(写真=PIXTA)

クーラーの寒さはこれで乗り切ろう!おすすめ冷房対策まとめ

寒いオフィスで毎日凍えている方、必見です!

夏特有の汗ばむ暑さには誰もがげんなりするもの。その一方で電車やオフィスはクーラーがききすぎていて寒いと感じている人も少なくないはず。今回はクーラー冷えを乗り切るためのおすすめ冷房対策を紹介します。

3つの部位を冷やさないようにする

全身を冷やさないためには「首・お腹・足首」の3つの部位を冷やさないことが大切なんだとか。冷房の効いたオフィスでは特にこの3カ所を冷やさないことを心がけましょう。

オフィスに羽織るものを1枚置いておこう

デスクワークの場合、その場からじっと動かないことが多くなります。身体を動かす機会がないと、どんどん身体は冷えていきます。身体を冷やさないためにカーディガンやストールを羽織りましょう。オフィスに常備しておくと安心です。

大人だからこそ腹巻き

お腹を触ってみて冷たいと下痢の原因になったり、身体に不調をきたしたりします。お腹を冷やさないためには腹巻きがおすすめ。腰からお尻まで覆うタイプだと安心です。薄手の腹巻きもあるため、洋服の下に着ても気になりません。

夏こそ湯たんぽ

冬に活躍する湯たんぽですが、夏の冷えを乗り切るためにもおすすめのアイテム。オフィスにも持って行きやすい、ミニ湯たんぽがおすすめです。お湯を入れるだけで使えるのも嬉しいポイント。電子レンジであたためるタイプの湯たんぽもあります。

温熱シートを肌にはる

直接肌に貼る温熱シートも冷え対策にぴったり。お腹や腰に貼れば、冷えた部分をじっくり温めてくれます。下腹の冷えにはショーツによもぎ蒸しのシートを貼ると、じんわりと身体の中から温めてくれます。

生姜で身体の中から温める

身体を温めてくれる食材といえば生姜。温かい生姜紅茶を飲んで、身体の芯から温まりましょう。普通のお茶に生姜チューブを入れるのも◎。自宅から生姜蜂蜜紅茶を水筒で持ってくるのもおすすめです。

冷房対策2 (写真=PIXTA)

ジュースもジンジャーエールをチョイス

炎天下の外出先からオフィスに戻ったときには、冷たい飲み物を飲みたいこともあるでしょう。冷たい飲み物をどうしても飲みたくなったら、身体を温めてくれる生姜をつかった「ジンジャーエール」がおすすめ。できるだけ辛口のものをチョイスするとよいでしょう。

ランチは辛いものにする

辛いものやスパイスが効いたものには身体を温める効果があるので、ランチには唐辛子や胡椒が入った辛いものを食べることを意識してみてください。

唐辛子のカプサイシンは代謝をアップし、体温上昇に効果があります。胡椒に含まれるピペリンは血液循環を良くしてくれます。ネギ、ニンニク、玉ねぎといった身体を温める食べ物も食べると良いでしょう。ただし、特に胃腸が弱い人は食べ過ぎに注意しましょう。

オフィスでストレッチをする

オフィスに座ったままだと、身体の血流が悪くなりさらに冷えが進みます。座ったままできるストレッチで身体をできるだけ動かしましょう。 イスに座ったまま、息を吐きながら腰を左右にねじったり、ふくらはぎの筋肉を使って全身の血液循環をよくしましょう。

身体の冷えは万病のもととも言われています。クーラーで身体を冷やさないためにも、今回ご紹介した冷房対策をぜひオフィスで実践してみてくださいね。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に