(写真=PIXTA)

仕事で活用すべき?お中元、暑中見舞い、残暑見舞いのマナー

最近のトレンドは?

7月になると気になるお中元や暑中見舞い、残暑見舞い。なんとなく知っているようで、細かいマナーはあまり知らないという方も多いのでは?

今回は、エレガンスマナー・ビジネスマナーを教えているラ・シエネガ株式会社代表の福田敬子氏に時期とビジネスシーンでの活用方法などを聞いてみました。総務コンサルティングを基盤業務とされている中に、まさに時期的にもピンポイントな質問だったようです。

お中元のシーズンは関東と関西で違います

地域によってお中元のシーズンに差があることは聞いたことがあるという方も多いでしょう。ビジネスマナーとして最低限押えておくべき期間は以下の2点です。

  • 関東では7月1日〜7月15日に取引先に届くように手配
  • 関西では7月15日〜8月15日に取引先に届くように手配

このような違いがあるのは、関東地方の人は新暦で考え、関西地方の人は旧暦を基準にして考えるためです。あくまでも送り先の時期合わせるのがビジネスマナー、間違えてしまうと「この担当者、マナー知らないな」と思われてしまうため気をつけたいですね。

暑中見舞いと残暑見舞いはいつからいつまで?

次に暑中見舞いについて。本来は「過ごしにくい大変な季節にお互いを思いやる気持ち」という意味合いがあります。年々暑さの度合いなどが変わって来ているため、暑中見舞いの場合スタートする日にちは決まっていません。

では、どうやって日にちを決めるのでしょうか。季節の変わり目、つまり梅雨入りの日です。できる担当者はニュースで梅雨入りをチェックします。そして立秋までの8月7日が期限です。暑中見舞いなどはどうしても形式的なものになってしまいがちですが、梅雨入りチェックなどを加えてみると楽しみながらできそうですね。

そして取引先からの暑中見舞いが届いたのを見て、こちらから送り忘れたことを気がついた時には残暑見舞いを送ります。この期限は8月8日〜8月31日着です。

ビジネスシーンではどう活用するの?

お中元や暑中見舞い、残暑見舞いは、「持って伺う」というのが本来の意味合いです。つまり「直接相手の顔を見に行く・伺う」ということです。しかしながら、全ての会社に挨拶に伺う時間がなかったり、遠方のために伺うことができなかったりということで代わりに品物、ハガキが取引先に「行く・伺う」ということになります。

お中元, 暑中見舞い, 残暑見舞い, マナー (写真=PIXTA)

お中元は「持って伺う」というのが正式なやり方ですが、実際はなかなか難しいことなので配送を使用するのも一般的なやり方です。この時、品物が届く前にお手紙を贈り、内容は相手を思いやる気持ちの他に、品物の内容と届く頃合いの2点を書くのがビジネスマナーです。

ただ、ここ最近はお中元を廃止している会社も増えてきています。相手の状況に合わせてビジネスシーンで活用するかどうかを判断しても良いでしょう。

最近のトレンドは?

10年前のお中元と言えば、社長が自宅に持って帰るように高級なお肉、丸い大きなバームクーヘンなどが流行っていました。お中元が届いたら、包丁でみんなの分を切り分けて、お皿にお菓子を入れてそれぞれの机に配るという光景も見られましたよね。

しかし現在は、社員に分けられる個別包装のお菓子、ジュースなど手を汚さないような小分けで日持ちする品物が一般的です。デパートで売られている品物のトレンドも小分けが多いように感じます。

旅行先で購入するお土産も小分けのものが多いですね。相手に手間をかけさせないということもポイントのようです。

日頃から顔を合わせている取引先にこそ、暑中見舞い

以前はお盆の頃が夏期休暇となる会社が一般的でしたが、現在は7月〜9月中の間で休むというように夏期休暇も多様化しています。長期休みとなると気になるのが、お互いの仕事の進行状況などです。取引先、担当の方の夏期休暇については把握しておきたいものです。

そこで、最近ビジネスシーンで重宝されているのが暑中見舞いです。お互いを思いやる気持ちを入れつつ、「夏期休業のお知らせ」を入れるのがここ最近のトレンドになっています。電話でお知らせするという手間も省けるため、日頃から顔を合わせている取引先にこそ必要なことです。

物品を扱っている会社・自社製品をお中元で贈り物にするのはOKなの?

自社製品をお中元で使用している会社も多いでしょう。ここで気をつけたいことは、贈り物は「同等の値段」であることです。

自社製品ということは、社員割引で購入が出来るもの、つまり「安くすませている」というイメージを与えてしまう可能性があります。このようなイメージを与えないためには例えば取引先から5000円の品物を貰った時には、7000円で販売されている製品を贈る。つまり取引先よりもワンランク上のものを贈るということです。

自社製品を贈るということは、決して悪い事ではありません。取引先の方も製品のファンになってくれることもあり、リピートで購入してくださるということもあるからです。

お中元のやめ時

取引が少なくなってきたので、「そろそろお中元もやめ時かな?」と考えることもあるでしょう。これまでお中元を贈り合い、なおかつまだ取引がある取引先に対して日本人は突然、お中元を止めるということは少ない傾向があります。

ただ、今後廃止を考える際にはお歳暮、お中元を貰ったお礼の手紙の中で、今後はお中元を廃止する旨を記載します。最近、このような内容を記載する場合、ハガキではなく和紙のようなきれいな封書に、取引先にも失礼がないように内容にも注意を払っていることが多い傾向があります。

便利になってくると不便なことも

お中元を贈る際、相手の喜ぶ姿を想像して品物選びをする方も多いでしょう。地元の美味しいお菓子、特産品を地元のお店で選んでも、世の中が便利になったことで、京都のお菓子も東京のデパートや駅ビルで簡単に手に入るようになってしまいました。

しかし、きちんと前日に準備して買っていったのに、「来る前に駅ビルで買ったのね」と思われるのは残念なことです。そこできちんと相手に気持ちが伝わるように、購入する前に「○○の地域のデパートに出店していますか?」と確認してから購入するようにしましょう。また、事前に準備(のしを付ける)して持っていくと、相手にも伝わりやすいようです。

ぜひこれらの「夏のマナー」を活かし取引先との良い関係につなげていきましょう。(福田さん談、聞き手・PINOCO)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に