(写真=Thinkstock/Getty Images)

リオから東京へ。今から注目する「新駅」関連の株

新駅開発ラッシュに注目

リオのオリンピックでも様々なドラマが生まれ、いよいよ東京オリンピックが身近なものになって来ました。新駅も設置されるなど、開発における動きもいよいよ活発になってきています。今回は新駅が設置されるに当たり注目される銘柄を5選見てみる事にしましょう。

新駅関連で注目される銘柄5選

品川と田町の間にある車両基地を縮小した跡地に、およそ半世紀ぶりとなる山手線新駅が設置されます。この地域は羽田空港にも近く、品川地区は海外からの玄関口であると同時に国際的なビジネス拠点としても発展することになりそうです。

参考:<話題の焦点>=山手線新駅、東京五輪で注目度アップ

京浜急行電鉄 <9006>

この新駅設置に関連する銘柄の筆頭が、品川と羽田空港を結ぶ路線を持つほか、周辺地域に不動産を保有している京浜急行電鉄 <9006> であることは、まず間違いないでしょう。

参考:京急電鉄オフィシャルサイト

西武HD <9024>

品川プリンスホテルをはじめ新駅の近辺に多くの不動産を持つ西武HD <9024> にも、大きな再開発メリットがありそうです。

参考:西武ホールディングス

大成建設 <1801>、NTT都市開発 <8933>

新駅の設置にあわせて進められている「芝浦水再生センター」の再構築事業では、プロジェクトの中心である大成建設 <1801> やNTT都市開発 <8933> が注目されます。この「品川シーズンテラス」プロジェクトによって生み出される、約4970㎡という国内最大級のオフィスフロアには、自然エネルギーの活用やCO2削減策に高度な技術が投入されているそうです。

参考:品川シーズンテラス(芝浦水再生センター再構築に伴う上部利用事業)

TV東京HD <9413>

一方、東京メトロ日比谷線の霞ケ関駅と神谷町駅の中間には、国道1号と環状第2号線の交差点付近に、虎ノ門新駅と仮称される新しい駅が設けられます。2016年2月に事業主体である独立行政法人のUR都市機構と、運営管理を行う東京メトロとが起工式を行いました。

参考:東京メトロ日比谷線虎ノ門新駅(仮称)整備にかかる工事着手について

imageTitle (写真=Thinkstock/Getty Images)

東京メトロについては、2016年中にも上場するのではないかとの噂もしきりです。もし実現すれば、見逃すことのできない大型IPOということになりそうです。また、虎ノ門に本社を置くTV東京HD <9413> なども、押さえておくべき銘柄だと言えるでしょう。

参考:テレビ東京ホールディングス

新駅ができることにより経済面でも色々な影響が出てくる事が予想されます。東京オリンピックの楽しみの一つとして、このように銘柄予想も一緒にしてみると良いかもしれませんね。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に