(写真=Thinkstock/Getty Images)

30代で転職、どうなる?メリットとデメリットを解説!

20代と比べて、転職しやすい?難しい?

20代は仕事を覚えることに無我夢中で、あっという間に過ぎ去っていると感じている人が多いはず。しかし、30代となると、さまざまな仕事を任せられるようになり、マネジャー職などで活躍する人が増えてきます。となると、今働いている会社で管理職を目指していくか、転職という新しい道を模索するか悩み始める人も少なくありません。

そこで今回は、女性が30代で転職を考えるときのメリットとデメリットについてご紹介します。

30代の転職活動は?

そもそも、30代の転職は遅いのでしょうか?転職を考えたことがあるビジネスパーソンにとって、ベストなタイミングや望まれている社会のニーズは大いに気になるところです。

大手転職サイトDODAには、2016年上半期における転職成功者の年齢調査として、以下のような結果が出ています。

2016年上半期の転職者の平均年齢は32.3歳となり、前回調査の2015年下半期から0.2歳アップしました。調査を開始した2007年下半期からは3.2歳アップしており、これまでで最も平均年齢が上昇する結果になりました。

参考:求人情報・転職サイトDODA「転職成功者の年齢調査(2016年上半期)」

意外にも転職成功者の平均年齢は32.3歳。つまり、30代前半は社会からのニーズが高い、転職適齢期と言えるでしょう。

30代で未経験分野への転職はできる?

30代で今まで働いていた業界とはぜんぜん違う分野にチャレンジしてみたいという人も少なくないはず。30代で未経験分野におけるニーズはあるのでしょうか?大手転職サイトリクナビNEXTには、以下のように掲載されています。

30代前半ともなれば、企業側も即戦力として応募者を見ている。未経験職を目指すなら、イチから育ててもらう受け身の姿勢ではダメ。困難を覚悟して、他の職種で培ってきた経験を活かした、光る特徴をアピールしよう。

参考:リクナビNEXT「30代前半の転職って、有利?不利?」

30代は社会人としての基本的な仕事のスキルが身についているため、即戦力としてのパフォーマンス力が非常に高いのが強みです。ただし、たとえ未経験分野への転職であったとしても、30代は即戦力として採用されるのが大前提なので、緊張感を持って新しい仕事に望む覚悟が必要なのかもしれません。

30代転職のメリットとデメリット

30代転職2 (写真=Thinkstock/Getty Images)

30代で転職することのメリット・デメリットはどこにあるのでしょうか?一言で言えば、以下になるでしょう。

メリット:即戦力として望まれる高いニーズ
デメリット:年齢的ハンデ

ビジネスマナーは当然のこと、実務経験や業務実績、交渉力やプレゼン力、ときにはマネージメント力を身につけた30代は、当然ながら新卒で就活するよりもメリットがあると言えるでしょう。ただ、反面どうしても年齢的ハンデは否めません。知識の吸収力や体力面はどうしても20代にはかなわないでしょう。

また、結婚・出産にともなうライフスタイルの変化が大きいとされる30代女性の転職採用に及び腰になる企業も少なくないと言われています。つまり、男性以上に30代女性の転職にはやる気と勢いだけでは難しいのが現実です。

突破するには徹底した自己分析が重要になってきます。自分のライフスタイル、これまで培ってきたスキルの棚卸し、自らがのぞむキャリア構築、セールスポイントをしっかりと把握した上で、転職サイトや会社説明会などを最大限に利用することが大切です。

情報収集を念入りに行い、即戦力である自分を戦略的にプレゼンテーションしていくことで、道を切り開いていけるのではないでしょうか。

30代でも必要とされる職種・業種

30代男女の転職にはどのような職種・業種のニーズが期待できるのでしょうか?大手転職サイトDODAには以下のように掲載されています。

30代以上の割合が最も多いのは「技術系(建築/土木)」の73%で、全体平均の50%を23ポイントも上回っています。次いで、「技術系(機械/電気)」(64%)、「技術系(IT/通信)」(61%)が続きます。」 「30代の割合が最も高いのは「建設/不動産」の56%。次いで、「メーカー」(54%)、「IT(53%)が続きます。

参考:求人情報・転職サイトDODA「35歳転職限界説”崩壊!?転職成功者の年齢を調査!」 

建設や不動産、メーカーといった技術系職種は、資格取得も含めて専門領域の高いスキルが求められます。また、すでに技術や経験のある中途採用者を重宝する傾向にあり、30代の割合が多いことも着目すべき点の一つです。

今までのキャリアを活かせる職種を選択するのか、別の職種に向かうとしたら自分の持つスキルが即戦力になりうるのか。経験を積んだ30代だからこそ、転職を考える際にはシビアに見極める必要があります。30代で転職すると決めたのなら、ぜひ後悔のない転職活動をすすめてくださいね。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に