(写真=Thinkstock/Getty Images)

よみうりランド、株価は11月に高値となるか? ジュエルミネーション効果に期待

あすからジュエルミネーションスタートです

駅からゴンドラ直通の「空から行けちゃう遊園地」で親しまれてきた「よみうりランド」が人気スポット化しています。2016年春にオープンした「グッジョバ!!」は、よみうりランド <9671> が約100億円を投じて新たに施設した体験型アトラクション。10月14日からは、「ジュエルミネーション」が始まり、さらに人気が加速しそうです。

街中での電飾イルミネーションといえばクリスマスの季節ですが、よみうりランドではハロウィンから楽しめます。ここ2年、同社の株価は11月に上がる傾向がありますが、これは、冬のシーズンストックになりつつあるということかもしれません。よみうりランドの人気と株価を振り返ってみましょう。

日本初の体験型で大人気!「グッジョバ!!」はよみうりランドの顔となるか

綜合ユニコムが8月1日に発表した「全国の主要レジャー・集客施設 入場者数ランキング」によると、よみうりランドの入園者数は前年度29%増の173万人と絶好調のようです。一方、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーは3.8%減、ユニバーサール・スタジオ・ジャパンは9.4%増、ハウステンボスは11.2%増と、メジャーなテーマパークの入園者の伸びを大幅に上回っています。

集客増の原動力となっているのは、3月18日にオープンした新遊園地エリアの「グッジョバ!!」です。日産自動車 <7201> 、日清食品<2897>、コクヨ <7984> などがスポンサーになり、楽しみながらモノづくりを体験することができる日本初の体験型アトラクションなのです。

雨でも楽しめる全天候室内型で、オリジナルの「日清焼きそばU.F.O.」を作ったり、「コクヨ キャンパスノート」をデコレーションしてオリジナルノートを作ったりできるワークショップも充実しています。よみうりランドは100億円という開園以来の大規模投資で、大勝負をかけたわけです。リピートしてもらえる遊園地を目指したそれらのコンテンツは、成功しているといえるでしょう。

よみうりランドは、グッジョバ!!開業と同時に入場料をそれまでの4000円から5400円へと値上げしました。この値上げ自体も、低価格を維持してきた同社にとっては勝負でしたが、今のところネガティブな影響は見られません。よみうりランドの株価は、グッジョバ!!期待から話題性や期待感が高まり、3月18日の開業日には大幅上昇。4月1日には年来高値の587円をつけました。

グッジョバ, ジュエルミネーション, クリスマス, よみうりランド, シーズンストック (写真=Thinkstock/GettyImages)

今期は大幅減益が見込まれるが上振れ期待

よみうりランドは8月5日に、2017年3月期第一四半期の決算を発表しました。売上は18.7%増の約49億8600万円、本業の利益を示す営業利益は18.6%減の約5億4500万円でした。売上は、グッジョバ!!のオープンで絶好調ですが、グッジョバ!!投資の償却負担増で利益は圧縮されています。

ただ、第1四半期実績の営業利益が5億4000億円であったということは、すでに会社の通期予想6億1000万円の88%まで達成しています。会社の通期予想は、売上(197億5000万円、5.2%増)、営業利益(6億1000万円、69.3%減)ともに上振れする可能性がありそうです。株価も第1四半期の好決算を受け、翌日の株価は3%高の474円まで買われました。

その後も、派手さはないものの株価は堅調で、9月23日には489円まで付けています。前年2015年も9月に373円まで下げた後、11月に438円の高値を付けました。14年も10月に421円を付けた後に11月に528円まで上げています。年初来高値というわけではありませんが、宝石イルミネーションと言われる「ジュエルミネーション」で話題になる時期に株価を上げる傾向があります。

ジュエルミネーションは今年も話題を呼びそう

ジュエルミネーションは、世界的照明デザイナーである石井幹子(いしい・もとこ)氏のプロデュースによる首都圏最大級のイルミネーションイベントです。夏のプールシーズン以降の来場者減や夜の入園者減を補うイベントとして2010年冬にスタートし、今年で7シーズン目になります。2015年からは、ハロウィン前からイベントを楽しめるようにスタートの前倒しをしました。

2016年のジュエルミネーションは「東京を一望する夜景と宝石色イルミネーション」として、500万球を使いスケールアップしました。2015年冬の集客は57万人超え。今年もきっと大いに話題を呼ぶことでしょう。このジュエルミネーションの人気で、よみうりランドの入園者数は直近5年で約2倍にもなったといいます。

今年もジュエルミネーションの評判は上がるのか。そして、冬のシーズンストックとして11月頃に高値を付けるのか――。よみうりランドから目が離せません。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に