(写真=Thinkstock/Getty Images)

おトクすぎるイオンの株主優待!シングルから家族までうれしいサービス全貌をご紹介

普段のお買い物でキャッシュバック 3~7%の高還元率で節約ライフもスマートに

総合スーパー「イオン」、ショッピングモール「イオンモール」などの店舗を持つイオングループ。今や、中国、ベトナム、マレーシア、インドネシアなど、海外にも店舗を持ち、日本に至っては、福井県と2017年オープン予定の徳島県を除き、全国見ない場所はありません。

埼玉県に住む筆者は、越谷市にある「イオンレイクタウン」を時々利用しています。日本最大の「エコ・ショッピングモール」と呼ばれるだけあって、食料品や日用雑貨はもちろんのこと、書店、映画館、アパレルショップ、飲食店など膨大な数のショップが広大な敷地にそろい、とても便利に思います。

そんなイオン <8267> でも、株主優待が受けられることをご存じでしょうか。生活に密接した「イオン」だけあって、もらってうれしいお得な株主優待ばかりなのです。

その①対象店舗でのお買い物で3~7%キャッシュバック

イオンの株を100株以上保有するともらえるのが、株主優待カードの「オーナーズカード」。イオンでお買い物をする際にこのカードを提示するだけで、半年に一度、消費税込みの支払い金額に持ち株ごとの返金率を乗せた金額がキャッシュバックされます。また、イオンだけでなく、マックスバリュ、まいばすけっと、ダイエーなどイオン系列スーパーも対象です。

例えば、100株保有している場合は3%の返金率で、1000円買い物すると30円割り引かれます。毎月の食料品などを全てイオンで買うとして、1カ月の食費を3万円と考えたとき、3万円×6カ月=18万円なので、半年後には18万円の3%分である5400円がキャッシュバックされる計算になります。生活に必要な買い物をするだけで、後からお金が戻ってくると考えるとお得ですね。

さらに、普段からイオンを利用している方にはお馴染みの「お客様感謝デー」には、対象カード払いで5%割引に加えて、上記の3~7%キャッシュバックが適用されるのです。イオンや系列スーパーで日常的なお買い物をする人は、保有株を増やして、よりお得にキャッシュバックを受けるのも賢い節約術の一つです。

保有株数によるイオンのキャッシュバック率

  • 100~499株:3%
  • 500~999株:4%
  • 1000~2999株:5%
  • 3000株~:7%

その②イオングループ専門店でもキャッシュバックが受けられる

3~7%キャッシュバックは、イオンが経営する「イオンリカー」や、ASBeeなども扱うシューズショップの「ジーフット」 <2686> 、未来屋書店など、一部の専門ショップでも受けられます。

イオンリカーは、三軒茶屋、高円寺、自由が丘など人気エリアにも店舗があり、ワインなどをメインにお酒・食品などがそろう人気のワインショップ。イオンリカーで購入したワインを、サービス提携の飲食店に持ち込める「持込みワイン」サービスも行っています。提携店は、東京・神奈川・千葉で227店舗(2016年3月時点)。イオンリカーで好きなワインを買い、近くのレストランでワイン付きディナーを……という楽しみ方もできますね。

その③一部の専門店での買い物が5%割引

キャッシュバック以外にも、一部の店舗では会計時に「オーナーズカード」を提示すれば、その場で5%の割引が受けられます。イオングループの専門店が対象で、子供服で人気の「ブランシェス」や総合ペットショップの「イオンペット」などがあります。

その④イオンのレストランで食事が10%割引

ショッピングモールでは、買い物だけでなく食事も楽しみたいですよね。イオン内にある一部の対象レストランでは、会計時の「オーナーズカード」提示で10%の割引が受けられます。

対象店舗は、おひつごはんなどの海鮮メニューが人気の「海の穂まれ」や、和食・洋食メニューが豊富な「四六時中」など。フードコートや一部の店舗では割引が受けられないため注意が必要ですが、おいしい食事をお得に楽しめるのはうれしいですね。

その⑤イオンシネマの映画観賞が300円割引

イオンモールには、複合映画館「イオンシネマ」が併設されている店舗があります。チケット購入時に「オーナーズカード」を提示すれば、最大300円の割引が受けられます。

毎月1日の「映画の日」や毎週水曜日の「レディスデー」など、お得なサービスデーはありますが、なかなかタイミングが合わなかったりしますよね。オーナーズカード特典なら、いつでも自分の都合で安く映画を見られるため、忙しい人にもぴったりです。

その⑥イオンラウンジが利用可能!

「ラウンジ」といえば、空港のラウンジを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 実はイオンには、一定の条件を満たした人のみが利用できる「イオンラウンジ」が存在します。

イオンラウンジがあるのは全国171店舗。利用できるのは「オーナーズカード」を持つ人のほか、イオンゴールドカード、イオンゴールドカードセレクト、イオンラウンジ会員証を持つ人のみです。店舗によりサービスは異なりますが、ソフトドリンクやお菓子の無料サービス、新聞・雑誌・インターネット閲覧などのサービスが提供されています。

ショッピングモールを回るのは、案外疲れるものです。買い物で疲れたとき、人ごみから離れたいときなどにはイオンラウンジを活用してくつろぎ、元気を回復してから帰るのもいいですね。気軽に「VIP感」も味わえてオススメです。

イオン, 株主優待, 節約, 主婦, キャッシュバック, お得 (写真=Thinkstock/GettyImages)

今回は、イオンのお得な株主優待についてご紹介しました。株主優待の中には、もらっても使わないものだったり、使わないうちにチケットの期限が切れてしまったりということもあります。

その点、イオンの株主優待は普段の生活に活用しやすいサービスが多く、「結局、使えなかった!」と悔やむことになる心配はありません。あなたも、イオンの株主優待で楽しくお得な節約ライフを送ってみませんか?

【イオン <8267> 】

  • 株価(2016年9月13日現在):1440円
  • 単元株数:100株
  • 配当利回り:2.04%
  • 1株配当(会社予想):30円
  • 優待条件(権利確定月):2月末日・8月末日
  • 優待内容:年2回、株主本人と家族の計2枚発行される「イオンオーナーズカード」に付随する特典(購入金額に応じたキャッシュバック・割引、映画鑑賞券割引、イオンラウンジ使用)

【まずは口座開設から】あなたも「投資家」デビューしよう

スマホ,女性 (写真=Thinkstock/Getty Images)

株主優待をもらうためには、まずは口座開設から♪ 主なネット証券をご紹介します。

▶SBI証券の口座開設はこちら
▶楽天証券の口座開設はこちら
▶マネックス証券の口座開設はこちらから
▶カブドットコム証券の口座開設はこちらから

↓↓「口座開設はまだちょっと…」という人は、記事下の「ADD TO ANDS NOTE」から株式投資トレーニングをしてみよう↓↓

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に