラサー必見。大人なオシャレができるブランドはココ

30代になると、20代とは着たいものや似合うものが変わってきます。落ち着いて見られたいけど老けた感じは避けたい、少し質の良いものを買いたいけど出費は抑えたい・・・など、悩みも増えてきますね。

そんな30代男女の強い味方になってくれる、人気のファッションブランド・ベスト5をご紹介します。

30代のファッションとは?

年齢や収入に見合った、上質(に見える)なファッションをマスターしたい30代。20代よりも、旅行やグルメなど出費の範囲が増えるため、ファッションにばかりお金をかけられないというのも現状です。

「オンオフの着回しの範囲が広く、上質で、ほどよいトレンド感がある」

これが30代ファッションのポイントになります。

︎30代に人気のレディースファッションブランド

IENA(イエナ)

パリの暮らしをイメージしたフレンチシックなウェアを中心に、上質なスタンダードアイテムが揃うブランド。女性らしい繊細なディテールに、大人のリラックス感が漂います。 一見シンプルに見えるアイテムでも、トレンド感のあるシルエットを絶妙に取り込んでいるので、トレンチコートやシャツブラウスなど定番ワードローブを今年らしくアップデートするのにもおすすめのブランドです。

価格帯:Tシャツ¥8,500〜 ジーンズ¥14,000〜

http://iena.jp/25th/story09.html

ZARA(ザラ)

スペイン発・売上高世界一のファストファッションブランドです。Tシャツやブラウスなど、インナーウェアはコスパが高く、キレイめのデザインは会社勤めの方にもぴったりです。ファストファッションブランドを取り入れる場合は、全身ではなく、カットソーだけ、セーターだけ、というようにポイントで取り入れると、こなれたスタイリングに見えます。

価格帯:Tシャツ¥1,990〜 ジーンズ¥4,990〜

http://www.zara.com/jp/ja/editorials/join-life-collection-c862010.html

23区(にじゅうさんく)

「OL服代表」と言っても過言でないほど、デパートでは圧倒的な支持を集めるブランド、23区。日本企画ならではの細やかさで、丈や素材感など好感度の高いウェアを展開しています。

価格帯:Tシャツ¥10,000〜 ジーンズ¥20,000〜

http://www.23ku-web.jp/

ROPE(ロペ)

知的で洗練されたエレガンスなスタイルを打ち出すブランド。IENAと比べるとより大人っぽく、クールビューティーな女性のイメージです。会議や打ち合わせなど、人に会う時にもひと目見て上質感が伝わるワードローブ。

価格帯:Tシャツ¥9,500〜 ジーンズ¥12,000〜

http://www.rope-jp.com/special/short_essay/07/

theory(セオリー)

「New Basic」をコンセプトに持つ、シンプルさと上質さを併せ持つニューヨーク発のブランド。特に、ブランドの強みであるジャケットとパンツのシルエットは群を抜いて美しく、コンプレックスがある部分でも、身体をきれいに見せてくれます。

価格帯:Tシャツ¥10,000〜 ジーンズ¥22,000〜

http://www.theory.co.jp/

︎30代男性の人気ファッションブランド

UNITED ARROWS(ユナイテッド・アローズ)

国内セレクトショップの中ではナンバーワンの売上を誇るユナイテッド・アローズ。小物からウェアまで幅広いラインナップを揃えています。近年ではオリジナルラインにも力を入れており、特にスーツやセットアップの個性的かつ取り入れやすい着こなしに注目が集まっています。ベーシックだけれど、オーセンティックな着こなしだけでは物足りないという方におすすめ。

価格帯:Tシャツ¥4,800〜 ジーンズ¥17,000〜

https://www.instagram.com/p/BJSDxRJgzAU/?taken-by=unitedarrows_official

SHIPS(シップス)

https://www.instagram.com/ships_official/

「STYLISH STANNDARD」をテーマに、ベーシックな中にも時代感を感じられるムードが魅力のSHIPS。好感度の高いきれいめのスタイルでありながら、絶妙に崩したカジュアルダウンスタイルが得意です。シャツやパンツなど、オフの日でもリラックスして着こなせるアイテムを見つけてみてください。

価格帯:Tシャツ¥4,800〜 ジーンズ¥15,000〜

https://www.shipsltd.co.jp/brand/ships_men/

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

アメリカン・カジュアルの老舗ブランドであるブルックス・ブラザーズ。ボタンダウンシャツ、チノパン、ジャケットなど、ビジネスシーンでも使える定番アイテムを揃えるならここで。長く使えるデザインと品質のバランスに定評ありです。

価格帯:Tシャツ¥5,000〜 ジーンズ¥14,000〜

https://www.instagram.com/p/BJh3eHHD5ny/?taken-by=brooksbrothersjapan

POLO Ralph Lauren(ポロ・ラルフ・ローレン)

ブルックス・ブラザーズと同じく、アメカジ代表格であるポロ・ラルフローレン。現在では、永遠のトラディショナルを体現するブランドとして、幅広い年齢層から支持を集めています。ブルックス・ブラザーズと比べると、カラフルなカラーリングや大胆な柄づかいなど、デザインの幅があるのが特徴です。

価格帯:Tシャツ¥6,000〜 ジーンズ¥15,000〜

https://www.facebook.com/RalphLaurenJapan/photos/a.510880888963728.140856.498828980168919/1230151453703331/?type=3&theater

Adam et Rope(アダム・エ・ロペ)

毎シーズン買い足すカットソーや、トレンドのシルエットのパンツを手に入れるならアダム・エ・ロペ。落ち着いたカラーリングと大人っぽい雰囲気でありながら、シーズンのスタイルを十分に反映させたウェアで、アップデートした装いを。

価格帯:Tシャツ¥6,500〜 ジーンズ¥12,000〜

http://www.adametrope.com/homme

上質に見えて着回し度大!が30代ファッションのポイント

30代は、オンオフの2つの区切りだけでなく、さまざまなシチュエーションに合った着こなしが求められる年代でもあります。高校の同窓会、大学の後輩との飲み会、友人の結婚式の二次会、会社の上司と行くゴルフ・・・。ですから、プチプラブランドを上手に取り入れつつ、着回ししやすくトレンド感のあるアイテムを組み合わせてコーディネートしてみると、久しぶりに会った人にも「おしゃれ!」と思われるのではないでしょうか?

30代ならではの、ちょっと大人の上質なファッションが楽しめますように!

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に