(写真=Thinkstock/Getty Images)

マヤ暦を使いこなせる上司が居たら?対人関係のひもとき方

マヤ語には「むかつく」という言語は存在しない!

対人関係に悩んでいませんか?もし、あなたが対人関係で悩んでいて、さまざまな方法を試したけれどうまくいかない!というのであれば、古代マヤ人が使っていたカレンダー「マヤ暦」を参考にしてみるのもよいかもしれません。

なぜマヤ暦から分かる?

そもそも、「マヤ暦」からなぜ対人関係をよくするコツが分かるのでしょうか。

マヤ人の中には神官と呼ばれる、占い師のような役割の人が存在していました。マヤ人達に対人関係、今後の方向性などあらゆる面での助言をしていたと言われています。 そのためなのか、マヤ語には、他のほとんどの言語に存在する「むかつく」という意味の言語が存在しないと言われています。

また、マヤ語の挨拶に「インラケシュ」という言葉があります。これは「私は、もうひとりのあなたです」という意味です。つまり、マヤ人達はあなたも私の一部・私もあなたの一部というようにすべてを1つととらえていたため、「あの人は私と考え方が違う」という対立するような考え方にはならなかった様です。

つまり「自分の目の前にいる人は、自分自身を映し出している」ということ。現代に言われる「鏡の法則」に通じるところがあります。マヤ人達は何か問題が起こった時には「問題の原因は、すべて自分自身の中にある」と考え解消していたのでしょう。このため、対人関係においては現在の私達よりも円滑だったのかもしれません。

それでは、古代マヤ暦シンクロ協会で講師を勤めている筆者が、マヤ人が実際に使っていたカレンダー「マヤ暦」から円滑な人間関係を築く方法をご紹介します。

「マヤ暦」流、対人関係をよくするための方法

「マヤ暦」を活用して対人関係をよくする方法の中から、

  • 生年月日から相手の性格を知る方法
  • チーム分けに「チャクラ」を利用する方法
  • 「音」を知り、相手との関係性を知る方法

をピックアップしました。

生年月日から、相手の性格を知る方法

マヤ暦では、生年月日ごとにその人の「刻印」というものを決めており、「刻印」は、その人の性格を知り、相手に対してどう接したら良いかが分かる道標となります。

刻印の種類はいくつかあり、「白い風」「赤い竜」と言った名称がついています。 これは星座で言う「牡羊座」「牡牛座」のようなもので、たとえば1963年4月5日、2015年4月5日の人が「白い風」に当たります。

例えば、ある人に対して「威張っていて苦手だな」と感じたとき、相手の刻印を調べてみたら「白い風」の刻印を持っていたとしましょう。

この「白い風」という刻印は、人情に敏感で繊細な心を持つタイプを指します。そのため、自分が傷つかないように、あえて虚勢を張り強く見せようとしているとも考えられるのです。

このような特性が分かっていれば、「強がって見えても実は困っている。サポートを必要としているに違いない」と、相手の虚勢を傷つけることなく手を差し伸べようとすることもできるでしょう。このような相手への理解と思いやりが、お互いの関係性にいい影響を与えるということは、決して少なくありません。

また、仕事でもプライベートでも、なぜかよく人とぶつかってしまう。あなたの周りにそんな人はいませんか? このような人は「黄色い星」の刻印を持っていることがあります。

「黄色い星」の持ち主は、自分の信念や仕事に関して決して妥協しません。仕事へのプロ意識が高いため、人とぶつかってしまう傾向にあるのです。

しかし、この刻印を知っていれば、頑固ともいえる態度は熱心さによるものと理解でき、相手に対する苦手意識も和らぐかもしれません。そして、仕事やプライベートで接しやすくなるかもしれません。

マヤ2 (写真=Thinkstock/Getty Images)

チーム分けに「チャクラ」を利用する方法

「チャクラ」とは、仏教でも有名ですが人の体にある「気」の出入り口のこと。マヤ暦では,一人の身体に5つの「チャクラ」があると考えています。

  • 0系統=宇宙からエネルギーを受け取る場所。「調整役・コントローラー」の役割を持ち、クレーム処理能力にも長けています。

  • 1系統=「チャレンジャー」タイプ。コミュニケーション能力が高く、どんどん新しいことに挑戦するタイプです。

  • 2系統=思いやりの精神で人と人との潤滑油となる存在です。心に「癒やし・安らぎ」を与え、人の心を動かすことができます。

  • 3系統=「お金」の話が似合わない。物に恵まれやすいため、心・精神・考え方に意識を向けるとよいタイプです。

  • 4系統=大地からエネルギーを受け、「繁殖・発展」の役割を持っています。

チーム分けやプロジェクトのメンバー選びなどでは、チーム全体で全種類の「チャクラ」がバランスよく集まっていれば、意見がまとまりやすくなり、仕事の効率も上がると言われています。

実際に、新入社員の所属チーム選びにこの「チャクラ」の考えが参考にされたという話を耳にしたことも。役割分担がうまくいくチームになったことで、離職者の減少につながることもあるようです。

「音」を知り、相手との関係性を知る方法

マヤでは、人はそれぞれ「音」を持って生まれていると考えられていました。「音」を知ることで、相手と自分がどのような関係にあるのかが分かります。

その人の「音」は刻印と同様に、生年月日を見ることでわかります。

音は1~13の13タイプに分かれます。例えば、「1」はスタート。即断即決タイプですが、少し大雑把なところがあります。最後の「13」は集大成。「締め」の役割を持っています。ただし、意思決定には時間がかかるタイプなので、1と13の音を持つ者がタッグを組むと、よりスムーズに物事を進められ、結果を出しやすくなるでしょう。

また音には、波長の合う関係、補完関係、連係関係、倍音関係という、関係性にひも付いた特性があります。

  • 波長の合う関係=同じ価値観を持ち、考え方にも共感できる関係です。
  • 補完関係=足りない部分を補い合う関係です。本来は異なったタイプや個性を持つ者同士であるため、自分にない部分を認め合うことで最強のコンビとなります。
  • 連係関係=密接な関係を持つことにより、有機的なつながりが形成されます。2人でアイデアを出し合うことで、1人では思い付かなかった考えが浮かんできます。
  • 倍音関係=ペアを組むことで、倍の力を発揮することができる関係です。

人の組み合わせを考えるときに、このような音の持つ関係性を考慮してみてください。それぞれの得意分野に集中でき、仕事の効率も上げられるかもしれません。

人間関係の参考に

生年月日からその人の性格を特徴づけるという意味で、「マヤ暦」は星座占いや動物占いに通じるものがあるかもしれません。

マヤ暦における自分の「刻印」「チャクラ」「音」を詳しく知りたい人は、古代マヤ暦シンクロ協会のホームページを参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に