(写真=DAILY ANDS編集部)

「20代より30代の方が楽しい」歌手・平原綾香さんに聞いた、人生における投資

映画『マイ・ベスト・フレンド』の公開を前に<後編>

2016年11月18日(金)公開の映画『マイ・ベスト・フレンド』の日本版テーマソングを歌う、歌手の平原綾香さんに、女性としての生き方や人生における「投資」について語ってもらうインタビューの後編。

今回は平原さんが普段、お金をかけるようにしていること、そして平原さんの人生における「一番の投資」を紹介します。

【前編はこちらから】
Jupiterから13年。歌手・平原綾香さんが語る「愛と夢」とは

買い物をするときは、「本当にほしいものか」を考えるように

――普段、お金をかけるようにしていること、逆にあまりお金をかけないようにしていることを教えてください。

私は家族のために使うお金だと躊躇ないんですよ。主に誕生日プレゼントですね。多分、喜んでくれる姿を想像するとうれしくなるからだと思います。

一方、自分のことに関するとすっごく細かくなるところがあって、「いかに安く買うか」を結構考えたりもします。気に入ったものがあったら、本当にほしいのかどうか考えるようになりました。

学生の頃だったらプチプライスでほしいものがあったらすぐ買っていましたが、そうしていたらどんどんモノが増えてしまうので、今は本当にそれが必要かどうか考えるようになりました。もし、この洋服を5着買うんだったら、5着分のお金で好きなブランドのものを買おう、とか。

平原綾香,マイ・ベスト・フレンド,インタビュー (写真=DAILY ANDS編集部)

――お金について特に考えるようになったのはいつごろからですか?

デビューしてからですね。私服でも衣装に使えるものを選んで買うようになったりとか。本当に洋服って、ほしいものを買っているとあふれてくるので。気に入ったものを何回でも着たり、という風にシフトしていかないともったいないですし、洋服を買うお金でほかにもっと有用な投資ができるかもしれません。

――有用な投資とは具体的にはどのようなことですか?

今はジムに通って体力づくりをすることとかですね。歌のために、もっと歌いやすくするための体づくりに気をつけていますね。

過去、いちばんの「投資」は

――過去、いちばん「これがあっていまの自分がいる」と思う「投資」は何ですか。お金ではなく、経験や体験も含めてです。

未来への投資っていう意味だと、昨年、Jupiter基金というものを立ち上げました。これは、寄付先をひとつに絞らず毎年変えていくスタイルとなっていて、今年の寄付先はアフガニスタンの子どもたちの医療費となっています。

――Jupiter基金はこれからどういう存在にしていきたいですか。

まだ、去年始めたばかりですが、私が歌を歌って、コンサートに来てくれる人がいて、それが未来の子どもたちの役に立つってすごくステキなことだと思っています。音楽やコンサートがすごくいいものとして浸透していけばもっと寄付金が集まるので、私もしっかり音楽を磨いていいコンサートをしていきたいと思います。

平原綾香,マイ・ベスト・フレンド,インタビュー (写真=DAILY ANDS編集部)

――ほかになにかご自身の経験で「投資」と思うことはありますか。

自分ではなく両親なんですけど、子供の頃、習い事をたくさんさせてもらえたのはすごく今の自分に役立っています。

小学1年生のときからクラシックバレエを11年間習っていたのですが、本当にステージに立つときに役立っています。水泳も8年間習っていましたし、その間に習字、そろばん、塾……いろいろやって、毎日習い事が2〜4つあって、今より忙しいくらいでした。(笑)

あのときいっぱい一生懸命習っていたから、今役立つことが多いと思います。なので、もし子どもができたらバレエと水泳は習わせたいですね。

――最後に、30代の働く女性に向けて一言お願いします。

20代よりも30代の方が楽しいんじゃないかな、と思います。20代のころはただがむしゃらに、右も左もわからない感じでしたが、最近は少しずつ音楽というものも見えてくるようになってきました。

また、今までずっと大人だと思っていた人たちと年齢が近づいて、大人になって子どもみたいに会話できる楽しみも出てきました。20代と30代よりも30代と40代の方が精神的な距離は近い気がするので、年上の人に色々と話しを聞いてもらえます。

自分の中に溜め込まずにいろんな人達に相談したら良いと思います。そしてまだかわいがってもらう年齢だと思うので、おごらず、感謝して、頑張りましょう。

平原綾香,マイ・ベスト・フレンド,インタビュー (写真=DAILY ANDS編集部)

スタイリスト/mariko
ヘアメイク/Hiromi

【映画『マイ・ベスト・フレンド』について】

マイベストフレンド (C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED

幼いころから大親友の女性2人、ミリーとジェス。親友関係は永遠に続くと信じていましたが、ある時、ミリーに乳がんが見つかり、同じ頃にジェスの妊娠がわかります。人生の転機に直面した2人の女性を通して、女同士ならではのリアルな友情と絆を描きます。主演はトニ・コレットとドリュー・バリモア、監督はキャサリン・ハードウィック。2016年11月18日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開。映画公式サイトはこちら

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に