(写真=Thinkstock/Getty Images)

映画ファン必見!映画鑑賞がお得になる株主優待

映画をお得に見ることができる株主優待を集めました

映画鑑賞は普通に払うと1800円。数回見ると結構な金額ですね。この映画が無料、または割引になる株主優待を集めました。映画の優待の中には、10万円以内の株取引で優待券がもらえるものもあります。利率や配当で利益を稼ぎつつ、映画も鑑賞できるなんて映画好きならずとも必見です!

東京テアトル【東証1部】<9633>

東京テアトルは不動産事業が主力ですが、映像関連事業と飲食関連事業も展開しています。

こちらの株主優待は、映画が無料となる「映画ご招待券」と、飲食が割引になる「掲示割引証」がセットになった「株主ご優待綴」です。「映画ご優待券」で映画を楽しんだ後は、「掲示割引証」でゆっくり食事もいいですね。

・株価(2016年9月10日現在):119円 ・単元:1000株
・配当利回り:0.84%
・1株配当:1.00
・優待利回り:-
・株主優待の条件:3月末日、9月末日に1000株以上保有していること
・株主優待:所有株数に応じて、株主の名前が記載された、4枚つづりか8枚つづりの「株主ご優待綴」を発行。
1000株以上:4枚綴1冊 2000株以上:8枚綴1冊 3000株以上:4枚綴1冊と8枚綴1冊4000株以上:8枚綴2冊 5000株以上:4枚綴1冊と8枚綴2冊 1万株以上:8枚綴4冊 2万株以上:8枚綴6冊

パルコ【東証1部】<8251>

株主優待, 映画, 株式投資 (写真=Thinkstock/GettyImages)

ファッション、アート、演劇などの分野で私たち消費者を楽しませてくれている「パルコ」。ほかにもパルコグループでは、ショッピングセンター、エンタテインメント、専門店、総合空間、webコンサルティングなどの事業も展開しています。

映画鑑賞は、株主優待で発行可能なクレジットカード・パルコカード・クラスSの提示で、PARCO内の映画館の入場が割引になります。

・株価(2016年9月10日現在):945円
・単元:100株
・配当利回り:2.11%
・1株配当:20.00
・優待利回り:2.11%
・株主優待の条件:2月末日8月末日に100株以上所有していること
・株主優待:
① 5%割引で買い物できるパルコカード・クラスS発行(カード会社による事前審査あり)
②「PARCO株主ご優待券」1000円分
100~499株保有:1枚 500~999株保有:2枚 1000~4999株保有:4枚 5000〜9999株保有:8枚 10000株以上保有:12枚
③大丸、松坂屋のお買い物ご優待券
大丸・松坂屋の店頭で現金・商品券によるお買い上げ2,000円(税込)毎に100円割引。2月末に40枚、8月末には新規株主に20枚発行
④ パルコギャラリーパス券 1000株以上保有

ノバレーゼ【東証1部】〈2128〉

筆者が一番気になる企業がココ。イタリアやニューヨークをはじめ、世界中から取り寄せた素敵な「ノバレーゼ」のドレスなどを扱うウェディングサービスの企業です。まさに女性の憧れですね。このほか、ウエディングスペースの再生の技術にも強みがあります。

株主優待でもらえる映画の無料観賞券は、全国のイオンシネマで利用可能です。

・株価(2016年9月10日現在):1937円
・単元:100株
・配当利回り:0.77%
・1株配当:15.00
・優待利回り:-
・株主優待の条件:6月末日、9月末日に100株以上保有。
無料鑑賞券の優待は6月末日400株以上、12月末日200枚以上。
・株主優待:6月末日保有の場合、400株以上で映画の無料鑑賞券1枚、800株以上で2枚。12月31日保有の場合、200株以上で映画の無料鑑賞券1枚、400株以上1枚 800株以上2枚。
・100株〜:①ノバレーゼのレストランのお食事30%割引券 ②株主限定のギフトカタログ20%引(対象期間中は何度でも利用可)

今回は、株初心者女性も買いやすく、使い勝手のよい銘柄をそろえてみました。株主優待で映画観賞券、というと「東映」「東宝」「松竹」など、大手を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、こういった大手は初心者株女子には手を出しにくい株価なのです。

まずは気軽に自分の趣味の分野で株式投資、はじめてみませんか。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に