(写真=Thinkstock/Getty Images)

「トール・ラテ指数」って何?ワンランク上の海外旅行術

旅行好きに投資スキルが高い人が多いって知っていますか?

夏ですね! 夏といえば夏休み。 社会人になると学生のような長い休みは難しいですが、1週間から2週間くらいなら休みを取れることもあるでしょう。

私は経営者でありつつ、マネーコンサルタントとしても活動していますが、大の旅行好き。毎年、休みを取って海外へ旅行しているのですが、今年はマカオに行く予定です。

みなさんも普段頑張っているご褒美に、羽を伸ばして海外旅行はいかがでしょうか。今回は、ただ旅行を楽しむのではなく、旅行しながら投資スキルをアップさせる方法を教えます。

旅先の国のライフスタイルを見て、経済状況を知る

せっかくの休みなので、存分にリラックスしながら旅行を楽しみましょう。いつもと異なる空間にいることで、普段の疲れが癒されることは間違いありません。

旅行, 投資 (写真=筆者提供)

ただ、なかなか行けない場所だからこそ、少し周りを意識して見回してみましょう。国によって、街中にある建物、お店のレベル、乗り物、人々が身につけている洋服・時計・バッグ、食べ物などが異なります。もちろん、文化なども違うのですが、意識してこれらを見ていくと、その国の経済状況、今後の方向性などを肌で感じられます。

現地の人が消費しているモノ(車、家、服、装飾品など)のレベルをチェックすると、国の経済力がわかってくるのです。もし景気が良ければ、街中を行き交う車のレベルが高かったり、女性が身につけている服やバッグはブランド物が多かったり、高級料理店への人の入りが良かったりなどが見られるでしょう。

物価に注目! マクドナルドの「ビックマック」やスタバの「トール・ラテ」を活用

旅行をすると、日本との物価の違いに自ずと気づきます。

例えば、マクドナルド。大体の国にありますし、日本人の多くは馴染んだ味なので、食べ物で冒険したくない時は、マクドナルドは便利です。そんな時にビックマックの値段に注目してみましょう。ビックマックの値段を見れば、物価面からの、日本とその国の通貨の比較ができます。

実は、「ビッグマック指数」というものがあるのですが、まさに各国のビックマックの値段をもとに、各国通貨の購買力を測るという指数なんです。

最近では「トール・ラテ指数」というのがあります。これはビックマック指数と同様、各国のスタバのカフェ・ラテ、トールサイズを基準にして算出した指数です。スタバも今や、世界中にあるのでこういった指数が出てきたのです。

女性の方にはマクドナルドよりもスタバの方が馴染み深いと思いますので、スタバのトール・ラテの値段を比べてみてください。

投資において、できる限りリスクを抑えた上で最大限リターンを目指すには、世界に分散して投資することが必要です。世界分散投資ですね。そうすると、通貨は円だけでなく、外貨にも投資することになります。外貨のことを知るためにも、国の経済状況を知ることは大事なのです。

旅先で出会った人とお金の話をしよう

旅行, 投資 (写真=筆者提供)

私はお金の話をするのが大好きです。なぜなら、お金と向き合うことは、自分の人生と向き合うことと同じだからです。日本では「お金」というと、「汚い」「悪」「せこい」などネガティブなイメージがあり、お金の話自体をするのがタブーという文化があります。

しかし、もっと気軽にお金の話をすべきだと思います。お金の話をすると、お金の情報が増えます。そして、お金の情報が増えると、得する機会が増えるわけです。その結果、お金に困らない生活ができるようになります。

私は、旅先で出会った外国人や現地に住んでいる日本人、旅行に来ている日本人と話をする時も、お金の話をします。日本にいるよりは、お金の話のハードルは低いのです。私は前職からずっとお金関係の仕事なので、仕事の話になった時に話しやすい話題ではあるわけですが。

外国でしか聞けない耳寄りな情報や、お金や投資に対する考え方に触れることで、自分のお金の知識・智恵が高まっていくのがわかります。

旅行好きは投資上手の可能性大!

多くの旅行好きの方と話していて気付いたことがあります。それは「旅行好きは投資上手」の可能性が高いということです。

そう考えるポイントは3点。

1点目は、新しい場所、新たな出会い、新たな経験に対して、リスクを把握しトライできるということ。このポイントは、投資初心者が初めて投資をする際、未だ投資したことがない投資先へ新たに投資する際などに、必要なことです。

2点目は、いろいろな場所や人に対しての、良し悪しの判断がうまいということ。旅行好きの人たちの多くは、オススメの国・場所・店などを聞かれた時になぜ選んだのかの判断根拠が明確だし、判断基準も明確であることが多い。この判断基準を明確にしておくこと、判断根拠を整理しておくことは投資において大事なポイントです。

3点目は、現場を見る、つまり経験することの大事さを知っていること。投資においても、他責にするのではなく、自分の目で判断し納得の上で投資することが大事です。そして、経験こそ最大の学びです。

旅行好きの方や、これから旅行好きになる予定の方の中で、まだ投資をしていないという方は、ぜひ投資をスタートしてみてはいかがでしょう?きっとハマリますし、投資上手な方が多いかもしれません。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に