(写真=Thinkstock/Getty Images)

とっておき 王室御用達ブランド ~ファッション編

一度は手にしてみたい王室御用達ファッションブランドの数々

「王室御用達」って響きにはとっても信頼感がありますよね。

実は、王室御用達のブランドは王族個々人がそれぞれ気に入った製品の生産者に対して御用達リストに加える申し出をし、それに応じる形で生産者が王室御用達を占める紋章を付けて販売するという権利を得る仕組みになっているのです。

今回は、王室御用達のファッションブランド4選をご紹介いたします。

ベルギー王室御用達 DELVAUX (デルヴォー) バッグ

DELVAUX

世界中のセレブに愛される「デルヴォー」は1829年にベルギーで創立されました。台形のフォルムが特徴的なブリヨンをはじめデザイン性の高いショルダーバッグやハンドバッグを数多く扱っています。

すべての製品はベルギーとフランスの自社工房でハンドメイドされています。職人の誇りがうかがえるバッグはまさに王室御用達といった風格です。その品質や王室御用達という歴史的背景が支持され人気を集めています。

英国王室御用達 Burberry (バーバリー) 衣服

Burberry

1856年、当時21歳だったトーマス・バーバリーによって創業されました。敢えて説明の必要がないくらい日本でも有名なブランドです。

耐久性・防水性に優れた綿布「ギャバジン」を使ったトレンチ・コート、は「刑事コロンボ」で主人公が着ているコートとしても有名ですね。また、裏地に使用してる「バーバリーチェック」もバーバリーを語る上で重要なアイテムのひとつです。

英国王室御用達 anello & davide (アネーロ アンド ダビデ) 靴

anello & davide

1922年にダンスや演劇向けの靴を作る店として創業しました。そして1960年代にビートルズのブーツを手がけた事で一躍有名になりました。現在では、ダンスや演劇向けシューズのみならず、ブライダルシューズなどゴージャスな靴も作られています。

英国王室御用達 Fulton (フルトン) 傘

Fulton

1956年創業の英国のレイングッズメーカーです。日本ではあまり知られていませんが、本国英国ではこちらフルトンの傘のほうが認知度は高いそうです。

女性用、子供用の傘は半円刑の特徴あるデザインのものがあり、とっても個性的です。デザインだけでなく強い風への耐久性、ハンドルの持ちやすさなども考慮され老若男女に愛されるブランドです。

以上、4つの王室御用達ファッションブランドをご紹介してきました。どのブランドもその誇りと格式を大切にしながらも常に新しいデザイン、技術を追求し今日にいたっています。

私たち自身も、こういった王室御用達ブランドを手にする際にはそれにふさわしい自分であるように心がけていきたいですね。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に