(写真=Thinkstock/Getty Images)

夏太りを防げ!オフィスでできる短時間ボディメイク術5選

はみ出しヒップにたぷたぷ二の腕!たるんだボディとお別れしたい

夏も本番。ノースリーブや丈の短いスカートなど、肌を出す機会が増えてきたことでしょう。長袖トップスやフルレングスのボトムスでは見た目も暑苦しく、夏は洋服でカバーというわけにはいきません。とはいえ、デスクワークが多いオフィスでは体もたるみがちですね。

そこで、「ジムに行く時間がない!」という方でも大丈夫。オフィスでもこっそりできるボディエクササイズをお教えしましょう。

1)ウェストのくびれ

座ったままでも、立ったときにでも実践できるエクササイズの1つ目は、ぽっこり下腹部対策です。

  1. まず、お腹に入っている空気をスーッとすべて吐き出します。
  2. 次にお腹をへこませたまま息を吸い込み、吐きだすときにお腹の力を抜きます。このとき、姿勢はピンと伸ばして行うようにしましょう。
  3. これを数回繰り返せばOKです。

気付いたときに実践するだけで、いつの間にかウェストにくびれが生まれているはず! オフィスでのエクササイズとなると人目が気になりますが、これなら運動しているように見えないので、ちょっと席を立ったときときや自分のデスクでも行えます。

2)ヒップの引き締め

お尻の筋肉に力を入れてヒップアップを目指すシンプルなエクササイズです。

  1. お尻の穴を締めるイメージでお尻にギュッと力を入れてください。
  2. この状態を30秒ほど続けます。

これでお尻の筋肉が鍛えられ、キュッとしまった小さなお尻に!

オフィスでコピーをとりに行くとき、トイレに行くときなど、あらゆる場面でお尻を締めて歩くようにしましょう。もちろん、デスクワーク中も意識してお尻の穴を締めるようにキュッと力を入れるだけで、効果バツグンです。

3)太もものたるみ

  1. 深く腰をかけて、背筋をまっすぐ伸ばします。
  2. 両ひざをくっつけて、できるところまで上げます。
  3. その姿勢を数秒間キープして、数回繰り返しましょう。

この運動は太もものたるみに効果があります。仕事をしながら、たるんだ太ももとサヨナラしましょう!

4)二の腕の引き締め

ノースリーブや半そでからチラリと見える二の腕。たぷたぷを解消して美しい二の腕をつくるエクササイズです。

  1. つま先とかかとをぴったりつけて、まっすぐ立ちます。このとき、かかとに7割程度重心を置いてください。
  2. 両手の平をくっつけて、腕が天井に引っ張られるようなイメージで上に伸ばし、30秒キープします。
  3. このポーズのまま肘を曲げながら腕を後ろに倒し、さらに30秒キープ。
  4. 腕を元に戻します。これを数回繰り返しましょう。

二の腕対策のエクササイズをもう一つご紹介します。

  1. 姿勢よく立ち、脇を締めた状態で両腕を後ろに伸ばします。
  2. 手の平を上に向けた状態で、電球を変えるようにキュッキュッと左右にねじります。
  3. 二の腕が動いているのを意識しながら行ってください。

5)オフィスの壁を利用したエクササイズ

  1. 壁に手をついた状態で、立ったまま腕立て伏せをします。
  2. 慣れてきたら壁から体を離し、少し体重をかけるようにして行いましょう。壁でなく、デスクを使ってもOKです。

しっかりと腕を曲げ伸ばしすれば、二の腕の引き締めに効果的です。

エクササイズ, ボディメイク, ダイエット, 二の腕, ヒップ, スタイルアップ, バランスボール (写真=Thinkstock/GettyImages)

いかがでしたか? どれもオフィスで気軽に行えるエクササイズです。トイレや休憩にちょっと席を立ったとき、デスクワーク中など、気付いたらすぐ実行!の気持ちで、こまめに鍛えていきましょう。

また、デスク周りの改善が許される職場環境なら、普段使っているイスをバランスボールに変えてしまうのも手です。最近は日本でも、バランスボールを取り入れる健康志向の企業が増えてきたようです。

基本は、背筋を伸ばしてお腹に力を入れること。それだけでもお腹周りの筋肉が鍛えられますし、姿勢を正した座り姿はキレイに見えます。長時間デスクワークが続くときはこまめに席を立ち、脚の血行の滞りを良くすることも大切です。

ぜひ、オフィスで行えるこれらのエクササイズを活用して、スタイルアップを目指してくださいね!

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に