(写真=Thinkstock/Getty Images)

優れたビジネスパーソンに学ぶ 会社役員が実行している日常習慣とは?

優れたビジネスパーソンの仕事タイルには、ヒントが詰まっている

会社組織において業績を残し、頭角をあらわすビジネスパーソンは、毎日における行動が何か人とは違っているはずです。かつての職場で接点を持った取引先役員とのコミュニケーションにおいて垣間見た、会社役員が実行している日常習慣についてご紹介します。

ビジネスの場において、とにもかくにも決断の速さが先手をうつ

コーディネート会社を経営されている会社社長Aさん(58歳)は女性社長らしく背が高くてファッショナブル。それでいて親しみやすい大変素敵な方でした。Aさんはそのプロジェクトで映像、会場造作、プロモーションとジャンルの違う業者を一気に束ねつつ、他にもたくさんの大きな案件を常に抱えていたようですが、やりとりにおいてなかなか返事が来ないということは、まずありませんでした。

Aさんにたまたま同行していた車中での出来事です。Aさんはメールを見ながらすぐにスケッチブックを出し、ペンで図やコメントを一気に書きあげ、それを携帯で撮りメールに添付して送っていました。時間で言えばものの数十秒。プロジェクト全員に送られていたので私も確認できましたが、オフィスに戻って社員に指示して・・・といった通常の手順を踏んでいたら、半日はずれ込んでいたことでしょう。

Aさんがその場で一番早く物事を動かす手段を、瞬時に決断し、選んでいた姿が印象的でした。

時間短縮とイメージの統一化をはかるファッションのパッケージ化

ビジネスパーソン, 決断 (写真=Thinkstock/GettyImages)

ジュエリー業界のダイヤモンド加工に関する特許を持つ会社で、若くして執行役員になったBさん(45歳)は、10年前までは部長でした。若い社員ばかりではないその会社において、みるみる出世していったBさんは出張が多いようで、常に国内を飛び回っている印象でした。

それでもいつもおしゃれで、スーツとネクタイの色合わせが絶妙だったのですが、何回か商談しているうちに、あることに気づきました。それは季節ごとにスーツとネクタイのセットがある程度決まっていたということです。

ある日、Bさんにどういう基準で洋服のチョイスをしているのか聞いてみました。するとBさんは「自分の好みはもう決まっており、ジュエリーを扱う者としてジュエリーが引き立つイメージやテーマカラーも決めている。何よりも洋服の組み合わせを考えている時間がもったいないので、春夏秋冬ごとのスーツとネクタイのセットを何年も前から決めている、白シャツと靴下は全部同じ種類」とのこと。

徹底して時間を生み出す工夫と同時に、着るものをパッケージ化して自分のシステムを作ってしまうという考え方はビジネスにも通じる合理的な概念でしょう。

立場に甘えない御用聞きとしてのプロ意識の高さ

誰もがよく知る大企業の執行役員Cさん(55歳)は、本部長も兼務していました。私の担当業務において、大きな金額の仕事だったこともあり、Cさん自らが担当になりやりとりをしてくれていた時のことです。

Cさんは商談に来社すると受付が応接室に通した後、担当である私が入室するまで、椅子には座らずにいつも立って待っていました。前の商談が長引き、どうしてもお待たせするときなどは受付係に座って待っていていただく旨を伝えたとしても、必ず立って待っていたものです。

また、ちょっとしたメールのやりとりもすぐにレスポンスがありました。それは土日でも夜でも、即答できない内容であったら確認した旨の回等が丁寧にありました。おそらく他の案件も多く持っていたことと思われますが、大企業の執行役員でありながら顧客に対してはどこまでも立場を振りかざすことなく、一御用聞きのスタンスを貫く姿勢はさすがプロフェッショナルと唸らせるものでした。

会社役員まで上り詰めるビジネスパーソンの行動には「決断の速さ」「生活における無駄をはぶく工夫」「立場に甘えない顧客に対する謙虚な姿勢」といった、一見すれば誰もができる日常習慣の中にポイントが隠されていました。

その根底にはプロフェッショナルとしての自覚と意識があるからこそ、行動がともなっているのかもしれません。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に